ClariSが開催した待望の1st Tour『夢の1ページ』のファイナル公演をレポート!

int-1603251200-c002

ClariSの記念すべき1st Tour『夢の1ページ』が3月20日(日)Zepp Tokyoでついに千秋楽を迎えた。

東名阪を巡った全4公演の締めくくりとなったこの日。物語の案内人であるうさぎの“くまさん”の導きによって、オーディエンスはClariSが生み出す映像と音楽、そしてパフォーマンスがシンクロする夢の世界へと誘われた。

int-1603251200-c005

OPナンバーは「本当は」の幻想的で壮大なインストゥルメンタルから。続く「Prism」では生命の芽生えと胎動を感じさせるCGに合わせて、ふたりのイメージ・カラーであるクララ=パステル・ピンク、カレン=パステル・グリーンが螺旋のように絡まり合ってついにライブはスタート。歓声に包まれるなか、場面は入れ替わり、ClariSは純白の衣装で登場し1stシングル「irony」を畳みかける。楽曲のストーリー展開に合わせてClariS城へと至ると、メロディとリズムが映像を伴った演出で眼前いっぱいに溢れ出すなか、絶妙なコンビネーションのダンスと歌声を披露していく。そのまま物語は進行し、「ハルラ」に合わせて色とりどりの花が咲き誇り、春の訪れを印象付けた。春満開のムードの中「カイト」でふたりがスクリーンに描いた「Welcome」の文字に、ひときわ大きな歓声が巻き起こる。そして何より、ClariSの溌剌とした歌声で会場は多幸感に包まれていった。

int-1603251200-c006

スクリーンの中で本のページが一斉に舞い散り、夏の海岸をイメージさせる世界へとアクセス。抜けるような青い空と美しい海が印象的な世界観の中で「CLICK」、そして「STEP」を披露。ヒット・シングルの連続に会場のボルテージが上がり続けるなか、カレン加入後最初のシングルとなった「border」でますます会場全体が熱気を帯びていった。続く「pastel」ではスクリーンの中で多彩な打ち上げ花火が次々と打ちあがるなか、それぞれのイメージ・カラーが灯されたペンライトを手に持ちClariSが登場。オーディエンスと完璧にシンクロする振付を披露するふたりの姿は、ライブを心から楽しんでいたように見えた。

「YUMENOKI」や「プロミス」「サヨナラは言わない」などライブの軸となるストーリーをしっかりとセットリストで追いながら、季節も春・夏・秋と次々に巡っていく。幕間となった「グラスプ」では会場内に雪が舞い散り、ライブで味わう楽曲の情感を徹底的に演出し尽くしていた。

「最後の曲になります」。そう宣言し披露されたのは、3月2日に発売されたばかりの初のコンセプト・ミニ・アルバム『SPRING TRACKS -春のうた-』から「ひらひら ひらら」。振り袖姿で登場したふたりが桜吹雪の中で凛々しく舞い踊る姿は、まさに圧巻の美しさだった。

int-1603251200-c004

本編終了後もClariSを求める歓声は鳴り止まない。その声に応えて出てきたふたりは、クララ=うさぎ、カレン=猫の帽子を被って登場。ここで初めて、ゆったりと時間をとったMCが披露された。

心から楽しいツアーだったこと、「pastel」の振りをみんなが覚えてくれたこと、ツアーが終わってしまう寂しさ……様々な感情をふたりで言葉にしながら、「これからも感謝の気持ちを届けていきます!」と、力強い決意を表明するClariS。そしてここで、ふたりから重大発表が待っていた。なんと! ついにClariS史上初のホール・コンサートとなるパシフィコ横浜国立大ホール公演が9月17日・18日に決定! これ以上ないほどの熱狂と歓喜に包まれるなか、ふたりは大ブレイクのきっかけとなった2ndシングル「コネクト」を披露。祝祭感に満ち溢れるなか、「君とまた物語がはじまるの」と歌う「reunion」で、千秋楽公演を大団円で締めくくった。

“新感覚☆レトロフューチャーユニット”というかつてないコンセプトの下、多彩な音楽性とパフォーマンスでポップ・ミュージックを更新し続けるClariS。“夢の1ページ”はまだ開かれたばかり。ふたりから、今年はまだまだ目が離せそうにない。

TEXT BY 冨田明宏

<3月20日(日)セットリスト>
01. 本当は
02. Prism
03. irony
04. ハルラ
05. カイト
06. Dreamin’
07. CLICK
08. STEP
09. border
10. pastel
11. nexus
12. 恋磁石
13. YUMENOKI
14. pieces
15. カラフル
16. with you
17. アネモネ
18. プロミス
19. サヨナラは言わない
20. グラスプ
21. ひらひら ひらら
ENCORE
01. コネクト
02. reunion


●リリース情報
コンセプト・ミニ・アルバム
「SPRING TRACKS -春のうた-」
発売中
【初回生産限定盤(CD+描き下ろしClariSイラストポストカード5枚)】
news-1603092200-2
品番:SECL-1856
価格:¥2,000+税
【通常盤(CD)】
int-1603251200-c009
品番:SECL-1857
価格:¥1,667+税
<CD>
1. ひらひら ひらら(オリジナル新曲)
2. さよならメモリーズ(原曲:supercell)(2011年)
3. sakura(原曲:NIRGILIS)(2006年)
4. 明日、春が来たら(原曲:松たか子)(1997年)
5. 赤いスイートピー(原曲:松田聖子)(1982年)

<描き下ろしイラスト担当イラストレーター>
1.ひらひら ひらら:高野音彦
news-1602091930-3

2.さよならメモリーズ:タイキ
news-1602091930-4

3.sakura:いぬもと
news-1602091930-5

4.明日、春が来たら:NUKO-D
news-1602091930-6

5.赤いスイートピー:NOB-C
news-1602091930-7

©SME Records

関連リンク

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人