TVアニメ『ReLIFE』OPテーマ「ボタン」リリース記念 PENGUIN RESEARCHインタビュー!

int-160906-main 

放送中のTVアニメ『ReLIFE』のOPテーマ「ボタン」を担当しているPENGUIN RESEARCH。デビュー曲「ジョーカーによろしく」から3作連続で主題歌を受け持つことになった彼らが本作でめざしたこととは?メンバーに話を聞いた。

――PENGUIN RESEARCH、なんと主題歌が3ク-ル目!

堀江昌太 まさか3クール続くとは。

――前作はアニメ『マギ シンドバッドの冒険』のOPテーマ「スポットライト」でしたが、そちらの反響はいかがでしたか?

生田鷹司 「ジョーカーによろしく」(アニメ『デュラララ!!×2 結』EDテーマ)からの流れがあったので、あの曲のようなサウンドを期待されている方も多かったんですが、結果としてポップな曲調と歌詞の世界観も含めて「スポットライト」で良かった、作品にすごく寄り添ってる、という声が聞かれました。

新保恵大 今、カラオケに入っているPENGUIN RESEARCHの曲では、ダントツで「スポットライト」が人気らしいですし。

――そこからのアニメ『ReLIFE』OPテーマである「ボタン」です。爽やかなこの曲はどのように作っていったんでしょうか。

堀江 一度あることは二度あって、二度あることは三度あるんですが。今回も元々あった曲を「この曲はどうでしょうか」とお渡ししたところ、決まった、というこれまでと同じ経緯なんです。でも今回は『ReLIFE』のアニメ化のお話を聞いて、曲を作ったんです。デモを作って、オケまで作ったんですけど、そっちではなくこの「ボタン」が決まった。元々はEDテーマっぽい曲として提出していたんですね。OPテーマ用には新しいデモを作って。それが気に入っていただいて、まさかOPテーマになるとは。これまでのアニメも全部そうなんです。新しく作った曲は選ばれず、元々あった曲が選ばれる……。不思議な縁ですね。

――そもそもあった曲が出てくることが多いみなさんですが、活動を始めてそれほど長い時間が経っていないのにどれだけのストック曲を持っているのかなと。

神田ジョン これがデモの4曲目なんですけど……。

堀江 もうそれでストックがゼロなんですよ。

生田 出し尽した感(笑)が。

神田 リリース・ペースがそこそこ速い感じなので、すごく楽曲があるような印象はあると思うんですけど。

堀江 制作速度が追いついてないんです。作った曲を、うまくはまるようなタイアップに使っていただきたいと考えてはいるんですけど。今回のデモも、このメンバーが集まって最初に「こういう音楽をやっていきたいバンドなんです」ってことをメンバーやクライアントのみなさんにイメージとして提示するときに作った曲で。それもこの曲は元々青春とか学生時代をテーマに作っていたので、『ReLIFE』の楽曲の話があると言われたときに、新曲を作るのと同時に「でしたら、聴いていただきたい曲があります」と言ったくらい、僕の中ではしっくり来ていたんです。だけどオープニングになるとは想像もしてなくて。「今から青春がスタートするよ!」という幕開けというよりは、しんみりするところもありつつ前を向かなきゃ、という切ない曲だったので「もし良かったら」と提出した曲だったんです。

――実際に採用となったことで作品に向けて変えていったところはあるんでしょうか?

堀江 変えようかという話も出たんですけど、詞も変えず、ほとんどそのままでした。自分としては現状ですごくしっくり来ていたので、それも踏まえて、このままいこうということにしてもらいました。

神田 すごく長文のメールを送ってたよね。熱意とこだわりを。

堀江 個人的にはこのままいった方が、この曲を選んでもらった縁も廻り合わせも含めてハマるだろうと思ったので。ものすごく長いメールを送ったんですが、先方からも「じゃあ、このままで」と言っていただけたので、最初に作ったままの形で今に至ります。

神田 この曲はリハやライブでもそうなんですけど、弾き終えた後に「いい曲だ…」ってなるんですよ。

新保 なるなる。必ずなる。譜面を書きながらも「これはやばい」ってワクワクするような感じだったんです。これはイケる、という根拠のない自信が湧いてくる曲でしたね。最初に合わせたときには涙ぐむほどの高揚感があったんです。

柴崎洋輔 フルバージョンが出来た時点でみんな、「これはすごい曲が出来た」って思ったよね。

神田 みんな、なる。バンドで合わせながら、回を重ねるごとに「これはいい曲になる」って思うんですよね。出来た頃から話していたのは、この曲は妥協のないタイミングでリリースしたい、ということで。それがこんな大きなタイアップでリリースできるのは光栄だな、と感じます。

