飯田里穂、”tour of KISS3″ツアーファイナルレポート!

int-160525-001-c007

4月16日(土)赤坂ブリッツにて、飯田里穂のライブツアー”tour of KISS3″の千秋楽が行なわれた。
昨年ソロアーティストデビューを果たしてから初のワンマン・ライブ・ツアーであり、生バンドを背負ってのツアーということもあって、ツアーを経ての成長ぶりも見せつける内容となった。
春らしいカーディガンにロングスカート、カラフルなリボンでポニーテールに結い上げた飯田里穂が登場すると場内には歓声が沸き起こる。

int-160525-001-c005

まずはアルバム『rippi-rippi』から「青空プロローグ」、そして「Hello Brand-new Girl」を披露。間奏では「今日は楽しむ準備できてますか!?行くぞー!」と声をかけ、はしゃいでファンと一緒に声を出したり、しゃがみこんで最前列の観客と目を合わせたりと、来場したファン一人ひとりを確かめるように、楽しそうに歌う姿が印象的だった。

MCでは「”tour of KISS3″ほんとのほんとにこの公演が最後でございます!」という言葉に「えー!」と残念がる声があがると「『えー!』だよね!でも『えー!』だけど『イエー!』じゃない?」と話し、「最高のツアーの締めくくりステージになるように盛り上がって行きましょう!」と客席を盛り上げる。

続いて披露したのは「わたしのパレット」。歌い出しはピアノでアレンジされ、飯田もマイクを構えてしっとりと歌い出しながら、音色が増える曲後半には客席にマイクを向けてコーラスを求めるなど楽しげな様子で歌う。ジャジーなピアノ・ソロからイントロへ、ラグジュアリーなR&B曲「永遠ほどじゃなくても」は、生バンドらしいアレンジが楽曲へ仕上がっていた。

続くMCでは「次の曲は今日は聴かせたい人が来てくれたのですごく歌いたかった!」と語り、「皆さんの協力で盛り上げてください」とハンドクラップとシンガロングの練習を経て演奏に入る。その曲とは飯田のソロデビュー・アルバムに向けて、盟友・南條愛乃が歌詞を贈った「まだ言えないけど、○○○」。爽やかなスローバラードな本曲は、曲中ふんだんにシンガロングが盛り込まれて、まさにライブでこそ真価を発揮する楽曲。会場一体となって万感の想いを込める。

 スピーディかつシリアスな楽曲「Stargazer」と、キュートな四つ打ち楽曲「Love Motion」は、対照的な曲調ながらもライブで盛り上がりやすい楽曲ということで、客席のボルテージがグッと上がる。

MCでは「ツアーだからこそやれること」ということで、「KISS! KISS! KISS!」の振り付け講座からキスマーク型のペンライトの話に。若干インパクトの強いデザインに対して、「かわいいはずだったのに、めっちゃ気持ち悪い!?(笑)」と話して、会場を沸かす。

int-160525-001-c003

話題は次の楽曲「キミへの帰り道」の話へ。μ’sを含むこれまでの活動を振り返って、「活動の幅を広げていく中で、「おかえり」と「ただいま」を言える場所がこういったライブでありたい」と語り、そんな彼女とファンの関係性を畑亜貴が描く本曲。言葉ひとつまで想いを込めるように歌う。さらに流れるように次曲、ソロデビューへと活動の幅を広げる初めの一歩となった「始まりたいカノン」へ。彼女の活動を追いかけてきたファンにはたまらない流れとなった。

盛り上がりそのままに振り付け講座の真価が発揮されたシングル曲「KISS! KISS! KISS!」。ディスコファンク調の踊れる楽曲は全員で唱和するのにピッタリ。クライマックスに相応しい盛り上がりとなった。

ライブ本編のラストは、バラード曲「あなたがいたから」。ピアノ伴奏と独唱から始めて、サビでは客席にマイクを向けてシンガロング。名残を惜しむように「もう一回!」と何度もみんなで歌う姿が印象的だった。そのまま曲を終えたかと思いきや、湧き上がる客席を手振りで抑え、なんとマイクも下ろしてのアカペラ独唱でサビを熱唱。本当の意味で生の歌唱をしっかりと場内に響かせて一礼。万雷の拍手の中、笑顔で退場していった。

int-160525-001-c004

Tシャツを纏ってのアンコールでは、「ツアー中にTシャツに鋏を入れ過ぎてしまった」と新たに下ろしたTシャツを披露。ポイントは背中のところを縞に切り抜いてハート型にしたところ。この日のライブはニコニコ生放送でも中継していたため、カメラに向かっても見せる。

