第3回 今回のテーマはアニメ『デュラララ!!』。真山さん、大いに語ります。

sp-150421-001-c0019

音楽、DJCD……まだまだある『デュラララ!!』の魅力!

——先程真山さんもおっしゃってましたが、キャラクターの濃さはこの作品の大きな魅力ですよね。

真山 とにかくキャラがみんな濃いです。「歪んだ恋の、物語」みたいなモノローグもありましたし、みんな歪んではいるんですけどそれがまた面白いです。視点もポンポン切り替わるじゃないですか。

——群像劇というか、別々の人物の視点をザッピングして一つの事件の色々な面を見ていくという面白さがありますよね。

真山 すべて見てから改めて見返してみるとまたもっと面白くなるんだろうなと思います。キャラクターも面白いですけどお話もやっぱり面白くて、誰にでもお勧めできますね。

——ひとつの事件がいろんな視点で少しずつ解き明かされていくようなものは難しい話作りなので、『バッカーノ!』もそうでしたが成田良悟先生はすごいですね。

真山 原作でも同じ所から始まったり時間が遡ったりして、「この時この人いた!」みたいなことがわかったりしますけど、小説の複雑な所をアニメ化でまとめてさらにわかりやすくしてくれた印象がありますね。……今日はあんまり話に入って来ないねみぞっち(笑)。

みぞっち なんか難しいんだもん。ずっと話してた静雄と臨也がまず、サブキャラだっていうことに衝撃を受けてしまって。

真山 『デュラララ!!』に関しては主人公っぽい帝人くんはあんまりキャラ濃くないからね。

——群像劇としてはまさにひとりひとりが主人公ですよね。第1期を受けての第2期ですが、ご覧になりましたか?

真山 第2期はまだ二話しか見れてないんですよ。小説は読んでるんですけど、第2期だと半年後設定ですよね。

——今回はエゴールやヴァローナが登場して、露西亜寿司が絡んでくるのが個人的には好きです。

真山 サイモン良いですよね!私『デュラララ!!』がきっかけで1人で池袋に行くようになったんですけど、露西亜寿司は実際には池袋にないんですよね。聖地巡礼というか、アニメに出て来た場所をしっかり周ったのは『デュラララ!!』が初めてかも。「ここで自販機投げられたんだ!」とか「あ、ここ標識飛んでったとこだな」みたいな。あと恵比寿にある「びっくり寿司」に似てるんですよ露西亜寿司。

——確かに角にあって似てますねあそこ(笑)。池袋の空気感が鮮明に描かれているのも魅力の一つですね。普通に池袋を歩いているだけでも登場人物になったような気分になれるというか。変な格好してる人を見たら「この人重要人物なんじゃないの!?」と思ったり(笑)。

真山 黒いスーツの人が歩いてたりすると(笑)。

sp-150421-001-c004sp-150421-001-c002

——『デュラララ!!』の音楽についてはいかがですか?

真山 第2期のOPも第1期の1クール目を意識した感じで好きですね。第2期は1話だけリアルタイムで見れたんですけど、それ見た瞬間鳥肌がブワーって立って「これだった!私が好きな『デュラララ!!』こんな感じだった!」みたいな。満を持してという感じがありましたね。

——「HEADHUNT」はスモーキーなロックで、「NEVER SAY NEVER」はロックでも電子音が特徴的だったりして最初のOP&EDに近い雰囲気がありますね。

真山 あの縦に繋がったイラストも素敵ですよね!あれが好きで、どれも好きなんですけど第1期1クール目EDの「Trust Me」が印象深いです。OPも最初の「裏切りの夕焼け」もイメージが強いです。

——『デュラララ!!』というもの自体があの泥臭いようなロックで始まっている印象がありますもんね。主題歌以外ですとキャラクターソングもお聴きになりましたか?

真山 全員分聴きました。CD持ってます。

——さすがです!真山さんからすると生まれる前の曲が大半かと思いますが、元の曲はご存知でしたか?

