SPYAIR、シングル全17曲披露!2大アリーナツアータイトル発表!!&みんなでつくるセットリスト企画決定!

news-1510162030-c001

現在絶賛放送中の『ハイキュー!!セカンドシーズン』OPテーマとなっている「アイム・ア・ビリーバー」を携えて、12月に日本ガイシホールとさいたまスーパーアリーナで開催されるバンド初の2大アリーナツアーの開催は既にインフォメーションされているSPYAIR。本日このツアータイトルが発表された。

題して・・・SPYAIR ARENA TOUR 2015『DYNAMITE』~シングル全部ヤリマス~

そのタイトル通り、2005年のデビューシングル「LIAR」からニューシングル「アイム・ア・ビリーバー」までこれまでに発表されたシングル全17曲を余すことなく披露する。

さらにはデビュー以降の全アルバム収録曲・シングルカップリング曲全49曲の中からライブで聞きたい楽曲リクエストを募集することが決定!ファン投票がスタートした。

今年結成10周年、デビュー5周年を迎えたSPYAIR。このアニバーサリーを祝うべく“DYNAMITE”なセットリストでお届する。これまで応援してきてくれたファンはもちろん、はじめましてのファンへも感謝をたっぷり込めたスペシャルなツアーになること間違いなし!

現在、チケット一般発売に先駆け先行予約受付中だ。

そしていよいよ来週10月21日発売となるニューシングル「アイム・ア・ビリーバー」のMusic VideoショートバージョンがオフィシャルYouTubeチャンネルで公開となった。

いつもと変わらぬ退屈な授業中、突如教室のスピーカーからIKE(Vo.)の歌声が響き渡る。それに気づいた生徒たちは、教師の制止も聞かず教室を飛び出す。すると生徒たちの前に、SPYAIRが現れ、校内が狂乱と化す・・・。

変わり映えのない学校生活をSPYAIRが音楽で満たし、退屈顔の生徒たちを笑顔に変えるという数々の名シーンが散りばめられた、青春感溢れる作品が完成!

尚、当日はSPYAIRのモバイルサイトの募集で集まった約700名のファンが撮影に参加。

この作品のハイライトである、ライブシーンではライブハウスさながらの熱気を持って、撮影を大いに盛り上げた。

尚、SPYAIRオフィシャルモバイルサイト「AIR-GATE」と「ONE PARK」では現在フルバージョンが公開中!こちらも是非チェック!


●ライブ情報
2大アリーナツアー
SPYAIR ARENA TOUR 2015『DYNAMITE』~シングル全部ヤリマス~
名古屋:日本ガイシホール
日時:2015年12月13日(日) 開場 18:00 開演19:00
料金:全席指定 6,500(税込) ※3歳以上チケット必要
お問合わせ:サンデーフォークプロモーション 052-320-9100 (10:00~18:00)
埼玉:さいたまスーパーアリーナ
日時:2015年12月22日(火) 開場 17:30 開演18:30
料金:全席指定 6,500(税込) ※3歳以上チケット必要
お問合わせ:DISK GARAGE 050-5533-0888 (平日12:00~19【配信情報】
チケット先行(抽選)予約受付中!
受付はこちら
10月28日(水)23:59まで。
※リクエスト曲募集中
投票専用フォーマットはコチラ

●リリース情報
TVアニメ『ハイキュー!! セカンドシーズン』OPテーマ
「アイム・ア・ビリーバー」
10月21日発売
【期間限定通常盤】
news-1510162030-c003

※『ハイキュー!!』描き下ろしアニメ絵柄 コミック風ジャケットカバー
品番:AICL 2996
価格:¥1,111+税 
【通常盤】
news-1510162030-c002

品番:AICL 2997
価格:¥926+税
<CD>
1.アイム・ア・ビリーバー
2.イマジネーション (Live at FUJI-Q HIGHLAND 2015.8.8)
3.アイム・ア・ビリーバー (inst.)
「アイム・ア・ビリーバー –ハイキュー!!セカンドシーズン Edit-」配信中
iTunes
レコチョク
mora

●作品情報
TVアニメ『ハイキュー!! セカンドシーズン』
MBS・TOKYO MX・CBC・BS11ほかにて放送開始!
MBS   毎週土曜 深夜2:58~
CBC   毎週土曜 深夜 3:23~
TOKYO MX 毎週日曜 深夜0:00~
BS11   毎週日曜 深夜0:30~、毎週月曜午後6:30~
RKB    毎週日曜 深夜2:30~
HBC 毎週月曜 深夜2:10~
TBC 毎週火曜 深夜1:48~
TUF 毎週土曜 午後5:00~
※放送時間は変更になる可能性がございます。

関連リンク

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人