“月9”に「生アニメ」が登場!『みならいディーバ』放送時間決定!

news-1406101000-c001

NOTTVにて放送されることが決定していたアニメ『みならいディーバ』の放送時間が決定。なんと、毎週月曜の夜9時から放送されることが発表された。

今までの既成概念を変えるであろう本作は、おそらく史上初となる生放送アニメというジャンル。本作には最新の3Dモーション・キャプチャーの技術を活かしたフルCGで動く2体のキャラクター、蒼井ルリ(CV:村川梨衣)と春音ウイ(CV:山本希望)が登場。演じる声優はモーション・キャプチャーのセンサーを全身に付け、番組を進行させていく。そして生放送ならではの企画として、視聴者とリアルタイムで「毎週エンディング楽曲を作る」という企画を実行する。ツイッターなどで歌詞のアイディアを募り、それを参考にしながら番組の最後にはエンディング楽曲を生披露。今から放送事故などが起きないかドキドキしてしまう、エキサイティングな新機軸アニメだ。
この生アニメを総括するのが『てさぐれ!部活もの』や『直球表題ロボットアニメ』、『gdgd妖精s』で数々の新境地を開拓してきた石ダテコー太郎監督。

「これまでにもバラエティ番組制作のノウハウを取り入れた3DCGアニメ作品を作ってきましたが、今回はついにアニメの“生放送”……!なんだか来るところまで来てしまったという感じです(笑)。生放送のプロフェッショナルの吉田さんがいてくださるので、視聴者の皆さんはもちろん、キャスト&スタッフ一同、生ならではの臨場感を楽しみながらお贈りできるよう頑張ります」(石ダテ監督)

そして制作総指揮としてニッポン放送吉田尚記アナウンサーも参加。
「『アニメを観たい』という気持ちは、『観たことがないものを観たい』って気持ちだと思います。まだ誰もやっていない【アニメの生放送】を、CGアドリブアニメの第一人者の石ダテ監督と、毎日生放送をやってるパーソナリティと、ぶっとび声優ふたりで、この世にまだ存在したことのない生放送アニメをお届けします!」(吉田アナ)

放送枠はNOTTVで毎週月曜の夜9時に生放送。つまり「月9(ゲツク)生アニメ」である。ぜひ、この新しい「生アニメ」というジャンルを、ご自身の目でお確かめいただきたい。

news-1406101000-c002

■『みならいディーバ』作品概要
番組タイトル:「みならいディーバ(※生アニメ)」
初回放送日:2014年7月14日(月)21:00~21:50
放送局:NOTTV

■イントロダクション
音声合成ソフト「ヴァーチャルディーバ」シリーズの蒼井ルリと春音ウイ。まだ無名で誰にも曲を作ってもらえないふたりが、大先輩・葉山シェリーのような人気絶頂の歌姫になるべく“自作自演”を決意!「何かヒット曲があれば有名になれるはず!」と自分たちで代表曲を作って発表することに。毎回、専用アプリでフリーの楽曲を製作し、テーマ、タイトル、詩を自分たちで相談しながら考案!エンディングでは出来上がったばかりの曲を生歌唱して披露!見習いヴァーチャルディーバふたりのサクセス(?)ストーリーです。

■作品コンセプト
アニメ作品によくあるプロット。そして、シナリオに沿った予定調和のセリフ。既存のアニメ作品には作りこまれた良さがあります。
しかしこのアニメでは、主人公の動きやセリフ、歌までも、生放送から生み出されるものを中心に展開されます。まさに生アニメともいうべき作品です。もちろん主人公はまだ“みならい”なので失敗もあるかもですが、これも生ならではの楽しみです。
この作品はアニメの既成概念を一度取っ払い、新しいアニメの形を企みます。
それは、史上初かもの生アニメ。
そしてこれはもう、アニメじゃないッ。

■スタッフ
監督・構成・脚本:石ダテコー太郎(『てさぐれ!部活もの』『直球表題ロボットアニメ』)
製作総指揮:吉田尚記(ニッポン放送)
キャラクターデザイン:足立慎吾(『WORKING!』『ソードアート・オンライン』『ガリレイドンナ』)
制作プロデューサー:福原慶匡(ヤオヨロズ)
          鶴岡祐将(MMF Group)
企画プロデューサー:副島義貴、大日向洋、片岡 剛、鈴木克理
リアルタイムCGプロデューサー:永松 正(DxL CREATION)
アニメーション監督:cort
音楽:井上純一/Hajime(from LiLi)
音響プロデューサー:中野 徹
音効:徳永義明
アニメーション制作:ヤオヨロズ
音響制作:HALF H・P STUDIO
振り付け&モーションアクター:さっちゃそ
主題歌:「Run Diva Run」 作詞:みならいディーバ/作曲 – Ghost Writer

■キャスト
蒼井ルリ:村川梨衣
春音ウイ:山本希望

(C)(※ネタバレ注意)最終回は生でライブやるかも委員会

関連リンク

この記事を書いた人