angela 「シドニア」から「蒼穹のファフナー」まで、2014年を締めくくるベストライブ『ミュージック・ワンダー★大サーカス』ライブレポート

news-1412262000-c001

 angela恒例の年末ライブ「ミュージック・ワンダー★大サーカス」が、2014年12月24日、五反田ゆうぽうとホールにて開催された。今年はクリスマス・イブの開催とあって会場はサンタ帽や全身サンタ姿、なかにはトナカイ姿をした「ジェラっ子」で埋め尽くされた。

開演前には「大サーカス」でおなじみのピエロ・クラウンの3人が警備員を巻き込んでの皿回しや曲芸で会場を盛り上げ、1300人のファンはパーティー感あふれる空気でライブの開始を待ち受ける。幕が下りるとステージはクリスマス仕様のセットやイルミネーション、サンタ服のダンサーで溢れ、1曲目の「cheers!」から会場は総立ちになり、手を振り、拳を振り上げ一体感に包まれる。つづく「Yell for you」では一気に縦ノリの雰囲気に。スピードアップしたサウンドに乗りatsukoが高らかに歌いあげるとKATSUはお立ち台に乗ってギターソロを響かせ大きな声援を受ける。MCでは「聖なる夜、盛り上がっていけますか!」と煽り、「DEAD SET」へ。赤く照らされたライトにatsukoの声は情熱的に艶やかさを帯び、呼応するようにKATSUのギターが激しく響く。「Different colors」ではさらにヒートアップしバキバキのベースサウンド。atsukoの声は憂いを帯び切なく歌う。直後のMCでの破顔した表情を隠さない姿が印象的だ。
news-1412262000-c002
荘厳なコーラスから始まり、ピアノをバックに高らかに優しく歌い上げる「gravitation」から、再び拳を振り上げる「ANGEL」へ。シャウトを交えた彩り豊かな歌声を響かせ、間奏ではライトを背に受け煽りつつも大声援を浴びる。続いての曲は新曲「This is LOVE」(PSP用ソフト「学園 K -Wonderful School Days-」主題歌)で、黄色い歓声が沸き起こる。正統派POPのさわやかなメロディでサビの伸びやかなボーカルスタイルがシリーズを通じたファンに愛される曲になりそうだ。
次の「KINGS」からは事前に配布されたサイリュームを使用していくゾーン。作品のテーマに沿って赤と青のスティックを左右に持ち、振り付けをしていく。その際に会場全体を使ったウェーブを試みるatsuko。一体感を確かめてメロウでドラマティックな楽曲を展開していく。中サビでは会場全体がひとつになりアカペラで歌うという感動的なシーンが見られた。
衣装をチェンジし、再び登場した2人は次なる新曲について「10年待ちました!」(KATSU)「『蒼穹のファフナー』が1月からお茶の間に帰ってきます!」(atsuko)と紹介すると大拍手が沸き起こる。『蒼穹のファフナー EXODUS』のOP主題歌「イグジスト」を、本邦初公開となるPVとともに披露。荘厳なイントロから華麗かつパワフルなサウンドに展開していき、atsukoのハイトーンが映える。そして初披露となる同作ED主題歌「暗夜航路」は世界観をじっくりと表現し、リスナーに歌いかけるような温かい楽曲。会場でもじっくりと受け止めて聴いているようすが印象に残る。中川翔子に提供した「キラキラ-go-round」でさわやかなブラス・ロックを披露した後には「To be with U!」で再び赤い光が輝く。ヘヴィロックのリフが響き渡り、赤いサイリュームを振る会場を煽りながらatsukoはグルーヴに乗り張り裂けるようなシャウトに切なげな声を響かせながら全身で歌に込める圧巻のステージング。
news-1412262000-c003
次のMCではクラウンがangelaのふたりにクリスマスプレゼントを渡しにステージに上がる。中に入っていたのは『シドニアの騎士』OPテーマ「シドニア」で受賞した「第19回アニメーション神戸・主題歌賞」のトロフィーだった。同一アーティストが2度受賞したのは制定以来はじめてとなる。この受賞についてatsukoは「アニソンって何だろうと自問自答して、(歌詞に作品タイトルを載せることが)私たちにとってすごく新鮮で、これでangelaを知った方もいて、私たちの転機になった曲。その曲で賞をいただけたのはみんなが投票してくれたからです。みんなからのクリスマスプレゼントです!」と語り、温かい拍手を受ける。そのまま噛みしめるような表情で心を込めピアノをバックに「Peace of mind」を歌う。最後のサビは会場全体の合唱と雪の演出で感動的な空気に包まれた。そして受賞曲「シドニア」へ展開すると観客はエモーションを爆発させるほどの大盛り上がり。ウルトラオレンジのサイリュームが乱舞しatsukoもキビキビとした振り付けを披露し、マーチからダンスチューンへメロディックに展開する個性あふれるサウンドに伸びやかなボーカルを乗せる。間奏での熱いリアクションから後サビのコールアンドレスポンスで絶叫するときまで濃密に熱い時間が過ぎていく。そして「シドニア」の11年前に同賞を受賞した「明日へのbrilliant road」。今も鮮烈なメロディは彼女らのセンスを十分に証明するものだ。ファンの手拍子もバッチリで熱い空気のままライブ本編は終了した。

