『甘城ブリリアントパーク』、2014年にアニメ放送が決定!監督を務めるのは、武本康弘!

news-1403071700-c001

京都アニメーションによりアニメ化されることが決定していた『甘城ブリリアントパーク』が、2014年に放送されることが決定した。

あわせて、監督を武本康弘が務めることも発表。3月23日には「AnimeJapan 2014」のKADOKAWAブースにてステージイベントも開催されることが決定しているので、ぜひチェックしていただきたい。

 

【原作小説概要】
謎の美少女転校生・千斗(せんと)いすずから強引に遊園地デートの誘いを受けた可児江西也(かにえ せいや)。わけもわからず連れて来られたのは、さびれたアトラクション、ダメダメなサービスの日本一残念な遊園地・甘城ブリリアントパーク。その支配人だという“本物の”お姫様・ラティファに引き合わされた西也は、なぜか突然、閉園の危機にあるパークの再建を託されてしまう――!?
原作:賀東招二(『フルメタル・パニック!』シリーズ)×アニメーション制作:京都アニメーションという最注目のタッグがおくる“閉鎖寸前ワンダーランド・コメディ”、2014年にTVアニメ化決定! 

news-1403071700-c002
※イラストは原作のものです。
【キャラクター】
可児江西也(左):頭脳明晰で運動神経も抜群の高校生。
         ルックスも上々だが、友達がいない残念ナルシスト。
千斗いすず(右):華奢で艶やかな亜麻髪と大きな瞳の美少女。西也のクラスに転校してきた。

【スタッフ】
原作:賀東招二(KADOKAWA/富士見ファンタジア文庫刊)
原作イラスト:なかじまゆか
監督:武本康弘
アニメーション制作:京都アニメーション

 

■AnimeJapan2014にてトークイベント開催!
日時:3月23日(日) 12:30~
場所:AnimeJapan2014 (東京ビッグサイト) KADOKAWAブース内ステージ
出演:賀東招二(原作)・武本康弘(監督)
※AnimeJapan2014に入場された方であれば無料でご観覧いただけます。
※イベントの混雑状況によっては事故防止のために観覧人数に制限を設けさせていただく場合がございます。
※イベント内容は予告なく変更または中止となる場合がございますので予めご了承ください。

 

【書籍情報】
原作小説「甘城ブリリアントパーク」     
定価(税込): 各巻609円
1~3巻 絶賛発売中!

news-1403071700-c003 news-1403071700-c004 news-1403071700-c005

(C)KADOKAWA CORPORATION 2014

関連リンク

この記事を書いた人