RAB(リアルアキバボーイズ)のじゆう帳! 第3回 ゲスト:PENGUIN RESEARCH Part3:涼宮あつき×生田鷹司 編

170127-c005

――好きなキャラクターについてはお聞きしましたが、アニメソングではどんなものが好きという傾向はありますか?

あつき 自分は可愛い女の子が歌ってる電波曲も好きだし、全く逆に生田くんが歌ってる「ボタン」みたいな曲もめちゃくちゃ好きですね。踊るんだったら電波曲が好きで、聴くんだったら「ボタン」系の曲が好き、みたいな感じで意外と分けるかな。

――聴くのと踊るのとで好きな曲の方向性が違うんですね。

あつき そうですね。聴くんだったらGalileo Galileiの「青い栞」とかが好きですけど、踊るんだったら『がっこうぐらし!』の「ふ・れ・ん・ど・し・た・い」とか。そういう感じで分かれちゃいますね。

生田 ちょっと意味が違いますけど、僕の中でも認識は分かれてますね。小さい頃に見てた『らんま』の曲って、どっちかっていうと電波系じゃないですか。逆にその後に見た『コナン』は、アーティストの方が歌っていることが多くて。当時は分けて考えていなかったんですけど、中学に入った辺りから自分の中で「アニソンとして聴くアニソン」と「アーティストの曲としても聴くアニソン」に分かれたんですよ。僕らの「ボタン」も『ReLIFE』の曲ですけど、それと同時にPENGUIN RESEARCHの曲でもあるという二つの解釈ができるものだと思っています。でもひとまとめにして僕の中では「アニソン」なんですよ。どっちが好きか嫌いかとかはないです。

――生田さんは好き嫌いの話ではなく、「アニソン」と「アーティストのアニソン」を分けて考えているんですね。

生田 そうですね。単純な好みとして僕は、アニソンに限らずサビが覚えやすかったり、キャッチーなメロディーのものが好きなんですよ。アニソンって1フレーズ1フレーズにインパクトがあって、覚えやすいんですよね。林原めぐみさんの曲も好きですし、ゲームの『サクラ大戦』の曲なんかも優雅なのにキャッチーで良いんですよ。

あつき ……お前やっぱりオタクだよ!(笑)。

一同 (笑)。

――出てくる作品から察するに結構コアな学生時代を過ごされてますよね。
生田 中高の時は特にそういうのを聴いてましたからね。B’zも「ギリギリchop」から入って色々なアルバムも聴いたり、アーティストの方々の曲もアニソンが教えてくれた所から広がっていきましたね。

――色々な音楽に触れる入り口としてアニソンがあった訳ですね。

あつき 確かに入り口になってる感じはするね。そこからCDを買ったり漫画を買ったり、声優さんを調べだしたり。そう考えるとアニメが入り口になってることは多いのかも。

――生田さんは歌う曲と聴く曲で好みが分かれたりはしますか?

生田 あんまり変わらないですね。初めて音楽を知った時は、とりあえずTSUTAYAのランキングに入ってるやつを皆で片っ端から借りて、それを共有して聴いてました。その中で「この人たちは毎回刺さるな」というバンドとかが出てきて、そうなると「歌いたいし聴きたい」となってましたね。

――「聴きたい」と「歌いたい」という衝動はイコールになっているんですね。

生田 そうですね。「この曲良い曲だな」って思うと口ずさんじゃうじゃないですか。好きだからずっとリピートで聴いていると覚えるし、気付いたら「自分だったらどう歌うかな」とか考えてるんですよね。

170127-c013

――その感覚はボーカルとダンスの違いなのかもしれませんね。

あつき 話を聞いていると、ヒップホップ用語で言う所のディグる能力がめっちゃありますよね。曲を掘って探すというか、「これだ!」と思ったら全部聴いちゃうみたいな。その辺はオタク気質ですよね。

――1個を深く突き詰めちゃう所はあるみたいですね。

あつき ハマったバンドは全部アニソンから入ったの?

