『ハイキュー!!』、“京都国際マンガ・アニメフェア(京まふ)2014”スペシャルトークイベントのレポートが到着!

news-1410142330-c001

9月に放送を終了したTVアニメ『ハイキュー!!』が、最終回放送当日に“京都国際マンガ・アニメフェア(京まふ)2014”にてトークイベントを開催。その模様が到着した。

【最終回直前放送直前!「ハイキュー!!」スペシャルトークイベント】は最終回放送当日の11時に開催。登壇したのは、8月には仙台イベントでご当地・仙台にも凱旋を果たした、村瀬 歩(日向翔陽役)と石川界人(影山飛雄役)の烏野1年生コンビ。MCは毎日放送の鈴木健太アナウンサーが務めた。
最終回放送を控えた開催とあって、会場のファンの熱は冒頭から最高潮。鈴木アナウンサーの呼び込みで、烏野ジャージをまとった村瀬と石川が登壇すると、大きな拍手が。京都の大学に通っ ていた村瀬は「ずっと京都でイベントができれば、と思っていたのですごくうれしいです!」とコメント。石川さんは「3月にも京都に来たのですが、暑いんですよね」と、挨拶をしながらジャージのジッパーを開け、中のユニフォームを見せるお茶目な一面を披露。
トークコーナーの最初のテーマは「本日17時より最終回“三日目”放送…!」。第25話を前の心境は、「ここまで、あっという間でした(村瀬)」「もう終わってしまうと思うと寂しいです(石川)」とのこと。さらに、石川は「収録は終わっていても、オンエアでどうなっているかは僕らにはわからないので、テストの採点を待つような気持ちです」ともコメント。また第24話の食事のシーンでは、ふたりとも泣いてしまったとのこと。そんな24話に関して、村瀬は「アフレコ現場も熱気に包まれていましたが、作画・色・効果音など、それぞれの要素が作品の完成度をすごく後押ししているんだなと思いました」と感慨深げだった。

次のコーナーは「ファンが選んだ各話番付」。イベントに先立って行われた『ハイキュー!!』ファンがもっとも好きな話数を選ぶツイッター投票企画の1位~5位が発表され、おふたりがトークをしていきます。順位は下記のとおり。
5位:第16話『勝者と敗者』
IH宮城県予選で敗退していく烏野女子バレー部や、澤村の旧友・池尻を描いた回。道宮のかわいさには、ふたりの意見が完全に一致。「池尻の『勝てよ』をアフレコ現場で聞いたときは、心が震えました(村瀬)」。 
4位:第22話『進化』
及川と岩泉の信頼関係が描かれる回。「影山は、及川と岩泉の関係を見本にしていたので、烏野メンバーや日向と信頼関係をつくれたのかなと思います(石川)」
3位:第9話『エースへのトス』
東峰がトラウマを乗り越え、アタックを打ち抜く回。ふたりとも泣いてしまったとのこと。「熱い気持ちがあるからこそ、またバレーをやって傷つくのが怖い。そういう気持ちは人間誰しも持っているなあと(村瀬)」
2位:第24話『脱・孤独の王様』
烏野が青城戦に敗れ、泣きながらご飯を食べるシーンまでを描く回。「ご飯を食べるシーンでは、サーブミスがあった山口の涙にぐっと来ました。山口役の斉藤壮馬さんも特別な気持ちがあったそうです(石川)」
1位:第21話『先輩の実力』
影山と菅原、セッターふたりの想いを描く回。「これはもう説明不要だかと思います!(村瀬)」「『今、目の前の試合に勝て!』と影山・菅原の声がユニゾンするシーンは、前後のシーン含めリテイクがありましたが、毎回息が揃ってうれしかったです(石川)」

続く「キャストが選ぶ“頂のシーン”」コーナーでは、ふたりが選んだベストエピソードを発表。エピソードが記された封筒を運んで登壇したのは、“烏野高校排球部 後援会マスコット”にして“仙台バレーボール親善大使”のヒナガラスと、その座を虎視眈々と狙うカゲガラス。大歓声で迎えられたヒナガラスに村瀬は「結構威圧感があって、遠目で見るとかわいいんですけど、近くに来ると怖いんですよ」とコメント。
 
ふたりが選んだシーンは、それぞれ映像と代表的な台詞の生アフレコとともに発表された。村瀬が選んだシーンは、第1話『終わりと始まり』より“日向が影山を倒すと宣言するシーン”。「ほかのシーンとも迷ったんですが、やはり物語のいちばん最初ですし、自分の心の原点です。日向らしい感じも出ていると思います(村瀬)」。石川が選んだシーンは、第24話『脱・孤独の王様』より“影山が王冠を脱ぐシーン”。菅原の「うちの連中はぁ!!」に影山が「ちゃんとみんな強い」と返すやりとりは「菅原さんがいないとできない……」という石川さんの振りで鈴木アナが菅原役を演じ、イベントならではのコラボレーションに会場が湧いた。

その後、キャストサインポスターの抽選プレゼントコーナーを経て、エンディングへ。「こんなにいっぱいの人に集まっていただけて、驚いています。放送が進むにつれて、僕たちの気持ちもどんどん熱くなっていきました。第25話は、その気持ちが爆発している回だと思います。ぜひ最終回をご覧ください!(村瀬)」「『ハイキュー!!』めっちゃ面白いんで、ぜひ観てください。烏野がインターハイ予選に負けてしまった悔しさを、皆さんにも感じていただけたらうれしいです。これからも、応援よろしくお願いします!(石川)」
最後はふたりの「烏野ー、ファイ!」に、観客席から「オー!」と大きな歓声が返り、イベントは終了した。

 

■Blu-ray&DVD発売情報
ハイキュー!! Vol.4初回生産限定版
2014年10月15日(水)発売
news-1410142330-c002news-1410142330-c003

価格:Blu-ray 6800円+税、DVD 5800円+税
メーカー:東宝
【初回限定特典】
・キャラクターデザイン・岸田隆宏描き下ろし三方背アウターケース 
【その他特典】
[映像特典]
・Blu-ray&DVD TVSPOT集2
・アイキャッチ集4(田中 成功ver./田中 失敗ver.)
[音声特典]
スペシャル特典CD
・オーディオドラマ「プリンヘッド物語」
・オリジナルサウンドトラック数曲
[封入特典]
特製ライナーノーツ『月刊バリボーVol.4』(16P)

(C) 古舘春一/集英社・「ハイキュー!!」製作委員会・MBS

関連リンク

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人