アニメ文化とクラブ・ミュージック文化を融合した「Re:animation」が、東京ジョイポリスとコラボした「リアニポリス」を開催!

news-1406201720-c001

6月22日14時より東京ジョイポリス内のメインステージにて、アニソンやクラブ・ミュージックなどがボーダレスに楽しめる超都市型音楽イベント「リアニポリス」が開催されることがわかった。

これまでに七度にわたり、アニメ・ミュージックからクラブ・ミュージックまで、ボーダレスなダンス・ミュージックがかかる屋外DJイベント「Re:animation」が、新宿歌舞伎町シネシティ広場(旧コマ劇前広場)、中野駅北口駅前暫定広場といったロケーションで、2,000人規模の動員を誇るイベントとして開催されてきた。
そして、2014年1月に開催した「Re:animation presents NEW YEAR PARTY 2014 in 東京ジョイポリス」の成功を踏まえ、国内最大級の屋内型テーマパーク・東京ジョイポリスという非日常な屋内空間にて、アニメ・ミュージックからクラブ・ミュージックまでがボーダレスに流れる、超都市型音楽イベント「リアニポリス」を立ち上げることとなった。

news-1406201720-c002
※「Re:animation presents NEW YEAR PARTY 2014 in 東京ジョイポリス」会場俯瞰

news-1406201720-c003news-1406201720-c004
※「Re:animation presents NEW YEAR PARTY 2014 in 東京ジョイポリス」参加アーティスト・VJ

当日は、多くのクリエイターに影響を与えたマッシュアップ楽曲の金字塔「StarrySkyYEAH! Remix」(BeastieBoys x DaftPunk x capsule)を創り出したサウンドユニット・Moonbug、「ガチャガチャきゅ〜と・ふぃぎゅ@メイト」など中毒性の高い“電波ソング”を手がけるMOSAIC.WAVなど、計16組のアーティスト・DJ・VJの出演が決定している。
ステージとコースターなどのアトラクションが同じ空間に存在し、アトラクションに乗りながらステージを楽しむことができる非日常な空間という、ほかに類を見ない開催形式の超都市型音楽イベント。ぜひご注目いただきたい。

■開催概要
イベントタイトル:Re:animation presents リアニポリス
開催日時:2014年6月22日(日) 14時~21時
場所:東京ジョイポリス 1st floor メインステージ
<料金>
【当日】¥3,300(with1アトラクションチケット)/¥5,500(with フリーアトラクションチケット)
【前売】¥3,000(with1アトラクションチケット)/¥5,000(with フリーアトラクションチケット)
※「東京ジョイポリス」の通常営業内でのイベント開催となります。上記料金には入場券が含まれます。
<出演者>
【DJ】Moonbug、MOSAIC.WAV、いぬ、後藤王様、spacetime、ゆんちゃい、B.Toriyama a.k.a. fmtr、Megsis、ギガツカハラ、TAKAYA a.k.a チャラ神、Fish&Chips(MASAKARI×Strada)、JACKKN、CAN-LA
【VJ】Spike-Bloom、marea、ぽつねん
主催:リアニメーション実行委員会
共催:株式会社クラウドファンクラブ
協力:東京ジョイポリス、パイオニア株式会社、株式会社コラボ総研、オヤイデ電気

【主な出演者】

news-1406201720-c005

■Moonbug
「マッシュアップ」という表現を日本に知らしめたサウンドユニット。
08年作のBeastieBoys x DaftPunk x capsule「StarrySkyYEAH! Remix」はマッシュアップの金字塔として多くのクリエイターに影響を与える。また、オフィシャル・アンオフィシャル問わず作品の幅は広く、中には本家公認とされたBoot Remixも多数存在。現在も全国のクラブイベントや大型フェス、TV、ラジオなど多くの媒体でプレイされ続けている。
2013年には、ユニコーンをはじめとする、the Hiatus、BEAT CRUSADERS、チャットモンチー、ストレイテナーSUPERCAR、木村カエラなどといった第一線で活躍するアーティストの公式Remixを集めたアルバム『REMIX ASSAULT』がSONY MUSICよりリリースされ、話題を呼ぶ。

news-1406201720-c006 

■MOSAIC.WAV
ボーカル・み~こと、キーボード・柏森 進による音楽ユニット。
AKIBA-POP(アキバポップ)をコンセプトにアニメ・ゲーム・コンピュータなどサブカルチャーをテーマにした楽曲を制作。
“電波ソング”と呼ばれる中毒性の高いエキセントリックな楽曲や、高度に複雑に構築されたメッセージ性と自由奔放な遊び心を併せ持った楽曲で人気を集め、アニメやゲームの主題歌も数多く手がけている。
また、電子音楽の申し子的な存在でありながら、ライブ活動も積極的に行っている。
2013年11月にニューアルバム『Astronomical Φ AKIBA-POP!!』と『トランジスタの道化団』が、NBCユニバーサルから発売された。

関連リンク

この記事を書いた人