生田 アニソンの人もそうじゃない人もいますね。UNISON SQUARE GARDENさんとかはアニソンから知りましたし、中高の頃にめっちゃハマってたジャパハリネットっていうパンクバンドはアニソン関係なく好きでした。あとはJanne Da Arcと氣志團にも当時ドハマりして、そればっかり聴いてましたね。

――音楽ジャンルも結構バラバラですね。

生田 あとはちょっと話が逸れちゃうんですけど、元チェキッ娘でアニソンを歌っていた下川みくにさんという方がいらっしゃって、僕その方が大好きだったんですよ。毎週木曜日の深夜3時から4時にラジオをやっていて、僕その番組を毎週リアルタイムで聴きながらMDに録ってました(笑)。最終回の放送の時にリスナーを電話を繋ぐコーナーに応募したら当たっちゃって、電話でお話しさせてもらったんですよ。

あつき ……なぜお前はリアルアキバボーイズじゃないんだ。ここまで来たらお前もRABだよ!下手したら俺ら以上だぞ(笑)。

――いやあすごいですね。想像を超えるコアさでした。

生田 ごめんなさい何か、こういう話をできる機会がないんで喋れる時に喋っておこうと(笑)。

――PENGUIN RESEARCHのファンにとっても初耳の情報満載だと思います。RAB的にはオタクという要素で食われているんじゃないかというくらいですよね。

あつき 生田くんからはガチだなというのが伝わってきますよね。本当に好きなんだなと。ひとつのものにガッと行っちゃうオタク気質感は、今日話して共通してるなと思いました。

生田 ハマったらヤバイんですよ。ただ最近はハマるまでに中々行かないんですよね。

あつき ああー、大人になってくるとどうしてもね。

生田 「これ以上超えたらヤベえぞ」っていうハードルがどんどん高くなって、そこに届くものが少なくなってきちゃってますね。

あつき それはあるよね。「若い頃に見たものの方が良かった」っていう印象って、どうしてもちょっと持ってしまうと思う。

生田 昔の触れたは初めて触れたものだったりするし、今は色々知り過ぎちゃってるんですよね。

あつき 現状は大人になって昔よりは忙しくなって、全身でのめり込めないっていうのはちょっとありますよね。

――長いことオタクをやっているからこそ、「昔見たあれに似てる」という目で見てしまったりしますしね。

あつき だからこそ自分は、すごく新ジャンルが好きなのかもしれません。

――お互いのアニメに対する理解も深まった所で、RABとPENGUIN RESEARCHは近々対バンがあるということで……。
生田 へぇ~~。

――えっ、初耳ですか?

あつき ……生田くん、どうしたいの?(笑)。

一同 (笑)。

生田 ごめんなさい、僕は喋ることが全部見切り発車です(笑)。

170127-c011

――間近に控えた対バンですが、どんなコラボになりそうというビジョンなどはありますか?

あつき まずダンサーとバンドの2マンライブというもの自体が、あんまり世の中にないと思うんですよ。言い方としては「対バン」とは言っているんですけど、僕らは歌は歌えないですし。だからこそ、僕がさっきから言っている「新しいジャンル」。それがやっぱり好きなんで、この2マンでも新しい何かが生まれるんだろうっていう期待感はめっちゃ持ってますね。あとは単純にPENGUIN RESEARCHともっと仲良くなりたいですね(笑)。

――生田さんはいかがですか?

生田 普通の対バンじゃないので、僕は「皆で楽しいことをやりたいな」というのがすごくあります。今は下準備をしている段階なんですけど、絶対この面子じゃないとできないようなことをやりたいと思ってるんですよ。それを企画として色々練っていて、僕自身もそれをすごく楽しみにしてます。例えば僕らの曲で踊るだけとか、それだけで終わりたくないんですよ。それはそれでもちろんあって良いんですけどそれだけじゃなくて、僕らのライブもいつもと違う、もう一歩踏み込んだことをやりたいというのが頭の中にありますね。

――お客さんも「PENGUIN RESEARCHの曲でRABが踊る」ということを期待されているとは思いますが、それ以上のことをやりたいということですね。

あつき 期待値は超えていきたいですね。

生田 RABとしてもアニソンを流して踊るだけじゃない、さらにもう一歩飛び越えたものをやりたいと思ってますよね。

あつき そうそうそう。ここまで言ったらたぶん生田くんも踊りますよ、きっと。

生田 そんな可能性も、なきにしもあらず。

あつき 生田くんもチェックシャツを着ますよ。

生田 シャツインしてバンダナ巻いて……何色にしよう?金色?
あつき 金色って!(笑)。

生田 そんな普段はあり得ないジャンルのミックスを出していけたらなと思います(笑)。

――今回の対談によって、お互いが持っているグル―ヴについて共感し合えましたしね。新しいコラボレーションを楽しみにしています。

あつき この世はコラボレーション理論なんですよ。「この世はコラボレーションで上手くいく」っていう考えが自分の中にあるんです。

――その心は?

