TVアニメ『終末のイゼッタ』OPテーマ「cross the line」リリース記念、AKINO with bless4インタビュー

『終末のイゼッタ』のOPテーマ「cross the line」を歌うAKINO with bless4。同曲で3人はHard Rockという新たな境地を切り開き、カップリングの「I Got This」では2年間の休止期間を終えたAIKIが復帰し、厚みのあるコーラスに激しいダンスという本来の姿を見せつける。両曲について語る言葉からもbless4への期待が増す。

――「cross the line」の曲を最初に聴いたときの感想というのは?

AKINO そうですね、まさに……、

KANASA Wao!

AKINO Wao!(笑)。としか思えなかったです。Hard Rock!でかっこよくて。でも意外に面白いのは、すごくビートを刻んでいるのにメロディラインがしなやかで、メリハリがあるところですね。

KANASA 耳を傾けて集中したら自分の人生が変わるんじゃないか、っていうぐらいの世界観がありますね。

AKASHI 今までになかったHard Rockですので聴いたときはびっくりしましたけど、「海色」のようにAKINOの声には映えますね。

――そんな曲をどう歌おうと思いましたか?

AKINO 曲が届いたときはまず、曲とメロディラインをちゃんと覚えよう、と。やっぱり歌詞が大事なので。歌詞を見てから曲と歌詞をリンクさせ、歌のイメージを決めるんですね。でも、この曲はすごく難しかったです。自分の中でイメージはできていたんですけど、レコーディングで実際に歌ってみたら曲と合わなくて。だから、その場でこぶしを入れたり、今度はそれを少なくしたり優しくしたり、もっとハードに歌ったり、いろいろ試しました。「これじゃあ合わないよね」とお姉ちゃんにも言ってたよね?

KANASA だから、「頑張って」って言いました(笑)。

――アドバイスはなかったんですか?

AKASHI 今までの曲では、みんなで集まって「こうしたほうがいい」という場を設けることをしていたんですけど、今回はAKINOに任せました。AKINOが悩んで聞きに来ても、「大丈夫、できる」って言うぐらいで。昔は自分を追い込み過ぎて大変でしたけど、今は気楽にできるようになったので。

AKINO はい、楽しむことができました。レコーディング当日も、悩んで100%イメージが固まらないままでしたけど、遊びながらやれましたね。「最初はこんな感じかな」って1回目のテイクを録って、それを聴いてから、「足りないからこれを入れよう」「じゃあ、こうやって歌おう」って。

――具体的には、どんなことを意識して歌いましたか?

AKINO 最初の“生まれた刹那 光放ち”は優しいじゃないですか?でも、“閃光が切り刻んだ世界で”で強くならないといけない。そのギャップはすごく大事にしました。優しさもありつつ、その100%……(気持ちが盛り上がって急に英語で)、it can’t be too hard or soft… there has to be a balance.

一同 (笑)。

AKASHI 優しすぎるのもダメだし、バランスを取らないと、ってことですね。

AKINO (笑)。そう、間をとらないといけないので。そこはちょっと苦労しました。“白い肌を 撫でて落ちた”も優しくなるので意識しつつ、サビではガツッと。歌はメリハリが大事だと思うんですね。

AKASHI 歌もストーリーなんですよね。歌詞だけじゃなくて、声の流れ、演奏の流れ、全部を踏まえると感情豊かになりますよね。

AKINO 面白いのは、「こういうイメージで歌いたい」というのがあっても、実際に声にしてみるとイメージと違っていて。そこを研究していくのが楽しいです。この曲だと、サビはパワフルなんですけど歌詞が印象的なところがすごく好きです。ロックなんだけど、歌詞には“笑顔”とあって爽やか。そのギャップを「すごくいいな」と思ったので、“笑顔”ではスマイルを意識しました。アニメの『終末のイゼッタ』は戦争の物語で、歌詞でも必死に生きようとしている気持ちが入っています。特に2番のサビでは、“生きたいって細胞が叫ぶ”って言っている。なのでこの曲は、力強いけど優しさがあるし、かっこよさの中にも爽やかな笑顔もあって、いろんな要素があって楽しい曲ですね。

AKASHI そこはオープニングの映像ともマッチしましたね。

AKINO いっぱい飛んでましたね(笑)。

AKASHI 暗い要素もあるんだけど、力強くて前向きの要素がいっぱいある歌詞なので、これを聴いて、ちょっとでも挑戦する気持ちになってもらえたらうれしいですね。

――AKINOさんに任せてみた結果はどうでしたか?

