アニメ『AKIBA’S TRIP』EDプロジェクト第3弾、イヤホンズ歌唱の「サンキトウセン!」公開!

TVアニメ『AKIBA’S TRIP -THE ANIMATION-』のEDプロジェクト第3弾として、イヤホンズの歌唱する「サンキトウセン!」が公開となった。

このEDプロジェクトはTOKYO MX、BSフジ他にて現在放送中のアニメ『AKIBA’S TRIP -THE ANIMATION-』の各話エピソードにあわせて書き下ろされた新曲を、参加するアーティスト10組がそれぞれエンディング担当として歌唱していくというもの。

「サンキトウセン!」はイヤホンズの4thシングル「予め失われた僕らのバラッド」の作曲・編曲を務めたエンドウ.が作詞・作曲・編曲をすべて担当。楽曲に関してメンバーの高野麻里佳は「ポップで騒がしく個性的なイヤホンズらしいネオジャパニーズアキバ系ソングになったと思います。」とコメント。高橋李依は「日本のカルチャーの最先端を感じられ、歌っていてとても楽しかったです!」とコメント。長久友紀は「歌詞1つ1つにアキバワードが盛り込まれておりますので、ぜひヘビロテして、ここ刺さる!って所を探してみて下さいね!」とコメントしている。

「サンキトウセン!」を含め今までに公開された、ゆいかおりの「B Ambitious!」、みみめめMIMIの「リライミライ」は全て、TVサイズ版ED映像がTVアニメ『AKIBA’S TRIP -THE ANIMATION-』EDプロジェクト公式サイトで視聴できる。
各エンディング曲のフルサイズ版は3月22日に発売となるEDコンピレーションアルバム『AKIBA’S COLLECTION』に収録される。この詳細もプロジェクト公式サイトにて続々解禁となるのでチェックしておこう。

イヤホンズよりコメントが到着したのでこちらも合わせてご紹介しよう。

<高野麻里佳 コメント>
一人のオタクとして歌いました。ポップで騒がしく個性的なイヤホンズらしいネオジャパニーズアキバ系ソングになったと思います。何も考えず聴くも良し、192kHzで魂叫ぶも良し。始終賑やかでちょっぴりクスッとしちゃう聴き応えある一曲です。全世界のコマクちゃん、ぜひお耳に入れて下さいませ!

<高橋李依 コメント>
「このような歌が世に送り出されるのかと思うと、若干の戸惑いもありましたが…(笑)
日本のカルチャーの最先端を感じられ、歌っていてとても楽しかったです!
各ワードの歴史や意味合いに沿うよう、魂込めて歌ったので、
ぜひ秋葉原にお出かけの際はお供にして下さいね♪

<長久友紀 コメント>
今回はイヤホンズバージョンと、キャラバージョンの2パターン収録させて頂きました。
個人的にBメロの演歌パートは、初めての試みでしたのでとっても楽しかったです♪
歌詞1つ1つにアキバワードが盛り込まれておりますので、ぜひヘビロテして、ここ刺さる!って所を探してみて下さいね!

<イヤホンズ プロフィール>
声優である、高野麻里佳、高橋李依、長久友紀による三人組ユニット。「成長!全力シンデレラ」を合い言葉に、切磋琢磨し、獅子奮迅、時には七転八倒、苦心惨憺しながら一流声優ユニットを目指して活動中。TVアニメ『それが声優!』と共に2015年6月18日「耳の中へ」でデビュー。作品のOP主題歌も担当している。


●リリース情報
TVアニメ『AKIBA’S TRIP -THE ANIMATION-』エンディング プロジェクト
『AKIBA’S COLLECTION』
3月22日発売

品番:KICA-3267
価格¥3,000+税

<CD>
M-1.「B Ambitious!」/ゆいかおり …1話ED
M-2.「リライミライ」/みみめめMIMI …2話ED
M-3.「サンキトウセン!」/イヤホンズ …3話ED
M-4.「タイトル未定」
M-5.「タイトル未定」
M-6.「タイトル未定」
M-7.「タイトル未定」
M-8.「タイトル未定」
M-9.「タイトル未定」
M-10.「タイトル未定」
特典:あり(予定)

ご予約はこちら

●作品情報
TVアニメ『AKIBA’S TRIP -THE ANIMATION-』
TOKYO MX、BSフジ、AT-Xにて放送中
news-1701192100-c002

【キャスト】
伝木凱タモツ:石谷春貴
万世架まとめ:高橋李依
伝木凱にわか:高野麻里佳
有紗・アホカイネン:長久友紀

【スタッフ】
監督:博史池畠
シリーズ構成:兵頭一歩
キャラクターデザイン:満田一
原作:アクワイア
制作:GONZO
放送局:TOKYO MX、BSフジ、AT-X 他
配信:dアニメストア、ニコニコ動画

(C)2017 ACQUIRE Corp./AKIBA’S TRIP製作委員会

関連リンク

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人