気になるアンコール曲は、なんと7月に発売されるセカンドシングル「片想い接近」を先行で初お披露目!作詞に筋肉少女帯の大槻ケンヂを迎えての新曲となる本曲は、ノリのいいサウンドにかわいらしい歌詞やセリフ・パートなど聴きごたえたっぷり。バンド編成もいいが、歌詞と見比べながらのCD音源も楽しみな楽曲だ。

アンコール・ラストは最後に残ったアルバム曲、自らが初作詞に挑戦した「7月29日」。ファンへの気持ちを込めた歌詞を、みんなに向けて、みんなと一緒に歌いあげ、曲が終わるといつまでも客席と別れを惜しみながら退場していった。

デビュー以来発表した楽曲をすべて歌い終えてツアー・ファイナルは大団円を迎えたが、ここで明るくなった客席から「もう一回!」のアンコールが。歓声のなか、再び飯田とバンド・メンバーが登場!まさかのダブル・アンコールをこの日2回目の「KISS! KISS! KISS!」で締めた。バンドも全員前に出てのお祭り騒ぎ、サビではあえて音をはずして声を張り上げながら客席に問いかけるように歌ったり、歌詞を「ツアー最後ありがとう!」「またみんなでライブしようね!」と気持ちを込めた替え歌をしたりと全身全霊でステージを楽しみ、ライブを終えた。

int-160525-001-c006

生バンドと息を合わせてみんなで歌える楽曲から歌唱力を発揮したバラードまで披露し、ツアーで歩んできた道のり、ソロデビューからの道のりを振り返るようなライブとなった”tour of KISS3″ツアーファイナル。さらにそれだけでなく、声優・アーティストとしての道を振り返り、ファンとの絆を再確認するようなライブでもあった。

7月には披露された新曲「片想い接近」の発売、そして8月にはニューアルバムの発売、秋には第二弾ツアーを予定している。歩み続ける彼女の成長から目が離せない。

“tour of KISS3″ファイナル公演
4月16日(土)【東京】赤坂BLITZ

セットリスト
01.青空プロローグ
02.Hello Brand-new Girl
03.わたしのパレット
04.永遠ほどじゃなくても
05.まだ言えないけど、◯◯◯
06.Stargazer
07.Love Motion
08.キミへの帰り道
09.始まりたいカノン
10.KISS! KISS! KISS!
11.あなたがいたから

en01.片思い接近
en02.7月29日

wen01.KISS! KISS! KISS!


●リリース情報
2ndシングル
「片想い接近」
7月6日発売

【初回限定盤A(CD+Blu-ray)】
品番:TKCA-74378
価格:¥1,852+税

 

【初回限定盤B(CD+DVD)】
品番:TKCA-74379
価格:¥1,389+税

<CD>
M-1 片想い接近
M-2 シリウス
M-3 片想い接近(instrumental)
M-4 シリウス(instrumental)

<Blu-ray/DVD>
「片想い接近」ミュージックビデオ&メイキング

【通常盤(CD)】
品番:TKCA-74383
価格:¥1,111+税

<CD>
M-1 片想い接近
M-2 シリウス
M-3 單相思接近(※片想い接近 中国語 Version)
M-4 片想い接近(instrumental)
M-5 シリウス(instrumental)
M-6 單相思接近(instrumental)
※全種秋ツアーチケット優先販売申込券封入

ニューアルバム『rippi-holic』
8月17日発売

【初回限定盤A(CD+Blu-ray+40Pフォトブックレット)】
品番:TKCA-74390
価格:¥4,500+税

【初回限定盤B(CD+DVD+40Pフォトブックレット)】
品番:TKCA-74391
¥3,800+税

【通常盤(CD)】
品番:TKCA-74395
価格:¥3,000+税
※初回A・Bのフォトブックレットは絵柄が異なります。

●イベント情報
「片想い接近」『rippi-holic』予約イベント
5月29日(日)埼玉 イオンタウン上里
6月4日(土)東京 AKIHABARAゲーマーズ本店
6月18日(土)福岡 ゲーマーズ博多店(代々木アニメーション学院)
6月18日(土)福岡 アニメイト小倉
6月25日(土)札幌 ゲーマーズ札幌店
6月25日(土)札幌 HMV札幌ステラプレイス
※他、多数追加予定

※参加方法等の詳細はこちら

イベントに関する問い合わせは下記まで。
徳間ジャパンコミュケーションズ 販売促進部 03-6381-7761(平日10:00~18:00)
※イベント店への直接の問い合わせはご遠慮ください。

●ツアー情報
第二弾ソロ秋ツアー
11月19日(土)愛知 名古屋ボトムライン
 (問)サンデーフォークプロモーション 052-320-9100
12月4日(日)東京 日本橋三井ホール
 (問)KMミュージック 045-201-9999
12月29日(木)大阪 UMEDA AKASO
 (問)サウンドクリエーター 06-6357-440

関連リンク

この記事を書いた人