AKASHI いや、もう完璧でしたね(笑)。「創聖のアクエリオン」から「Golden Life」まで、だんだんキーが高くなってきていたんですけど、今回の「cross the line」はキーがだいぶ下がりました。Hard Rockとキーというふたつのチャレンジがあったわけですけど、両方ともうまく出せたと思います。

KANASA 歌詞の意味を自分なりに理解して表現していった、というところで、AKINOの感性が詰まった「cross the line」というものになったんじゃないかな。

――AIKIさんは?

AIKI 以前は、こういう曲調を歌っていなかったので、自分がいない間に新しいことに挑戦しているんだと思ったし、やっぱり兄弟なので裏の努力やいろんな試行錯誤が浮かんでくるんですよね。それを感じながら「かっこよく仕上がったな」って思いました。

――AKINOさんのバックを支えるところでは、「cross the line」をどう表現しようと思っていましたか?

AKASHI そうですね。ハーモニーだけではなくて、ダンスで力強さを表現しようと意識しました。

AKINO ロックのなかでも一体感を出したいと。

AKASHI みんなでひとつだよ、という見せ方ですよね。

AKINO MVではそこが大事でした。この曲は難しいんですよ。リズムが速くていつ変わるか分からないし、決められていないビートなので、自分たちでもどういうふうに動くか、どういう振付をするか、そこはすごく悩みましたね。

AKASHI ドラムのフィルが毎回変わるとかですね。ダンス曲でしたら基本的なビートがあって、リズムが変わるところとか、残すところって大体決まってくるんですよね。1番も2番も最後も。だから、そのあたりの動き方は自然と分かるんですけど、今回は、体と、見た感じと……。

KANASA ビートが。

AKASHI うまくマッチしなかったんですよね。やっぱり大切なのは「ロックに見せる」ことなので。いろんなロックなMVを見て、自分たちらしさを出せる動きを考えました。

――具体的な振付はKANASAさんが?

KANASA そうですね。みんなでアイデアを出しながら完成させていった感じですね。

AKASHI でも、最初はダンスをやる予定ではなかったんです。MVを作ると決まったときは、「今回はダンスいらないよね」って話を家族で話していたんです。ところが、MVの打ち合わせに行ったら、ダンスのあるセクションとないセクションが考えてられてて。

KANASA だから、最初は何も思い浮かばずに苦労しました。でも、「やっぱりサビからかな」って思ったとき、すごい複雑な曲だからシンプルに行こうと思いついて。「みんながマネできるようなダンスにしていこう」って。そうしたら少しずつ思い浮かんできました。で、75%ぐらいまでは決めて、25%はMVの撮影で完成させる感じでした。

AKASHI でも、ダンスをつけてよかったですね。複雑な曲でテンポも速いし、メロディもいろんなところにいっているんだけど、ダンスはシンプル。そのギャップがいい感じになっていると思います。

――MVではバンドも一緒でしたね。

AKASHI そうですね。でも、振付が入っているのはバンドがいないシーンで、バンドがいるところでは振付は決めていないです。

――かなり頭を振っていましたけど、あれも振付ではないんですね。

AKASHI はい。あれはただ、頭を痛めつけるために(笑)。

KANASA そんな目的じゃない(笑)。

AKASHI あれも自然に動く感じで。でも、あそこはバンドの方がいて助かりました。ロックの動きを参考にできたので。ギターを回すのを見てかっこいいと思って、「同じ感じに動いてみようかな」ってやってみるとか。

AKINO でも、バンドが力強いですよね。表情をすごく出していて、刺激になりました。

KANASA 新しい風が入った感じがしました。

――出来上がった映像を見ていかがでしたか?

KANASA 「かぁっこいいーっ!」って(笑)。衣装とアーティスティックさが揃えてられているところとか。

AKASHI 今回のMVは、赤いラインが入るところもそうですし、アーティスティックなMVだと思います。

AKINO あの、回るシーンがすごい好きです。黒いところから明るくなるところはしびれます。

――MVでは3人バージョンですが、その後AIKIさんが帰ってきたので4人バージョンに変えることになりました。そこの苦労はありましたか?

KANASA 最初はあると思ったんですよ。3人のフォーメーションから変な感じになるのかな、お客さんはどう感じるのかな、って。でも、3人もシンプルで良かったけど、4人だとさらに動きがあって、

AKASHI さらにかっこよくなりました。AIKIが帰ってくる前には、「なるべくAIKIが気持ちよく入れるようにしよう」って話をしていたんです。でも不思議なことに、AIKIが入っても2年間いなかったという感覚はなかったです。

AKINO ダンスの衰えも全然なかったし、そこはビックリするぐらい。

AKASHI 3人でずっと活動してたから、いろいろと変えないといけないのかなって思ってたんですけど。普通にすんなりと4人に戻れました。

――AIKIさんが加わったことで何がいちばん変わりましたか?

