おれパラの魅力全開!“Lantis Presents Original Entertainment Paradise 2015 UNITED FLAG”のレポートを公開!

int-1601122200-c001

人気男性声優が自身の手で考え作り上げてきた“おれパラ”。立ち上げから8年目を迎え毎年年末に開催される“おれパラ”の持つ“笑顔を生み出す力”を味わうべく、両国国技館には多くの人で埋め尽くされた。大歓声のなか開催された初日公演の模様をレポートする!

音楽で、歌で、たくさんの笑顔が生まれる場所。それが“おれパラ”だ。毎年師走の時期に開催され、1年あったいろんなことを、全部笑顔に変えて明日へ、新年へと脚を踏み出すための場所。リーダーの小野大輔を筆頭に、鈴村健一、森久保祥太郎に加えて新ホスト・寺島拓篤の4人のおれパラメンバーズと共に今年はゲストに豊永利行、別日にSCREEN modeを迎えての開催。

ぐるりとステージを取り囲むように会場を埋め尽くすファンの目の前へ「おれパラップ」で登場したメンバーたち。1人ひとりが個性溢れるラップを披露しながらオーディエンスへとショーの始まりを告げていく。軽快なラップに煽られサイリウム揺れるなか「両国―! 帰ってきたぜー! ただいまーー!」の小野の声と客席からの「おかえりー!」の大合唱で“おれパラ”はスタート!

その熱のままに最初に登場したのはリーダー・小野。「パノラマ・ミラー・ツアー」のイントロが鳴り響き、大歓声を浴びながらダンサーと姿を現すと、軽快かつキレあるダンスパフォーマンスと歌声とで会場を一体にしていく。

int-1601122200-c010

メンバーそれぞれがテーマを掲げる今回の“おれパラ”。小野のテーマは“Passion8or”。情熱を示す言葉なだけに、セットリストも情熱そのもの! 「OffsiDe T-RAP!」、そして「DELIGHT」とフロアユースのダンスチューンでライブを怒涛の盛り上がりの渦へと巻き込めば「熱くなりましたが、オレも汗だくだぜー! この両国国技館がダンスホールになってうれしかったです!」と満面の笑顔を見せ、さらに続く「Doors」「ヒーロー」ではバンドならではの音と歌との躍動感で両国を席捲し、リーダーとしてトップバッターでのパフォーマンスを威風堂々と見せつけた。

int-1601122200-c011

小野からバトンを受け取ったのは“Cre8or”を掲げた豊永。ポップアップからの登場で歌い上げる「Day you laugh」。「デュラララ!!×2 転」のオープニングを飾るアーバンな雰囲気たっぷりのロックチューンにフロアのオレンジの光が揺れ、熱い空気を生み出すCre8or!

int-1601122200-c007

「“おれパラ”準ホスト改め、準ホストになりたい豊永利行です!」と自己紹介すれば、ゲストとして神戸から参加してきたこのイベントをどれだけ自分が楽しんでいるかを語る豊永は、「僕自身が素敵なクリスマスプレゼントをもらったような感覚でうれしい」と語り、続く「91cm」、そしてジャジーな「ゆめのあと」でオーディエンスを笑顔いっぱいにしたのだった。

int-1601122200-c006

ラウドな音が激しくグルーヴするSEで登場したのは森久保祥太郎。最初の一音から国技館の空気をガラリと一変させ、ハードな音が轟く森久保ワールドへ。幕開けはアニメ「牙狼(GARO)」のエンディングでもあったメロディックラウドロック「FOCUS」だ。扇動する者を意味する“AGIT8OR”を掲げた森久保。自らもギターをプレイしながら会場を熱くする姿はまさにオーディエンスの熱を扇り、躍動感を鼓舞する存在だ。

int-1601122200-c009int-1601122200-c008

毎年年末に開催されるこの“おれパラ”。8回目となった今年、ようやく“原点”に帰ってきた気がする、という森久保は、「“おれパラ”をみんなの帰る場所にしたい」と、会場へプレゼントするように「Home sweet home」を歌い上げる。じっと聞き入る観客と歌とがひとつになっていく様子を、ステージで彼自身、感じていたのではないだろうか。そんな森久保のステージは、最後の「モンテーニュ」までの全5曲を全身全霊で“掻き鳴らす”ように届ける姿が印象的な時間だった。

黄色に染まった国技館。次に姿を現したのは寺島拓篤だ。今年、ホストとなった寺島は「ビビッドナイトフィーバー!」でステージに出てくるなり踊る! 踊る! しかもすでに振りを知っている客席のファンも踊る! 踊る! そしてさらにはこの曲の振りを知らない人たちのための振り付け講座が曲中のショートMCで行われ、最後は一体となって踊る! 踊る! 満足そうに笑顔になる寺島。

int-1601122200-c014

「“おれパラ”に息づいている“笑顔だぞ”ってマインドがすごく好きです!」と声をあげれば、ポップな「JUMBLE TOWN」や美しいストリングスの音色のなかしっとりと歌い上げる「君の季節」やタオルを回して熱い一体感を楽しませる「HERO」など5曲を披露。来年で音楽活動スタートから5周年となる彼の、意欲溢れるパフォーマンスで掲げた“Communic8or”どおり、オーディエンスと笑顔のコミュニケーションを楽しんでいた。

 int-1601122200-c015

最後はショーのオープニング「おれパラップ」で“Gener8or”のフラッグを挙げた鈴村健一の登場だ。力強さの宿る珠玉のポップチューン「CHRONICLE」が鳴り響けば、観客は歌声を重ねるように共に歌いながら大きくクラップする。まるでお客さんの1人ひとりと視線を合わせるように見渡しながら歌い上げる鈴村が印象的。

int-1601122200-c013int-1601122200-c012

この日の大トリのステージは、彼自身のこの1年を垣間見せるようなセットリスト。跳ねる歌声で楽しい時間を堪能させるのはもちろんのこと、2015年の彼が成し遂げた満天ライブのために作られた「月のうた」「太陽のうた」が披露され、広い会場があの日のライブの瞬間を蘇らせるなど、彼の音楽への想いが隅々まで込められたものとなっていたのを感じた。5者5様ながら、笑顔が絶えることのない、笑顔の先に在る幸せを味わう時間はこうして幕を閉じた。

最後のアンコールでは、笑顔を超えた爆笑のなか、“おれパラ”メンバーが自由奔放に楽しむ。“おれパラ”の真髄、真骨頂と言える笑い声に包まれて終演を迎えた8回目の“おれパラ”。また来年もきっとこうしてみんな集まって1年の終わりを歌声と笑い声とでいっぱいにできるように――来年も頑張っていこう――と心に誓う夜だった。

int-1601122200-c005int-1601122200-c004

Text By えびさわなち

【セットリスト】
■全員
おれパラップ
■小野大輔
パノラマ・ミラー・ツアー
OffsiDe T-RAP!
DELIGHT
Doors
ヒーロー
■豊永利行
Day you laugh
91cm
ゆめのあと
■森久保祥太郎
It’s me
FOCUS
PHANTOM PAIN
Home sweet home
SHAKE!!
モンテーニュ
■寺島拓篤
ビビッドナイトフィーバー!
JUMBLE TOWN
君の季節
INNER STAR
HERO
■鈴村健一
CHRONICLE
月のうた
春の日よ
シンプルな未来
太陽のうた
■小野大輔・鈴村健一・森久保祥太郎・寺島拓篤)
United Flag
■全員
眠るものたちへ

関連リンク

この記事を書いた人