柴崎 それとこの曲に関しては、最近はライブの度にお客さんに伝わっているなってことも感じるんです。先日、専門学校で演奏したときに、目の前にいたのは本当に僕らのことを知らないお客さんだったんですが、涙ぐむ人もいて。この曲が誰かのための曲にもなっていってるんだな、というのも感じましたね。

――歌詞を変えていないというのも驚きです。だってこの歌詞、完全に『ReLIFE』の世界とリンクしているじゃないですか。

堀江 不思議な縁で。元々お話をいただく前からあった曲ですし、最初に作ったときの僕は、成人式のイメージを込めていて。成人式って、学生の時間が終わって、各々が外へ出て行った数年後にまた会うじゃないですか。そこで感じた「あの頃は気づかなかったな」というような気持ちを書いたんです。1回終わったものを改めて見て感じる青春というか。一度過ぎ去ってから思う若かりし頃の話。『ReLIFE』もそんな部分もある。シチュエーションは違うんですが、もしも『ReLIFE』のお仕事としてこの曲に歌詞をつけたなら、全く同じ歌詞を書くだろうなと思いましたね。

――そんな歌詞。歌っていていかがですか?

生田 今回のレコーディングでは各々が「ボタン」に対してこうしたいんだ、というものを音に込めたんですね。それで僕は地元の友だちのことを思い出していたんです。僕は小学校から一貫校でずっと同じ友だちといたんですが、上京するときにあまり深く言葉を交わさずに出てきたんですね。そういう同じ仲間といた日々が、今の僕を支えているなってことを思ったんです。その時間は確かに温かいけど、でも僕は前へ進まなきゃいけないし、その時間の温もりが僕を支えてくれてるなと感じたので、昔を想う切なさと、前へいくぞという気持ちが入り混じって……歌っていて大変です。

――アニメのOP映像をご覧になっていかがでしたか?

生田 歌詞とのリンクがすごく良くて。特にサビの後半。「全部消えて」って歌詞でみんな消えるんですよ。そこで鳥肌が立つんです。何度見ても。

神田 そこまでは明るくポップな感じなのに。

生田 あの切なさ、儚さ。

神田 堪らない。

――ところでそんな「ボタン」の入っていたデモ、何曲中何曲を使ったんですか?

堀江 5曲作ったんですけど、そのうち実質、演奏しているのが4曲。さらにその4曲の中に「ジョーカーによろしく」「スポットライト」「ボタン」があって、もう1曲はアプリゲーム「バンドやろうぜ!」の曲になりましたね。なのでストックはもうないんです。それで今回のカップリングの2曲は新曲になりますね。

――カップリングは「brave me」と通常盤には「旅人の唄」。この2曲は「ボタン」に繋がる印象がありますね。

堀江 シングルのときはテーマをそろえたり、歌メロがはっきりした楽曲でそろえたいと思っていて。「brave me」は青臭い感じや僕らが思う青春の感覚を新曲にしたいと思った曲で。「旅人の唄」は自分のイメージに近い風景の写真を見せて、メンバーとイメージを共有しながら録った、旅をテーマにして書きました。

――そんな今作の写真がすごくいいですね。

堀江 イメージはバンド部のOBですね。PVもそのイメージで録りました。新たな青春を楽しんでいる大人たちという感じですね。

――ライブも楽しみになりますね。

生田 PENGUIN RESEARCHとしてライブもやってきたんですが、ライブをやりながら「PENGUIN RESEARCHとは何ぞや」とずっと考えていたんです。それでこの1か月2か月でいろんなアーティストさんと対バンをしたことで自分たちのことも見えてきて、バンドの体勢に変革もあって、ライブがよくなってきたんですね。僕ら自身すごくいいライブを、楽しんでできているので、ぜひライブツアーに遊びに来ていただいて「今日は最高だったね」って帰ってほしいと思うので、一緒に楽しみましょう!

Interview&Text byえびさわなち


●リリース情報
PENGUIN RESEARCH 3rdシングル
「ボタン」
9月7日発売

【期間限定通常盤(CD+DVD)】
int-160906-003

品番:SECL-1978~1979
価格:¥1,600(税込)

<CD>
1.ボタン
2.brave me
3.ボタン(instrumental)

<DVD>
1.「ボタン」MV
2. TVアニメ『ReLIFE』ノンクレジットOP映像

【通常盤(CD)】
int-160906-002

品番:SECL-1977
価格:¥1,300(税込)

<CD>
1.ボタン
2.brave me
3.旅人の唄
4.ボタン(instrumental)

●ライブ情報
Penguin Go a Road 2016 ~東奔西走腹滑り~
9月19日(月・祝)梅田Zeela
9月22日(木・祝)吉祥寺CLUB SEATA
OPEN/START 17:00/17:30
チケット料金:前売り¥3,000(Dr別)/当日¥3,500(Dr別)
イープラスにてチケット発売中!

関連リンク

この記事を書いた人