Wake Up, Girls! 新作短編アニメで宮城の魅力を世界へ発信!「TICA 台北国際コミック・アニメフェスティバル」での世界先行公開で台湾ファンもWake Up!

news-1602102130-1

この度、人気アニメ「Wake Up, Girls!」にて、昨年12月に始動した「Wake Up, 宮城!触れ愛プロジェクトin台湾」のひとつとして、制作が発表された新作短編アニメ「Wake Up, Girls!の宮城PRやらせてください!」が完成、TICA 台北国際コミック・アニメフェスティバルでの先行公開が決定した。また、プロジェクトのキービジュアルも解禁された。

「Wake Up, Girls!」は2014年に劇場版・TVアニメシリーズ、2015年に続・劇場版の前後篇が公開されたアイドルアニメ。アニメ作中では、仙台で暮らす7人の少女たちがアイドルグループWake Up, Girls!を結成し、互いに切磋琢磨しながらトップを目指していく姿が描かれるが、作中でWake Up, Girls!のキャラクターを演じる7人のキャスト(吉岡茉祐、永野愛理、田中美海、青山吉能、山下七海、奥野香耶、高木美佑)は、現実世界でも声優ユニットWake Up, Girls!として活動しており、2015年7月~8月に開催された単独ツアー“Wake Up, Girls! 2nd Live Tour ~行ったり来たりしてごめんね!~”では4都市で約1万人を動員するなど、高い人気を誇っている。

2015年12月に発表された「Wake Up, 宮城!触れ愛プロジェクトin台湾」では、観光による宮城県活性化を目的として、宮城県を舞台としているWake Up, Girls!とのタイアップキャンペーンを通じ、台湾に向けて宮城県をPRすることが狙い。

宮城県の魅力を海外に向けて発信する新作短編アニメ「Wake Up, Girls!の宮城PRやらせてください!」は約8分間の物語で、Wake Up, Girls!の7人のメンバーたちが、青葉山公園の桜や、東北三大祭りのひとつである「仙台七夕まつり」等、春・夏・秋・冬それぞれの宮城県の魅力をレポートする様子が描かれている。

作中には、続・劇場版「Wake Up, Girls! Beyond the Bottom」の舞台の一つでもある仙台空港も登場。さらに今回はトミーテックの人気キャラクターシリーズ「鉄道むすめ」より仙台空港アクセス線のシンボルキャラクター「杜みなせ」が特別出演しており、仙台出身であるWake Up, Girls!の永野愛理がキャラクターボイスを担当しているところにも注目だ。

news-1602102130-3

杜みなせは、今回初公開となったキービジュアルにも登場しているのでチェックしよう。

本作は昨年の9月と12月に公開された続・劇場版以来の新作となり、またひとつ大人びたキャラクター達の姿を見ることができる本編は、2月10日に開催される台湾のアニメイベント「TICA 台北国際コミック・アニメフェスティバル」での先行公開が決定した。2月11日には、世界貿易センター南港館での山本寛監督、永野愛理、青山吉能、高木美佑、福原香織が参加するトークイベントでの公開を予定している。(※2月11日(木)16:30~18:00、日本時間17:30-19:00 開催)。また日本では、3月27日に仙台空港で開催されるスペシャルイベント「Wake Up, MIYAGI 触れ愛プロジェクト スペシャルミニライブ」にて公開予定となっている。

仙台・日本にとどまることなく、台湾から世界へと活躍の場を広げるWake Up, Girls!、今後のアニメ・アーティストとしての活動にも引き続き注目だ。


●イベント情報
「TICA 台北国際コミック・アニメフェスティバル」
2月10日~開催

トークイベント
2月11日(木)16:30~18:00 ※日本時間17:30-19:00
世界貿易センター南港館
登壇:山本寛監督、永野愛理、青山吉能、高木美佑、福原香織

イベントにて「Wake Up, Girls!の宮城PRやらせてください!」を公開予定

© Green Leaves / Wake Up, Girls!2製作委員会
© 2005TOMYTEC    

関連リンク

 

 

この記事を書いた人