もっと特別な景色をみんなと見たい!――<黒崎真音LIVE TOUR 2016“Mystical Flowers”>レポート!

news-160130-c001

1月11日赤坂BLITZにて、<黒崎真音LIVE TOUR 2016“Mystical Flowers”>が行なわれた。

昨年11月にリリースしたアルバム『Mystical Flowers』の名を冠した東名阪ツアーの初日である今回のライブ。さらに昨年のツアーファイナルに続き、赤坂BLITZでの黒崎真音自身の誕生日に近いバースデーライブであると同時に、新年最初のライブとして昨年の成果と2016年への意気込みを見せつけるライブとなった。

赤坂BLITZの会場内は開始前から熱気と期待に満ち溢れていた。そんななか、白いケープにレイヤードスカート、一点フェティッシュな黒いブーツという冬らしい出で立ちで黒崎真音が登場! 「Mystical Flowersツアー行くよー!」という開幕宣言とともに、アルバム1曲目の「LIMIT BREAK」を歌い出してライブがスタートする。曲中、再びこの舞台に立ったことを噛みしめるように、一瞬愛おしそうに客席を眺め渡したのが印象深かった。

余韻を遮るように2曲目の「刹那の果実」。アルバムの構成と同様、パワー全開な楽曲の連続で、最初から会場をクライマックスへと引きずり込んでいく。

続いて響いたひときわヘビーなサウンドは、ライブ定番曲の「UNDER/SHAFT」。一糸乱れぬカウントダウンから弾けるようにサビに雪崩れ込む展開は、まさにライブで聞いてこそだ。

最初のMCでは第一声から「会いたかったよー!」と全力で喜びを表現。「今日からMystical Flowersが始まっていくので、みんなと笑顔で満開にしていきたいなと思っています。どうぞよろしくお願いします!」とツアーへの気持ちを語った。

news-160130-c007

ここからは様々な黒崎真音を表現するような『Mystical Flowers』に収録された楽曲が続く。

声のボルテージと共に音が増えていくイントロからはシリアスな曲調の「千の焔」。サビでは超高音のロングトーンをファルセットで聴かせる。

跳ねたリズムでジャジーな「The Nightmare Rock’n’Roll Show」では、かわいらしくスカートの裾を振りながらギター・ベースと共に一緒に踊り、間奏のコールアンドレスポンスで会場と一体となった。「Candy☆Evolution」では、より一層会場全体を巻き込んでの大騒ぎに。覚えやすい節とノリやすいテンポで大合唱を巻き起こし、上着をはらりと脱いでノースリーブになる早着替えも相まって会場が湧き立つ。

そして王道ポップロックな「Scanning resolution」では、客席全体で無心になって飛ぶ!前半戦から全力を振り絞りたくなるような構成でツアーの開幕を飾った。

続くMCではこの点に配慮してか、「一曲目からバーッといきましたが皆さん大丈夫ですか?」「あまり皆さん無理をせず」と急に素になって気づかうトークをするところも彼女らしい。

news-160130-c003

「ここからはちょっと静かにアコースティックで曲をお届けしたいなと思います」と、椅子に座ってじっくり歌うアコースティック編成に。

最初にコールされた曲名は「ハーモナイズ・クローバー」。アルバムとも違うアレンジの本曲を、じっくりと染み入るような豊かな歌唱で表現。普通のライブなら客席はゆったりライトを振るような場面だが、ここでは全員消灯、揺れもほとんどなく茫然と歌に聞き入るというある意味異様な光景が見られた。実際そうしたくなる名演だったと思う。

ここで「今日ってみんないろんなところから来てくれたよね」と客席アンケートし、「スペインから」というおそらく会場内最長距離の答えには拍手が沸き起こった。そんな観客に向かって「来てくれて本当にありがとう。いつの間にかこんなにたくさんの仲間がいるってことがうれしいので、今日はこの曲を歌います」という言葉から2ndシングル収録の「Best friends」へ。アルバム未収録の初期曲を万感の想いを込めて歌い上げる。

続いては通常編成に戻っての「アフターグロウ」。「ハーモナイズ・クローバー」と対になる儚くも壮大な展開の本曲を、こちらも光モノなしでじっくりと聞き入る。次の楽曲「“lily”」も、マイクスタンドに縋り付くようにかがみこんで歌う姿は鬼気迫る迫力があり、曲の終わりには客席から割れんばかりの拍手が鳴り響いた。

ここまでは黒崎真音の表現に客席が圧倒されるようになっていたが、続く「THE last pain」から会場は再びヒートアップしていく。黒崎はマイクスタンドを引きずり倒して前に出てくるような情熱的なパフォーマンスで観客を魅了。デビューアルバム『H.O.T.D.』からの選曲である本曲に続いては、情熱的な頭サビからライブ定番曲「Lisianthus.」。Bメロ冒頭の“Lisianthus!”のコールがとにかく気持ちいい。

news-160130-c004

ヘビーな4つ打ちからギターリフへ、そして黒崎がロングのレイヤードスカートを大胆にも脱ぎ去って攻撃的なミニスカワンピ姿に早着替えしての「X-encounter(y0c1e REMIX)」! 文句なしのヒット曲、アルバム収録バージョンはより前のめりになった印象で、ライブノリにピッタリだ。

ノンストップで始まったギターイントロとともに「まだまだ行きますよー!ゴー!」とギター、ベースと一緒に前に出て煽りたてる「-Autonomy-」。I’veサウンド全開の重厚さと軽快さを兼ね備えたギターサウンドでこのパートを締めた。

「ここから後半戦になります!」というMCから、「皆さんタオル持ってますか?」とタオルレクチャーをスタート。あらたな“タオル曲”「Red Aleat Carpet」はエキゾチックなメロディラインと軽快なリズムがとにかく楽しい一曲。そしてDメロのコール&レスポンスをする箇所では、“この赤坂夢中になれるかい?”“一度きりのライブ楽しいかい?”と歌詞をもじった特別バージョンでお届け!

