【“1000☆PARTY!!2015”開催記念 1000ちゃんのせーのっ!『おっ昼だぁ~☆』】第5回 イベント開催直前!1000ちゃん役・新田恵海インタビュー!!

1000_680_230

1000ちゃん連載第5回。今回は1000ちゃん役・新田恵海さんに、開催目前の“1000☆PARTY!!2015”で披露される新曲2曲と、改めてイベントに向けての意気込みを伺いましたが……イベント直前のテンションもあってか、主に予想以上に重かったスタッフ一同の愛について、たっぷり語っていただきました!

sp-1510091200-1


2周年を迎えてのイベントが開催できるのは、皆さんのおかげ
1000ちゃんチームの一員として、感謝の気持ちをお伝えできればと思います

――以前のインタビューでは1000ちゃんのイメージについてイノセントな印象を語っていましたが、実際「銀色*粉雪*SnowDays」をはじめ、さまざまな曲を歌いこなしますよね。どういうお気持ちを込めて歌い分けているんでしょう?

新田恵海 私の中で1000ちゃんは自分が演じる役やキャラクターというものとはちょっと別のところにあって。それというのも、私にとって1000ちゃんは”居る”んです! 実在するんです!

――お、おお?

新田 それは私だけじゃなくて、オーイズミさん側のスタッフや宣伝担当も含めてスタッフみんなそんな感じなんですが(笑)、とにかく1000ちゃんがかわいくてかわいくて! だから私は声帯担当のスタッフとして、1000ちゃんを愛でつつ陰ながら支えているというイメージです。1000ちゃんの一部として世に出ていることをうれしく思いますし、天使すぎる1000ちゃんを演じさせていただいているという意識です。

――なるほど、そんな熱い想いがスタッフ一同あったわけですね。となると歌い分けというのも普通の役柄を演じるのとはちょっと違ってきますね。

新田 そうですね、だから例えば「1000☆CHANCE!!」や「ランチタイム♡Rhapsody」は1000ちゃんのキャラソン的な曲なので1000ちゃんの気持ちを伝えることを意識していますが、「銀色*粉雪*SnowDays」とかはオーイズミの宣伝担当のお仕事として、盛り上がる曲や悲しい曲を歌いこなすという意識で、「1000ちゃんならどう歌うかな?」とイメージしながら歌っています。1000ちゃんはメカ少女なものでして、私の中の設定ではインストールひとつであらゆるジャンルの音楽を歌いこなす力が備わっているハイスペックな子なので、アイドルの1000ちゃんが歌に寄せるということを意識しています。

――アーティストを演じる1000ちゃんを二重に演じるような高度な話ですね。

新田 そうなんです、キャラ萌えで歌うことが正解じゃないというのが面白いなと思います。また、音楽を作ってくださってる皆さんはプロフェッショナルで、このあいだ出た新曲の「PARTY×PARTY!!」とかもベースをきちんと生音で収録したり、○○風とかでなく、いろんなジャンルの音楽をきっちり作り上げようっていうなかなので、私の中のハイスペック1000ちゃんをそっちに寄せてと意識していますね。

――1000ちゃんのハイスペックぶりを信頼してか、曲の振り幅も含めて無茶振りも結構ある気がします(笑)。イベントで披露される「ウルトラ☀オレンジ☀ハイテンション」も冒頭からハイスピードな早口で、これをライブでやるのか!と思いました。

新田 よく言えましたよね、さすがメカ少女(笑)。でも”早口1000ラップ”はテイクは少なかったです。早セリフみたいな感じでやると行けるのかもしれません。

――早口も含めて、曲名通り文字通りハイテンションで盛り上がる楽曲になっていますが、お聴きになってどんな曲だと感じましたか?

新田 1000ちゃんの明るさ、無邪気さが出た曲ですね。優しさやピュアさが出た曲はたくさんあったんですけど、お日様のようにみんなを自然に楽しませる部分が凝縮された楽曲だと思います。「盛り上げる!」と意識するんじゃなくて、やっぱり1000ちゃんはとても優しい子なので、みんなで一緒に楽しい時間を共有する、みんなが笑顔になって楽しんでくれることがうれしいっていう気持ちを意識しました。

――コールが入るところがいっぱいあって、まさにライブでの披露が楽しみな曲です。どんな風に盛り上がってほしい、というのはありますか?

新田 曲名にもなっているとおり、この曲はウルトラオレンジで! ハイテンションで! 思いっきりみんなで盛り上がってほしいです。「オレンジ!」「オレンジ―っ!」って掛け声があったりするので、ぜひ、怪我をしないように(笑)、ハイテンションで何も考えず弾けてもらえればいいなと思います。こちらフル尺MVが公開されていますので、ぜひ皆さんライブ前に予習していらしてくださるとうれしいですし、初めて聴いても楽しんでいただける曲だと思いますね。

――声帯担当というお話でしたが、実際ライブではどういうパフォーマンスになるのでしょう? 