真山 元を知っていたのは「リンダリンダ」と「津軽海峡・冬景色」と「学園天国」と……あ、でもほとんど知ってたかも。

——なるほど、確かにどれも懐メロとして流れることも多い曲ですからね。

真山 「DIAMONDS<ダイアモンド>」は知らなかったんですが、福山潤さんが女性の曲を歌ってらっしゃるのが面白くて。福山さんは新羅を見てから、ちょっと変態気質のキャラを演じられてると新羅にしか思えなくなってしまって、申し訳ないんですけど『甘城ブリリアントパーク』のトリケンを見ても新羅を思い出しました(笑)。

——ことさら中性的でもないですけど、お嫁さんキャラですよね(笑)。

真山 セルティの嫁です(笑)。第2期のセルティのデレデレ具合は良いですね。小説の方だとそんなにデレデレしてる感じじゃないんですけど、アニメだとやっぱり沢城みゆきさんが素敵に優しげに演じていてかわいいです。女性キャラだとセルティが女子からも一番人気かも。格好良いし、かわいいし、沢城さんはみんな好きだし……沢城さんというのが一番大きいところかも(笑)。あ、そう第1期にちょこっと出て来ただけの聖辺ちゃんのキャラソンがあるの、めちゃくちゃ意外だったんですよ。

——キャラソンの話に戻りますと、曲でいうとどちらがお好きですか?

真山 ボーカル宮野真守さんが来ちゃうともう「リンダリンダ」が。正臣というか宮野さんって感じですけど、宮野さんにしては声が高めなんですよ。

——ROOKiEZ is PUNK’Dの『デュラララ!!』とコラボしたアルバムにも宮野さんが参加されていて、「コンプリケイション -still struggle version-」というのも収録されてるんですよね。アコースティックバージョンで歌詞を全部紀田くんが喋っているという特殊な歌(?)ですが。

真山 懐かしいなあ。まさに弾き語り(笑)。

——DJCDもかなり沢山出ていますよね。

真山 花澤香菜さんと豊永利行さんがどちらも人見知りなんで、こういってはなんですがなかなか埋まらない溝が面白くて(笑)。DJCDを何枚も出しているのに毎回毎回「初対面なのかな?」って思わせるくらいの。仲よしなのは伝わって来るんですけど、人見知りが故の壁を感じるというか、一回リセットされてる感が否めない(笑)。

——豊永さんは以前インタビューをさせていただいたんですが通り掛かった花澤さんと仲よさそうに話されてましたよ(笑)。第2期になって改めてキャストたちに会うと「ここはホームだな」と思えるようになったと仰っていて。

真山 とても良い話が聞けました(笑)。DJCDは必ずオチとして最後豊永さんがMC降板を言い渡されるとか、居ないもの扱いをされたりとか面白かったですね。人見知りなんだなという目線で面白かったのは、沢城さんが出られていた回。二人ともすごく恐縮していて、その回も豊永さんがMC降板させられちゃうんですけど(笑)。沢城さんのあの食えないトークが炸裂していてすごく面白かったです。沢城さんはすごく安心感があって。

——人見知りの二人に対して他の方がベテランですもんね。

真山 無茶振りが出来るようになってからはお二人の距離が傍から聞いてても近付いたように感じたりして面白いですラジオ。

——ゲストも誰が来ても嬉しいし、楽しそうですよね。

真山 以前も言ったかもしれませんが、今見てもやっぱりキャストが豪華ですよね。梶裕貴さんがサブキャラっていうのもあんまり聞かないですし。

——OP&EDやキャラソン、DJCDも聴いているくらい『デュラララ!!』にはかなりどっぷりということで。

真山 どっぷりハマった方だと思います。グッズも買いますよ(笑)!

sp-150421-001-c003sp-150421-001-c005

これからの『デュラララ!!』シリーズに期待することは?

——今まさに第2期が始まったところですが、分割3クールという変わった放送形式ですね。

真山 「承」、「転」、「結」とタイトルも変わるんですよね。作画もきれいでとても安心して楽しんでいます。今回制作会社さんも変わりましたよね。

——そうですね。スタッフィング自体はそれほど変わっていませんが、ブレインズ・ベースから独立した朱夏の初仕事になりますね。因みにちょっとキャラデザは変わりましたね。

真山 変わりました!臨也さんがキラキラしました(笑)。見た印象としては原作寄りになりましたよね。第1期の絵もすごく好きだったんですけど、ヤスダスズヒトさんが好きなので嬉しかったです。ヤスダさん寄りだから基本的にキラキラもしてるんですけど、悪い時の臨也さんの顔がより悪くなりました(笑)。

みぞっち ほんと言い方が評論家だよね(笑)。

真山 いやいや、私なんかまだまだです!