KANASAAKINO 力強くなりました。

AKASHI 迫力とパワーは全然違いますね。ダンスや歌って「表現」なので、いろいろな経験をしているほど「いい演出」ができますよね。アメリカで2年、いろいろな経験した分、そこは昔よりも出ています。

――AIKIさんとしては、久しぶりのbless4はいかがでしたか?

AIKI やっぱり、2年間芸能活動から離れていたっていうのもあって、最初は難しかったですね。慣れてないというのもあって。ひとりでスタジオに入ったときは、体の動き、声の出方にブランクの違いを感じました。でも、家族を頼りながら、一緒にリハーサルをし始めたら「やっぱりこれだな」という感覚がありました。4人での感覚が戻ってきて楽しかったです。

AKINO 後ろを振りむいたらAIKIがいる、みんながいる。bless4ってやっぱり4人だな、ってすごく思いました。

――カップリングの「I Got This」はKANASAさんが詞を担当しました。どういう気持ちを込めたんですか?

KANASA 曲が届いたとき、私の中では「モーターレース」の印象が湧きました。そこからナンバーワンになる気持ちとか、自分のモチベーションを上げる辛さが書けたらいいなと思いました。私が日本にやってきてから思っているのは、日本人ってレベル高いじゃないですか?技術も繊細さでいろいろとできるのに、「できない」って思いこんでいるとか、「こんなものしかできない」って低く見せるというところがありますよね。でも、自分に制限をかけることで本当にできなくなってしまうことがあるので、どんな逆境にあっても自分はNo.1をめざして頑張っていく、「私はできるから見てて」って気持ちを持つということを「I Got This!」で表現できたらいいな、と思っています。

――この曲はAIKIさんの復帰作でもありますね。

AKASHI 実はAIKIがこの曲を聴いたのはレコーディング当日なんですよ。AIKIが帰ってきて、車に乗ってるときに「AIKI、明日レコーディングあるよ」って言いました。

AKINO ホントは1週間前にお兄ちゃんがメールで知らせるはずだったんですよ。でも、「お兄ちゃん送った?」「送ってない」「え!?」「AIKIに会ったときに言う」って感じで。

――それはわざと?

AKASHI わざとというか。

AKINOAIKI 忘れてた?

AKASHI いや、忘れてはいないんですけど、自分は気楽に考える方で、「当日言えばいいんじゃない?」って。

AKINO 今でも覚えてますよ。お兄ちゃんがAIKIに言ったとき(の顔を)。「えっ!?」って(笑)。

KANASA それまで「皆頑張ってよー」って感じだったのに、「AIKIもだよ」って言ったら「えっ!?」って(笑)。

AIKI 「ハーモニーのパートもあるよー」って言われて「えっ!?」って。ビックリしました。

AKASHI でも自分は「大丈夫」と思ってました。

――どんな曲にしようというイメージでしたか?

AKASHI 今までは4人で話し合って曲を作ることが多かったんですけど、それぞれが成長してますし、自分の考えを入れてきているので、「cross the line」をAKINOに任せたり、歌詞をKANASAに最初から最後まで任せたりしたのと同じように、話し合いをしなくてもなんとなく流れでいけるんじゃないかという考えでした。

――ではメイン・ボーカルのAKINOさんはどんなイメージで?

AKINO お姉ちゃんから「今回はレースっぽい曲にしようかな」って聞いて、面白そうだと思っていました。で、歌詞を見たら“I Got This!”ってあって「あ゛ぁんっ」って。
KANASA 「あ゛ぁんっ」(笑)。

AKINO こぶしですね(笑)。とか熱い気持ちを入れたいと思いました。“I’m gonna be the one”という歌詞も入っているし、このレコーディングでは自信を持って歌おうという気持ちになりましたね。実は、レコーディングの数日前に風邪をひいてしまって、普通はメインが先にレコ―ディングするところを、先にハーモニーから録ってもらったんです。レコーディング当日も、メロディラインや歌詞を頭には入れているけど実際に思い切り声を出しては歌っていないから、ブースに入ってもすごく不安でした。そして、本番前に通しで1回練習してみたら、声がふらついてて思ってたよりもうまく歌えなくて、本当にショックでした。2、3回練習して、「今日はダメかもしれない」って思ったんですけど、“I Got This”という歌詞を歌っているうちに、落ち込むのは良くないと思えるようになって。自信をもって「I can do it!」みたいな気持ちになれたんですよね。そうしたら怖さも取れてきて、“I’m gonne be the one”も「高いかな」と思ったんですけど、歌いながら「ザ・ワーン!」って気持ちになれて(笑)。強い思いで歌うと声が出るんですよね。スタッフさんにも「すごい声が出てましたね」って言われてうれしかったです。