新田 実は「好きに煽ってくれ」と無茶振りをいただいておりまして(笑)、私の中の1000ちゃんが試されています! でもやっぱり2年間本当に1000ちゃんとして歌わせていただくことが多くて、音楽としての振り幅もコンテンツの魅力だと思うので、楽曲ごとの楽しさも出せたらいいなと思います。

――「涙色アバンチュール」。こちらは洲崎さん演じるプリマちゃんとのデュエット曲ですね。

新田 曲は切なめといえど、かわいらしい2人の曲というイメージですね。プリマちゃん1000ちゃんは出会った日も浅く友達になったばかりなんですけど、私の中ではWink的な

感じで。そしたら実際音楽スタッフさんはWinkを意識して作ったということで、ピッタリ合っていました(笑)。実はデュエットというていではあるんですが、この曲に関しては主役はプリマちゃんなんですよ。例えて言うならカラオケに3人で行って、プリマちゃんが「歌えるかな?」って不安なときに、1000ちゃんが「私も歌えます!一緒に歌いましょう!」というそのくらいのイメージですね。結果的にデュエットという形になった感じです。1000ちゃんの中のバラード・モードに切り替わらなかったというか、プリマちゃんの世界観に合わせることを意識したというありました。なので声はアーティスト・スイッチの入ってない素の1000ちゃんなんです。

――なるほど! 言われてみると作ってない1000ちゃんらしい声という感じですね。

新田 きっとインポートしたんじゃないんですね(笑)。

――レコーディングはいかがでしたか?

新田 レコーディング的には私が先だったんですが、プリマちゃんとの掛け合いの収録とかは既にやって雰囲気は掴んでいたので、1000ちゃんはきっとプリマちゃんにこう寄り添うだろうなということを意識しました。

――ライブでのパフォーマンスはどうなるんでしょう?

新田 ライブでは1000ちゃんとプリマちゃんの距離感に注目してほしいです。配信のスペシャルドラマを見てくださった方は分かると思うんですが、あの2人の何とも言えない距離感……仲良しなんですけれども、もうちょっと近くに行きたいという距離感というか。その距離感が歌詞にも出ていますね。

――なるほど、一見するとムーディな曲調も相まってラブソングのような歌詞ですけど、2人の微妙な関係性の方がしっくり来ますね。

新田 私は曲をいただいたときからそういうイメージでしたね。もどかしい友達同士の近づきたいけど踏み込めない、今の距離感も素敵という。プリマちゃんは宇宙人で、標準語を喋ってるんですが、興奮したりすると母国語のラーゲー語が出ちゃうんです。私たちには博多弁に聞こえるんですが(笑)、そんなラーゲー語ではない標準語の曲を頑張って歌って、みんなに馴染もうとしているプリマちゃんがすごく思い浮かんで、「もっとこういう言い方すればよかったな」とか反省する切なさを感じるところがプリマちゃんっぽいなと。

――作曲の倉田さんからディレクションはありましたか?

新田 寡黙な方であんまり喋ってはいないんですが、曲に対する情熱だったりというものを曲に込めてくださるので、「ここ立てて欲しいんだな!」っていうのは音として伝わってきて、ある意味分かりやすい方です(笑)。さっきのWinkというイメージが一致したのもそうだと思います。

――バッチリ伝わってますね。

新田 言葉は要らないですね(笑)。チームとして1000ちゃんの本体を作ってくださってるオーイズミさん側が、1000ちゃんらしさを重視してくださって、音楽のスタッフさんが音楽としてのクオリティにこだわってかわいいだけじゃない曲が仕上がるんだと思っていて、だからこそハイスペックメカ、私の中でかわいいマスコットだけじゃない、宣伝担当という形でお仕事をしてるからこそ、マスターの皆さんにお仕事頑張ってねという言葉にも説得力があるところが一致したんだと思います。

――そんななか、今週末に開催される“1000☆PARTY!!2015”に向けて意気込みをお願いします。

新田 出演者ではあるんですけど、どちらかというと最初に言ったようにスタッフとしての気持ちでいまして、2周年迎えて単独イベントを迎えることができるのは皆さんの応援のおかげだと思うので、1000ちゃんを作るチームの一員として、応援してくださってる皆さんに「ありがとう、これからもよろしくお願いします」という気持ちをお伝えできればと思います。

――本当にスタッフ目線ですね(笑)。

新田 もちろん皆さんに楽しんでほしいんですが、皆さんと一緒に1000ちゃんが喜んでくれるような、1000ちゃんと皆さんの笑顔が見られるイベントにしたいなと思っています!

――ありがとうございました!

Interview & Text By 大用尚宏(クリエンタ)


●イベント情報
1000☆PARTY!!2015~thousand and one~」
10月10日(土)【東京】ディファ有明
開場 16:00/開演 17:00
出演:新田恵海、渕上 舞、洲崎 綾
MC:白石 稔
全席指定:5500円(税込)
プレイガイド:チケットぴあ/ローソンチケット/イープラス にて

(C)OIZUMI

 

関連リンク

この記事を書いた人