砂の海のファンタジー『クジラの子らは砂上に歌う』、待望のアニメ化決定!!

少女マンガ誌「月刊ミステリーボニータ」(秋田書店)初の大人気ファンタジー『クジラの子らは砂上に歌う』。
「このマンガがすごい! 2015」オンナ編第10位、「次にくるマンガ大賞」ノミネート、さらに2016年春には2.5次元舞台化もされた話題作が、ついにアニメ化決定!

砂の海を舞台にした新世代ファンタジー、開幕!

原作者の梅田阿比先生よりアニメ化決定を記念して、コメント&描き下ろしイラストが到着したのでご紹介しよう。

<梅田阿比先生 コメント>
この作品は、主人公のチャクロが「泥クジラという船の上で、自分たちが確かに生きていたことを伝えるために書き残した記録」という形式をとっています。
このアニメ化によって、さらにたくさんの人たちに彼らの「記録」を見ていただけるとしたら、作品やキャラクターたちにとって、とても幸せなことだと思います。
泥食うクジラとそこに生きる人々がアニメーションで動き出すのを、楽しみに待っています…!

news-1701061800-c004

「アニメ化」の発表に伴い、アニメ化告知ページを秋田書店HPに開設。公開ページでも原作者・梅田阿比先生のコメント、原第第1話の試し読みなどを公開予定だ。

是非チェックしてみて欲しい!


●作品情報
『クジラの子らは砂上に歌う』
アニメ化決定!
news-1701061800-c003

<あらすじ>
砂がすべてを覆い尽くす世界。
砂の海を漂う巨大な標泊船”泥クジラ”で暮らす民の多くは、念能力“サイミア”を操る短命の少年少女たちだった。
「外の世界を知らず、泥クジラの上で短い一生を終える」
みんなと同じように、そう思っていた記録係の少年・チャクロは、ある日突然漂着した廃墟船の中で、チャクロは1人の少女と出会う――。

(C)梅田阿比(月刊ミステリーボニ―タ)

関連リンク

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人