ミラーボールが回り出し、「さあ皆さん、一緒に歌ってくれますか?」という言葉から始まったのは「FRIDAY MIDNIGHT PARTY!!」。全員で声を合わせての合唱に加えて「今回の特別バージョン」としてウェーブを作り、歌って踊って思いきりはしゃぎまくる。

「去年の赤坂BLITZでも“私はライブがいちばん好き!”って言ったんですけど、ここ最近もずっと思っています。そんな気持ちを形にした曲があります」という言葉から披露されたのは「BRIGHT FUTURE」。攻めの姿勢のロックサウンドで「まだまだ皆といろんな景色を見ていきたい!」という想いが迸るような歌い方だ。

4カウントから2014年不動の名曲「楽園の翼」。印象的なサビのメロディはライブのクライマックスを飾るに相応しい盛り上がりを見せた。

news-160130-c002

本編ラストのMCではアルバムの制作の様子を振り返った。

「このアルバムを発表したのは5周年ワンマンライブで、そのとき思っていた気持ちを曲をそのまま形にしようと思って作りました。メジャーデビューして5年以上経って、本当に私の歌って届いてるのかなって不安になる日もあるんですよ。でも舞浜の5周年ライブでみんなが見せてくれた最高の景色が本当に支えになっていて、改めてもっと先を見たいと思うし、どんなことにも意味があったんだなと今は思います。前向きになれたのもみんなと出会えたことから始まっているなと思っていて、そんな気持ちを詰め込んで作ったアルバムです」とアルバム『Mystical Flowers』への想いを語っていく。

「今いちばん言いたいこと何かな? って思ったときに、みんなが歩いていく道が温かくて輝かしくて大切にしたいと思えるような、そんな未来であってくれたらいいなと思って作った曲があります」という話からはミドルバラードの「種」。聴衆一同、感じ入るように聞き入る。

ライブ本編のラストはアルバムでもラストを飾る「singing forever」。ミディアムテンポからアップテンポなロックサウンドに変化するこの曲は、爽やかで優しい余韻に満ちたまさにラストナンバーに相応しい楽曲。ファンひとりひとりと笑顔を交わすようなパフォーマンスで歌い、ライブを締めた。

「アンコールどうもありがとーう!」

ライブTシャツを身につけてのアンコール最初の曲は、ストリングスを交えた壮麗なロックサウンドの「黎鳴ーreimeiー」。本編よりもリラックスした柔らかい表情を見せるのが印象的だった。

「せっかくのアンコールですもん、楽しんで行きましょう!」と宣言して、タオルを持って駆け出しての「メモリーズ・ラスト」。軽快なこの曲を、客席と一緒になって「ハイ!ハイ!」とはしゃぎながら歌った。

続くMC中、ひとつの事件が起こる。突然のピアノ伴奏から、空気を読んで迷いなく観客全員が歌い始めたのだ。曲はもちろん「ハッピーバースデートゥーユー」! 曲とともにケーキが登場し、黒崎は「去年はみんなに無理やり“歌って!”とネダったんですけど、今年はネダるのやめようと思って(笑)」とサプライズに戸惑いながらも喜びを隠せないでいた。

「ここ何年か1月にライブをさせてもらってまして、毎年お祝いしていただけて本当に幸せです。ありがとう!皆さんも2016年良い年にしましょう!」というサプライズへのお礼から、話題は2016年の抱負へ。「もっとみんなのところに会いに行きたいなと勝手に思っていて、いろんなところでライブができるように頑張っていきたいなと思いますので、今年はぜひよろしくお願いいたします!」とまずはファンへの熱い想いを語り、「武道館への道も終わってないからね! カウントダウンライブもしたい。やりたいこといっぱいなんで、今年はその階段をみんなと上っていきたいと思います」と今年の野望も垣間見せる。

news-160130-c005

最後に「5周年ソングということで作った曲。舞浜でみんなと一緒に特別な景色を作ってくれたこの曲を歌いたいと思います」と言ってスタートしたのは、アンコールのラストナンバー「Our Life is Our Song」。バンドメンバーひとりずつと絡みながら歌い、さらに会場全体で声を合わせて歌う一体感の高い楽曲は、舞浜での5周年ライブを経て彼女の言葉どおりまさに“特別な曲”となったのだと感じた。

最新のアルバムを含む昨年の楽曲制作の成果が存分に発揮された今回のライブ。特に「ハーモナイズ・クローバー」といった聴かせるバラードや、「Our Life is Our Song」や「singing forever」といった会場全体でハッピーとエモーショナルを共有できる“必殺曲”が加わったことで、ライブの満足度がさらに何段階か上がったと感じた。一方で、5年も前の初期の楽曲からも選曲され、それに観客とアーティストの双方が思い入れを持って接するところもよい関係だと思う。“2016年の黒崎真音のライブ”は一度観に行ったほうがいいかもしれない。

news-160130-c006

TEXT BY 大用尚宏(クリエンタ)

 


【!!速報!!】
2016年9月より全国ツアーの開催が決定!
 黒崎真音、史上最大規模のライブ・ツアーとのこと!
今後の追加情報をお楽しみに!

デビュー5周年を迎えた黒崎真音がリリースした4thアルバム『Mystical Flowers』スペシャル・インタビューをこちらに掲載中!

関連リンク

この記事を書いた人