——十分女子高生のアニメの見方じゃない気もしますが(笑)。クールをまたぐこともあって今年はまだまだ『デュラララ!!』が楽しめそうですが、これからの『デュラララ!!』に望むことはありますか?

真山 原作の方は13巻まであって、今は新章のSHに入ってますけど、さすがにそこまではやらないですよね。

——3クールあるから13巻分はきちんと終わりそうですが、描き切るだけでもアニメでは大変そうですね。

真山 一貫したお話はあるんですけど、ある意味どこで切っても面白い、どこから見ても面白いところがあるので、そういう意味ではどこで終わっても安心して見続けられそうです。

——先を知っているという意味で見所や楽しみにしているシーンなどはありますか?

真山 どういう感じにまとめられるのか楽しみですね。原作を読んでからでももちろん楽しめますけど、アニメはわかりやすくまとめてくれているので読まないで見ても楽しめると思います。どっちの順番にするかはそれぞれの好みですけど(笑)。

——自分は第2期は原作を読まずに見ているのでかなり新鮮に、毎回驚きの連続で面白いです。

真山 面白いですよね。最後の方はもう、臨也さんフィーバーなので!個人的には8巻くらいの展開がとても楽しみなんですが、アニメでやるのかな?『結』まであればそこまでは絶対やるとは思うんですけど、アニメでどうなるのか楽しみです!

——次回のテーマは真山さんがこの企画をやるきっかけになった『薄桜鬼』はいかがでしょうか?

真山 そうだ!「土方ルート」のお話から始めたんですよね!(笑)。『薄桜鬼』に関しては話してて途中で辛いルートを思い出して泣いちゃいそうになるけど(笑)、よろしくお願いします!

sp-150421-001-c007

Interview & Text by 大用尚宏(クリエンタ)
Photo By 高橋妙子


【今回紹介したCD】
「デュラララッピング!!-デュラララ!!キャラクターソングコレクション-」
2012年5月23日発売
sp-150421-001-c011
品番:SVWC-7837
価格:¥2,500+税
<CD収録内容>
01. リンダリンダ/紀田正臣(CV.宮野真守)
02. 津軽海峡・冬景色/平和島静雄(CV.小野大輔)
03. 学園天国/竜ヶ峰帝人(CV.豊永利行)
04. ツッパリHigh School Rock’n Roll(登校編)/門田京平(CV.中村悠一)
05. 時をかける少女/園原杏里(CV.花澤香菜)
06. DIAMONDS〈ダイアモンド〉/岸谷新羅(CV.福山潤)
07. すばらしい日々/折原臨也(CV.神谷浩史)
08. ルージュの伝言/セルティ・ストゥルルソン(CV.沢城みゆき)
09. rain tears/聖辺ルリ(CV.藤田咲)

TVアニメ『デュラララ!!』 ED
「Trust Me」/松下優也
2010年2月17日発売
sp-150421-001-c009
【通常盤】
品番:ESCL-3364
価格:¥1,165+税
<CD収録曲>
01. Trust Me
02. ふたり
03. Trust Me(Instrumental)
04. ふたり(Instrumental)

TVアニメ『デュラララ!!』DJCD『デュララジ掲示板 観察日記』
2010年4月21日発売
sp-150421-001-c010
品番:FCCM-0317
価格:¥2,800+税


■真山りか デビュー・シングル「Liar Mask」
NOW ON SALE
【初回生産限定盤(CD+DVD)】
sp-150421-001-c0018
品番:DFCL-2095〜96
価格:¥1,667+税
<CD収録曲>
M1:Liar Mask(TVアニメ『アカメが斬る!』第2クールOPテーマ)
作詞:Tomo. × 大塚剛毅 作曲:Tomo. × 大塚剛毅 編曲:Tomo. × 大塚剛毅、秋月須清
M2:蜃気楼
作詞:acane_madder 作曲:北川勝利 編曲:北川勝利
M3:Liar Mask instrumental
<DVD収録内容>
・「Liar Mask」MUSIC VIDEO
・Making of Liar Mask
・2014.9.1 真山りかデビューサプライズDAY密着ドキュメント