アンコールに応えて登場したのは「angelaの後輩バンド」のドメスティック♥ラヴバンド。全身金色の衣装に身をまとい、ステージジャックを宣言。追いかけっこをしたり、崩したMCをしたりとangelaとはまた違った空気さを会場に採り入れるが、サウンドは骨太なロックで「The end of the world」を深い声でボーカルを表現したり「Proof」でのメロディアスな連携を見せるポップセンスはさすがだ。最後にはクリスマスソングメドレーを行ない、ステージを後にした。
再度のアンコールには1階席の後方から登場したangela。サンタ姿のファンと交流しながらステージに上がり、ファンの一人とKATSUはサイン入りのサンタ帽を交換するというサプライズプレゼントも。「来年からはみんながサンタクロースです!」(atsuko)の宣言に大きな盛り上がりを見せる。そのままオルガンに合わせ「きよしこの夜」を会場一体となって合唱し、「Fly Me To The Moon」をangela流の新鮮なサウンドアレンジに乗せてatsukoらしい歌声でカバー。そして「angelaのこと好き?」「大好き」のコールアンドレスポンスを繰り返しビッグバンドなサウンドに乗せて「Always 好きだよ」を披露。手を左右に振りパーティー感あふれる空気に包まれる。歌の終盤ではメンバー紹介のあと巨大フラフープをKATSUが成功させ、喝采を受けていた。
イントロに乗せた「最後の曲です」の声に悲鳴と歓声が交差する。それはこの曲が「Shangri-La」、TVシリーズ『蒼穹のファフナー』のOP主題歌と分かっての反応だ。先の言葉のように10年ぶりのTVシリーズを祝い、angelaの新主題歌を2015年に向かい入れる気持ちからだろう。atsukoは高らかに歌い上げ、会場全員がはサンタ帽を降り後サビを合唱する。パーティー感あふれるライブを最後まで貫きつつ、2枚目のベストアルバムをリリースした2014年angelaの活躍を象徴するかのようなセットだった。最後には撮影会。といってもステージ上の記念撮影だけではなくファン側がangelaを撮影できるという機会だ。これらはtwitterのハッシュタグ「#リア充2014」にて共有されている。
最後にKATSUは「今年はすごく充実していて、angelaってジェラっ子に生かされているなと思いました。『がんばれ』って声をかけてもらう度に『よしっ!』て気持ちになる。でも人が人に『がんばれ』って言う時って、どこかで自分も「がんばろう」という気持ちを込めているんですよね。自分のなかに秘めているものがあるから人に声をかけられるんだなと気づいたので、来年angelaはもがきます! 『もがけ、這い上がれ』と言っていただきたい。みんなに言わせます!」と宣言し、「這い上がれ!」「YES!」と三唱した。atsukoは「来年は目が離せないような1年を送りたいと思います。ついてきてくださいとは言いません。ついてこいよー!!」と熱くシャウトしてステージを後にした。終演後には2015年のツアー情報や『劇場版シドニアの騎士』の主題歌を担当すること、そして次なるアルバムの発売告知がされ、さらに大きな盛り上がりに包まれた。飛躍と充実のangelaの2015年に期待がやまない。

Text by 日詰明嘉

■angelaのミュージック・ワンダー★大サーカス 2014~Merry Christmas~
2014年12月24日(水)
五反田ゆうぽうとホール

<セットリスト>
1.cheers!
2.Yell for you
3.DEAD SET
4.Different colors
5.gravitation
6.ANGEL
7.This is LOVE
8.KINGS
9.イグジスト
10.暗夜航路
11.キラキラ-go-round
12.To be with U!
13.Peace of mind
14.シドニア
15.明日へのbrilliant road
<EC>
16.The end of the world
17.Proof
18.クリスマスメドレー (クリスマスイヴ~ラストクリスマス~恋人がサンタクロース~あわてんぼうのサンタクロース~ジングルベル~赤鼻のトナカイ)
<EC2>
19.きよしこの夜
20.Fly Me To The Moon
21.Always 好きだよ
22.Shangri-La

■ライブ情報
「angela Live Tour 2015」

7月11日(土) 福岡 DRUM Be-1
7月12日(日) 愛知 BOTTOM LINE
7月18日(土) 大阪 BIG CAT
7月25日(土) 東京 新木場STUDIO COAST

2014年12月26日(金)12:00 ~ 2015年01月27日(火) 23:59までオフィシャルサイト先行予約受付中。 

関連リンク

この記事を書いた人