17歳の全力。”セガネットワークスファン感謝祭2013″「アンジュ ・ヴィエルジュ~第2風紀委員 ガールズバトル~」スペシャルステージ・ライブレポート!

 sp-140108-001-c001 sp-140108-001-c002 sp-140108-001-c003

年の暮れも押し迫った12月28日、秋葉原UDX2階のAKIBA SQUAREにて”セガネットワークスファン感謝祭2013”が開催された。「ぷよぷよ!! クエスト」「チェインクロニクル」、そして12月17日に配信がスタートした「アンジュ・ヴィエルジュ ~第2風紀委員 ガールズバトル~」など、セガネットワークス社のスマートフォンアプリをプレイしているユーザへ向けた、初のファンイベントである。その終盤、「アンジュ ・ヴィエルジュ~第2風紀委員 ガールズバトル~」にて、同作品の主題歌「Tears BREAKER」を歌う鈴木このみのミニライブが催された。

sp-140108-001-c004

鈴木このみが姿を見せたのは、主演声優陣7名の生アフレコによるミニドラマ「出張版 青蘭学園 放送部」が終わった直後。ゲームの事前登録特典として、鈴木本人をキャラクター化したカードが限定配信されており、ステージ衣装はキャラクターたちが通う青蘭学園の制服を再現したものだ。さらに鈴木このみカードのムービーが流れると、ステージ上の声優や観客から「可愛い!」との声が。アフレコでは緊張したと語る鈴木だが、彼女が普段話す関西弁での演技はむしろ好評だった。

sp-140108-001-c005

ここでステージは一度終了し、若干のインターバルを経ていよいよライブが始まった。「Tears BREAKER」のイントロと同時に再び登壇した鈴木は、先ほどまでのややはにかんだ感じから一転、激しい振りつけで堂々たるステージングを展開。小さめの会場とはいえ、パワフルな歌声には驚かされる。間奏での煽りも見事なもので、観客のボルテージはいきなり高まっていた。

sp-140108-001-c006

歌い終わった鈴木は、よく通る声で「みなさん、こんにちはー!」と挨拶。最近は2月26日発売のファーストアルバム『17』へ向けてレコーディングの日々だという。ほぼ録り終えているものの、1年前、16歳のときに収録した曲を「今、17歳の自分の全力をぶつけたい」と考えて歌いなおしたところ、まったく違ったものになり驚いたそうだ。この1年、3枚のシングルリリースを経て大きな進歩を遂げたことの証だろう。

sp-140108-001-c007

次に”15歳のときの曲”であるデビュー曲「CHOIR JAIL」(TVアニメ『黄昏乙女×アムネジア』OP曲)。改めて、鈴木の若さと、それを感じさせない歌の上手さを実感する。その後のMCはクリスマスの話題。今年はケーキを1つしか食べなかった!サンタが来なかった!クリスマスイブはレコーディング後にホテルでヒゲや眉毛を描いて遊んだ……と語る鈴木は年相応の素顔を見せていた。

sp-140108-001-c008

そして、「皆さん、今年リア充しましたかー?」と観客に呼びかけると、「いいえー!!」の大合唱。「リア充になれなかった人と私のためにこの曲を!!」と叫んで始まったのは、TVアニメ『私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!』のOP曲(タイトル同じ)。メタル調の激しいバックトラックに合わせ、鈴木も観客も、鬱憤を晴らすように飛び跳ね、盛り上がる。最後は会場中が一丸となり、サビのラストフレーズ「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」を絶叫していた。

sp-140108-001-c009

その後、世界史選択なので世界中の色々なものを見て回りたいというMCを挟み、「世界は疵を抱きしめる」(TVアニメ『フリージング ヴァイブレーション』EDテーマ)、「夢の続き」(TVアニメ『さくら荘のペットな彼女』新OPテーマ)を2曲続けて披露。観客のコール&レスポンスも次第に上手くなってきた。まったく疲れを見せない鈴木は、ここで長めのMCに入る。アルバムのタイトルは『17(seventeen)』。17歳の今は大事な時期で、やらなければならないこともやりたいこともたくさんある。観客を見ていると、頑張らなければという気持ちになる。3月15日に都内でワンマンライブを行うが、地元の大阪でもやりたい。友達といい青春を送りたい。どんな曲でも歌いこなせるようになりたい――。熱っぽく夢を語る鈴木は、とても輝いて見えた。

sp-140108-001-c010

6曲目はTVアニメ『フリージング ヴァイブレーション』OP曲「AVENGE WORLD」。そして、「今日は感謝祭なので、最後に皆様に感謝をこめて!」という言葉とともに、ラストナンバー「DAYS of DASH」(TVアニメ『さくら荘のペットな彼女』EDテーマ)を歌い、ミニライブは幕を閉じた。最後まで、若干17歳とは思えない、圧倒的な力量を見せつけたステージだった。ワンマンライブのサブタイトルは「鈴木っ!! 走るなっ!!」となっているが、それとは裏腹に、鈴木このみは2014年も突っ走るに違いない。期待をこめて、筆者はこう言いたい。「鈴木っ!! 走れっ!!」

【ライブデータ】
セガネットワークスファン感謝祭2013「アンジュ・ヴィエルジュ~第2風紀委員 ガールズバトル~」
スペシャルステージ&鈴木このみライブ
2013.12.28(sat) @東京・AKIBA SQUARE

【セットリスト】
M01: Tears BREAKER
M02: CHOIR JAIL
M03: 私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い
M04: 世界は疵を抱きしめる
M05: 夢の続き
M06: AVENGE WORLD
M07: DAYS of DASH

関連リンク

この記事を書いた人