あつき 例えばカレーがあるじゃないですか。おいしいじゃないですか。うどんあるじゃないですか。おいしいじゃないですか。

生田 あっ!カレーうどんおいしい!

あつき そう!カレーもうどんもそれぞれひとつのジャンルで、もうゴールはしてるんですよ。完成してるんですけど、この二つを混ぜたらもっとおいしいものになるんです!なので、この世はやっぱり相性がすごく大事だと思うんですよ。何でも混ぜれば良いってもんじゃなくて、カレーといちご大福。これは混ぜたら大変なことになるじゃないですか!(笑)。PENGUIN RESEARCHとRABって今それぞれがどんな料理かわからないですけど、混ぜた時にひょっとしたら全く新しい料理になるんじゃないかなって思うんです。革命的な味を出せるんじゃないかなと思うんですよ。

生田 「プリンに醤油をかけたらウニの味になる」みたいな?

あつき そうそう!そういうのもありだよって、最近だとピコ太郎さんも言ってくれてますからね(笑)。

――それぞれの素材から想像だにしない味になる可能性を期待しつつ、それでは最後にライブに向けての意気込みをお願いします。

生田 見に来てくれた人に絶対後悔をさせないような、絶対楽しいイベントにしたいなと思っています。それは「僕らが頑張ったから楽しくなった」のではなくて、皆がそれを楽しみに来てくれて、皆がいてくれるから僕らも皆も楽しいみたいな、一体感が大事だと思うんですよ。なので当然僕らも絶対楽しませるという気持ちで挑みますが、皆にも最高に楽しみにして遊びに来てほしいし、皆で一緒に楽しい一日にしましょう!

あつき PENGUIN RESEARCHという料理があって、RABという料理があって、混ざってどんな料理になるかは当日蓋を開けてみないとわかりません。ただ絶対にまずくないものではあるとは思うんですよ。味として新しいものだという自信もあります。こればっかりはどんなに僕が喋って文字に残しても、たぶん伝わらないと思うんです。だから絶対に見にきてほしい!目でしかこれは確認できないから。目という口を使って、この味を楽しんでほしい!


●ライブ情報
RAB祭 PROJECT G 第2弾! RAB(リアルアキバボーイズ) VS PGR(ペンギンリサーチ)
~Graduation!!最初のひとつだけ、おそろいだからいい~
1月29日(日)【東京】新宿BLAZE 開演 18:00

チケット発売中
イ―プラス

<プロフィール>
PENGUIN RESEARCH
ペンギン・リサーチ/VOCAL・生田鷹司、BASS・堀江晶太を中心に結成された5人組ロックバンド。2016年1月、TVアニメ『デュラララ!!×2 結』EDテーマ「ジョーカーに宜しく」でデビュー。3月8日に1stアルバム『敗者復活戦自由形』をリリース予定。3月31日名古屋を皮切りに東名阪ワンマンツアーも決定。

をリリース予定。3月31日名古屋を皮切りに東名阪ワンマンツアーも決定。

生田鷹司(VOCAL)
170127-c019
1月30日生まれ、高知県出身。高校時代にギター、ベース、打ち込みを始める。地元の高地でバンド活動を続ける中でボーカルを経験しGt&Voを担当。一度は保育士として就職するも、音楽の道をあきらめきれず2014年より本格的にバンドマンをめざし、上京。
現在はバンド活動をしながらソロでの弾き語りのライブも定期的に行っている。
また、幼いころからアニメやゲームが好きだったことをきっかけに、声の演技にも興味を持ち、声優としての活動にも日々励んでいる。

涼宮あつき
int-160300-c008
誕生日…11月20日
特技…自宅警備員
趣味…現代視覚文化研究
ひと言…俺はまだ本気を出していないだけ。
Twitter ニコニコ動画マイリスト

最後は…………お・ま・けだよっ♪

この記事を書いた人