AnimeJapan 2017出展社・出展作品第一弾発表!過去最大の182社(前回比105%)出展!

一般社団法人アニメジャパンは、2017年3月に東京ビッグサイトで開催する世界最大級のアニメイベント『AnimeJapan 2017』の出展社および出展作品第一弾を発表した。

国内外を代表するアニメ関連企業・団体から、出展社総数182社(前回比105%)[メインエリア出展社158社793小間、ビジネスエリア出展社52社58ブース](12月8日現在、協賛社含む)の出展が決定。
出展社、出展作品の詳細はAnimeJapan 2017公式サイトにて確認を。

■メインエリア出展社
(2016年12月8日時点 158社793小間(協賛社含む)※50音順)
詳細はこちら

■ビジネスエリア出展社
(2016年12月8日時点 52社58ブース ※50音順)
詳細はこちら

■出展作品 ※50音順
詳細はこちら

また、「AnimeJapan 2017」に関する告知イベント『AnimeJapan プレゼンテーション』を2016年12月15日(木)19:00からアニメイト池袋本店9Fアニメイトホールにて開催。
RED/GREEN/BLUEステージ、オープンステージのプログラム第一弾や主催企画の最新情報、「ファミリーアニメフェスタ 2017」の最新情報の発表を行います。なお、『AnimeJapan プレゼンテーション』の模様は、「バンダイチャンネル」と「ニコニコ生放送」にて生配信する。

※本イベントは一般の方の観覧が可能です。会場にお越しいただき、一緒にプレゼンテーションを盛り上げていただける観覧者を募集します。お越しいただいた方には、「AnimeJapan 2017」入場券(ステージ観覧抽選応募権付き)をプレゼントします。
※観覧は無料となりますが、先着で参加券を取得いただいた方に限ります。観覧希望の方は当日アニメイト池袋本店1Fコンシェルジュカウンターへお越しいただき、参加券をお受け取りください。なお、観覧人数には限りがございますので、定員に達し次第参加券の配布は終了となります。参加券はお一人様1枚までとさせていただきます。

<主な内容>
・RED/GREEN/BLUEステージ、オープンステージプログラム第一弾発表
・「AnimeJapan 2017」主催企画の最新情報発表
・「ファミリーアニメフェスタ 2017」主催企画の最新情報発表
ほか

<生配信URL>
バンダイチャンネル
ニコニコ生放送


●イベント情報
“AnimeJapan 2017”
【メインエリア会期】
2017年3月25日(土)・26日(日) 会期時間 10:00~17:00 ※最終入場16:30
【ビジネスエリア会期】
2017年3月23日(木) 会期時間 11:00~18:00 ※最終入場17:30
3月24日(金) 会期時間 10:00~17:00 ※最終入場16:30

【会場】
東京ビッグサイト
東展示棟 1-7ホール[メインエリア]
会議棟1Fレセプションホール[ビジネスエリア]

特別協賛:dアニメストア/Fate/Grand Order
協賛:ゴジラ・ストア/株式会社SANKYO/フィールズ株式会社/株式会社ファミリーマート
後援:経済産業省/一般社団法人日本動画協会/コミック出版社の会
主催:一般社団法人アニメジャパン

展開内容:
・出展ブース(展示・物販・イベントなど)
・特設ステージ
・ビジネスエリア ※会議棟1Fレセプションホール
・主催企画 など展開予定

入場券:2016年12月16日(金)より販売開始

<事前販売>
中学生以上:1,800円(税込)/小学生以下:無料
<当日券>
中学生以上:2,200円(税込)/小学生以下:無料

事務局:AnimeJapan運営事務局
(株式会社ソニー・ミュージックコミュニケーションズ)

※ 同時開催
“ファミリーアニメフェスタ 2017”
2017年3月25日(土)・26日(日)

会場:東京ビッグサイト 東展示棟8ホール
会期時間 10:00~17:00 ※最終入場16:30
特別協賛:dアニメストア/Fate/Grand Order
協賛:ゴジラ・ストア/株式会社SANKYO/フィールズ株式会社/株式会社ファミリーマート
後援:経済産業省/一般社団法人日本動画協会/コミック出版社の会
主催:一般社団法人アニメジャパン

展開内容:・出展ブース(展示・物販・イベントなど)
・ファミリーステージ
・ファミリーフードパーク
・プレイコーナー
・キッズワークショップコーナー など展開予定

入場料:無料 ※小学生以下及びその保護者のみ入場可能

詳細は公式HPからチェック

事務局:AnimeJapan運営事務局
(株式会社ソニー・ミュージックコミュニケーションズ)

関連リンク

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人