『劇場版「空の境界」未来福音』を、ソニーのヘッドマウントディスプレイで没入体感!

news-1402052120-c001

『劇場版「空の境界」未来福音』を、ヘッドマウントディスプレイ“Personal 3D Viewer”(以下、ヘッドマウントディスプレイ)を使ってより深く堪能する、没入体感キャンペーンが実施される。

本キャンペーンでは、ヘッドマウントディスプレイ『HMZ-T3W』『HMZ-T3』を使った以下の施策を展開し、ヘッドマウントディスプレイによるアニメの新しい楽しみ方を提案していく。

●ヘッドマウントディスプレイ公式ウェブサイト内に『劇場版「空の境界」未来福音』の制作者インタビューを掲載した公式特設サイトを開設
●2月8日~3月3日までの期間、ソニーショールーム銀座、ソニーストア 名古屋・大阪で『劇場版「空の境界」未来福音』のプロモーションビデオをヘッドマウントディスプレイで視聴体感
●アニメイト池袋本店で没入体感イベントを開催

公式特設サイトはこちら!

■没入体感イベント開催概要
日時:2014年2月25日~3月3日 10時~21時
会場:アニメイト池袋本店 9F アニメイトホール
アクセス:東京都豊島区東池袋1-20-7
入場:無料
イベント内容:絵コンテ、原画(複製)展示/描き下ろしオリジナルイラスト展示/
       制作者インタビュー動画上映/ヘッドマウントディスプレイ体感 など
●会場にて劇場版「空の境界」のグッズを2000円(税込)以上お買い上げいただいた方に、
 描き下ろしオリジナルイラストを使った特典をプレゼント。
※数に限りがございます。なくなり次第終了となります。

■ヘッドマウントディスプレイ“Personal 3D Viewer”
頭部に装着することで、映画館のプレミアムシートから鑑賞するような臨場感あふれる体験ができる商品。ソニー独自の「有機ELパネル」を搭載し、高コントラスト、色再現性、優れた動画応答性を生かした圧倒的な映像美を実現。さらに、ソニー独自の光学レンズを採用し、映画館クラスの迫力ある大画面で映像を体感できる。また、左目用と右目用それぞれに独立した映像を表示する「デュアルパネル3D方式」を採用したことで、クロストークのない、自然で明るい高純度な3D映像を楽しむことが可能。音質面では、ソニーバーチャルサラウンド技術「3D VPT(R)(Virtualphones Technology)」を採用。あたかも前方や後方に置いたスピーカーからサウンドが再生されているような音場を再現し、3Dの立体映像と相まってリアルな臨場感を体感できる。
※仮想画面サイズ750型相当、仮想視聴距離約20m。体感サイズには個人差があります。
商品詳細はこちら!

■『劇場版「空の境界」未来福音』
奈須きのこ氏の同名小説を原作とした劇場版「空の境界」は、あらゆるモノの死を視る能力“直視の魔眼”を得た少女・両儀式と、彼女を見守る黒桐幹也が遭遇する怪奇事件を描いた作品。2007年の第一章「俯瞰風景」を皮切りに一章から七章まで映画化され、現在、最新作『劇場版「空の境界」未来福音』が公開中。『劇場版「空の境界」未来福音』ブルーレイ&DVDは2014年2月19日に発売予定。
<ストーリー>
“未来視”の力を持つ爆弾魔・倉密メルカの犯行現場を目撃したことから命を狙われる両儀式。一方、黒桐幹也は“未来視”の力を持つ少女・瀬尾静音と出会う。

(C)奈須きのこ/星海社・アニプレックス・講談社・ノーツ・ufotable

関連リンク

この記事を書いた人