【初回仕様通常盤(CD)】
sp-150421-001-c0016
品番:DFCL-2097
価格:¥1,204+税
<収録曲>
M1:Liar Mask
M2:蜃気楼
M3:Liar Mask instrumental

【期間限定&初回仕様盤(CD+DVD)】※デジパック仕様
sp-150421-001-c0017
品番:DFCL-2098〜99
価格:¥1,667+税
<CD収録曲>
M1:Liar Mask
M2:蜃気楼
M3:Liar Mask anime size
M4:Liar Mask instrumental
sp-141101-001-c007
<DVD収録内容>
・TVアニメ『アカメが斬る!』ノンクレジットOP映像
・Interview by「リスアニ!」

(C)タカヒロ・田代哲也/スクウェアエニックス・「アカメが斬る!」製作委員会

私立恵比寿中学2nd full Album『金八』
NOW ON SALE
【初回生産限定盤(CD+Blu-ray)】

sp-150421-001-c013
品番:DFCL2115~6
価格:¥4,444+税

【初回仕様通常盤(CD)】
sp-150421-001-c014
品番:DFCL2117
価格:¥2,778+税

<CD収録曲>
1. 私立恵比寿中学の日常(Prologue):二乗の事情<脚本:しりあがり寿>
2. 金八DANCE MUSIC<作詞・作曲:前山田健一 編曲:さつき が てんこもり>
3. 未確認中学生X(金八ver.) <作詞・作曲:IMAKISASA 編曲:APAZZI、IMAKISASA>
4. テブラデスキー~青春リバティ~<作詞・編曲:田村歩美(たむらぱん)作曲:池住祥平>
5. キングオブ学芸会のテーマ~Nu Skool Teenage Riot~<作詞:仮屋一時 作曲:吉田哲人 編曲:吉田哲人・el poco maro・有木竜郎>
6. 私立恵比寿中学の日常(Interlude):早弁ラップ<作詞・作曲・編曲:DJみそしるとMCごはん>
7. バタフライエフェクト<作詞・作曲・編曲:U-re:x>
8. ちちんぷい<作詞:あだるとゆうくん 作曲:ウイ・ビトン 編曲:魔法少女になり隊>
9. U.B.U.(金八ver.) <作詞:池田貴史・マネキン先生 作曲・編曲:池田貴史>
10. フユコイ<作詞・作曲:田仲圭太 編曲:松隈ケンタ>
11. PLAYBACK<作詞・作曲:久保田真悟(Jazzin’park)・栗原暁(Jazzin’park) 編曲:久保田真悟(Jazzin’park)>
12. 幸せの貼り紙はいつも背中に<作詞・作曲:平野航 編曲:WK1(鈴木慶一+曽我部恵一)>
13. ハイタテキ!<作詞:TAKUYA・MEG.ME 作曲:TAKUYA 編曲:TAKUYA・Keisuke Iizuka>
14. 大漁恵比寿節<作詞・作曲・編曲:井手コウジ ホーンアレンジ:田中優至(奇妙礼太郎トラベルスイング楽団)>
15. 買い物しようと町田へ<作詞・作曲・編曲:大内正徳 ホーンアレンジ:鬼頭哲(渋さ知らズ、KITO,Akira Brass Band ! )>
16. 私立恵比寿中学の日常(Epilogue):蛍の光(Demo)<作詞・作曲・編曲:尾崎世界観>

<Blu-ray>(初回生産限定盤のみ)
LIVE FOOTAGE from「エビマニVol.1~逆襲の干され曲~」@舞浜アンフィシアター(2014年10月19日)
※貴重!!8人体制初となるパフォーマンス含むB面楽曲のみを初映像化!
「結果オーライ」「歌え!踊れ!エビーダダ」「パクチー」「Another Day」「大好きだよ」「新・青春そのもの」他

関連リンク

この記事を書いた人