――じゃあ、歌詞が最初に力づけたのは妹だったと。

一同 (笑)。

AKINO そうでしたそうでした。ちょうど自分に必要だった歌詞なんですね。

――先にハーモニーを録った皆さんはどんな気持ちでレコーディングしましたか?

AKASHI レコーディングは自分が最初でした。自分は、楽しく心がノッているほうがいいものができると思っているので「楽しくいこう」と。でも、“I Got This”で叫ぶところはもっと明るくても良かったかもしれないですね。叫びは得意なはずなんですけど。最初だったからか少し真剣になり過ぎたかもしれません。でもそこは、あとは次の人たちに任せよう、という気持ちで。

KANASA 次が私でした。すごく楽しくて、結構スムーズにいきましたね。ただ、ラップの部分が課題でした。(作曲の)鴇沢(直)さんが考えたラップと私の考えたラップのイメージが違ってて。でも自分も、私が作ったラップは「これじゃない」とは思ってはいたんです。

AKASHI 自分も思ってました(笑)。却下されるだろうな、って。でも、それって成長するきっかけになるので。

KANASA だから、「次のAKINOがレコーディングするときまでの宿題にさせてね」ってことで一旦持ち帰って、あらためて録らせてもらったら「いけたーっ!」って。

AKASHI 難しいラップに挑戦したんですよね。細かくて、あまり予想できないリズムなので。

AIKI 僕は久しぶりだったので、まず歌詞をよく読んで。そうしたら何度も“I Got This”って歌詞が出てくるので、自己暗示っぽい曲なのかな、って思いました。レースということで言えば、私たちってみんながゴールを目指してて、でも、それぞれにスペックが違っていて。バイクだったり車だったり走ってたり。でも大切なのは速さじゃなくて、人生の中でゴールにたどり着くことなんですよね。聴く人が、人とは違うペースでも「I Got This」って思えるようになって、言えるようになって、行動に伴ってくれればいいのかな、って考えていました。だから、自分としても「I Got This」って思いながら、声と感情がハーモニーする感じを出せるように、イメージ・トレーニングしながら待っていました。

――妹や弟に力を与える歌詞になっていたんですね。

KANASA 良かったです。

AKASHI 計算してたんだと思います(笑)。

AKINO 私が風邪をひくことも(笑)。

AKASHI 「cross the line」も「I Got This」も、どちらも前向きな曲なので、そこを楽しんでほしいですね。

――4人の声が揃った曲を聴いたとき、そして今後についてどんな気持ちになりましたか?

AKASHI 最初に思ったのは「イイネ」でしたね。AIKIの声が入ることによって、ハーモニーに太さが出ていますのでそこが素敵だと思いました、これからの夢が膨らんできますね。昔できなかったことも、この2年間でAIKIもほかの3人も成長したので、新たな展開を考えています。

KANASA ずっと3人だったのがやっと4人そろって、溢れんばかりのパワーを届けられればいいなって思っています。皆さんからのパワーを吸収して、さらにパワーをお返しする気持ちですね。

AKINO ファンの皆さんもずっとAIKIのことを待っていたので。その期待に対して、私たちが精いっぱいの力でお返ししていきたいですね。「待っててくれてありがとう」って。

AIKI エンタテインメントって自分にとって、悪い意味での現実を忘れさせてくれる、違う力を与えてくれるものなんですよね。だから、曲を聴いてくれたとき、MVを見たとき、ライブに来てくださったときに、いらないものは捨てて、ゴールに向かって一緒に騒いでいただきたい、という気持ちでいます。

Interview&Text by 清水耕司(セブンデイズウォー)


●リリース情報
TVアニメ『終末のイゼッタ』OPテーマ
「cross the line」
11月9日発売
int-161109-001

品番:VTCL-35240
価格:¥1,300+税

<CD>
01.cross the line
02.I Got This
03.cross the line(Instrumental)
04.I Got This(Instrumental)

関連リンク

この記事を書いた人