『テイルズ オブ』シリーズ20周年を記念した新作アニメが制作決定!!

news-1506092200-c001

全世界累計出荷1,600万本超のロールプレイングゲーム『テイルズ オブ』シリーズが今年20周年を迎え、それを記念した新展開が発表され、20周年記念TVアニメーションが2016年放送開始されることが分かった。

制作は「テイルズ オブ エクシリア」よりゲーム内アニメーションを手掛けるufotableが担当。原作・バンダイナムコ エンターテインメント×制作・ufotable が贈るTVアニメシリーズが始動する。新たに紡ぎ出される『テイルズ オブ』の物語に期待が高まる。

現在 TVアニメティザーサイトにてプロモーション映像も公開されている。

そのほか、『テイルズ オブ』シリーズの最新作「テイルズ オブ ベルセリア」の販売と、20周年を迎えた『テイルズ オブ』シリーズの企画展「テイルズ オブ 20周年展 -TALES OF MUSEUM-」の開催も発表された。

企画展は、東京・秋葉原UDXで8月7日(金)から8月23日(日)まで開催されることが決定。1995年に発売した「テイルズ オブ ファンタジア」から 2015年に発売した「テイルズ オブ ゼスティリア」までの軌跡をたどる内容となっており、謎解きをしながら『テイルズ オ ブ』の世界に浸って楽しむことのできる、シリーズが持つ奥深い世界観を生かした展示となっているとのこと。

さらに、シリーズに登場する4名のキャラクターのオーディオガイドを利用すると、好きなキャラクターの音声ガイドで展示を楽しむこともできる(オーディオガイド利用は別料金)ので、メッセージ性の強い壮大なストーリーや登場キャラクターも非常に高い支持を受けている『テイルズ オブ』シリーズらしい空間で、 世界観を思う存分楽しもう!

また企画展には物販コーナーも併設。シリーズ作品の関連グッズに加え、本シリーズ初となる国民的キャラクター・ハローキティとのコラボレーションイラストを用いたグッズも新たに販売予定となっている。

<『テイルズ オブ』シリーズとは>
1995年の家庭用ゲームソフト「テイルズ オブ ファンタジア」の発売を皮切りに、これまで100を超える国や地域で販売し、シリーズで全世界累計出荷本数1,600万本を突破しているロールプレイングゲーム。『テイルズ オブ』シリーズは単なる勧善懲悪ではなく敵対する側にも正義があり、交錯する思いの「共存」というテーマがシリーズを通じて描かれている。タイトルごとに込められたメッセージ性の強さや、ロールプレイングゲームでありながらアクション性も高いバトルが10代から30代の男女を中心とした幅広い層に支持され、家庭用ゲームにとどまらず、ソーシャルゲーム、スマートフォン向けアプリ、パチスロ、グッズ、ファンイベント、TVアニメーション、劇場版の展開に加え、アパレルや食品など他業態とのコラボレーションも行うなど、多岐にわたる展開を行いファン層を拡大している。


●作品概要
Tales of 20th Anniversary Animation
2016年放送開始予定
制作:ufotable

(C)BNEI/Tales of 20th Animation

関連リンク

この記事を書いた人