黒崎真音デビュー5周年を迎えて完成した4thアルバム『Mystical Flowers』スペシャルインタビュー 前編

news-1510302130-1

2015年は黒崎真音にとってデビュー5周年というアニバーサリー・イヤーとなり、9月にアンフィシアターで開催された5周年記念ライブに向けて走り続けてきた時間でもあった。そんな大切な夜を終えた直後から制作に取り掛かった4thアルバム『Mystical Flowers』が完成。このアルバムを制作するにあたって心境の変化に大きく作用したアンフィシアターでのライブのことなど、彼女がつぶさに語ってくれた!

5周年記念のワンマンライブを経て、出会えたみんなへの感謝の気持ちも込めたアルバムにしたくなったんです

――今作で4枚目のアルバム。デビューから5年という時間を経ての制作だっただけに、どんな1枚にしようと考えていたんでしょうか。

黒崎真音 最初は「戦い」のように攻撃的な側面を打ち出したアルバムにしたいなぁ、というのがあって。元々は『Mystical Flowers』ではなく、『Beautiful Resistance』や『Beautiful Fighters』みたいなタイトルが候補だったんですね。だからジャケットのイメージも甲冑というか、中世的なミリタリー感のある「戦いにこれから出かけていくぞ!」というものが合うんじゃないかってことでスタッフさんたちと話していたんです。でもその間に5周年記念のワンマンライブもあったりして、ファンのみんなと話したりする機会があるなかで、「戦いに行く」という“攻め”の姿勢だけではなく、この5周年の感謝とか祝福とか、出会えたみんなへのありがとうという気持ちも込めた、癒しの成分もあるアルバムにしたくなったんです。そこで選ばれたタイトルが、もともと候補の中にあった『Mystical Flowers』で。そこからは曲といういろいろな色のお花を集めていくという作業でしたね。

――そのイメージの変化によって、収録曲は変わっていきましたか?

黒崎 最初のイメージよりも視野が広くなったので、収録されている音楽の幅も広がったと思っています。今回は自分で作詞・作曲した「種」という曲も収録されているのですが、この曲も作っているうちに、聴いてくれた人が「心地いいな」と思ってくれるような曲になったらいいなぁ、というイメージになっていきました。このアルバムに辿り着くまでに自分が経験してきたこと、ひとつひとつが生きてきて、考え方も柔軟に変わっていって。戦いだけではなく、こうして歩いていくなかで経験してきたことの全てに、マルをつけてあげたいと思ったんです。答案用紙にマル付けするように、苦しいこととか、悲しいこととかも、全てにマルをつける。そのすべてが「今」と「未来」に繋がっていく。だからこの曲で、一度みんなに大きな花丸を付けてあげたい、という気持ちで作詞・作曲していきました。

――アルバムに強く影響したのが5周年を記念したワンマンライブであったようにも、今のお話から感じます。どんな時間だったんでしょうか。

黒崎 “5周年”と銘打ってライブをやらせてもらったので、舞浜アンフィシアターで今まで黒崎真音がやってきたことの集大成を見せたいと思っていました。だから、自分の中ではひとつの“ゴール”を迎えたような気持ちにはなりましたね。まだまだ続いていく道ですし、終わってからしばらくしたら、これからやってみたいこともさらに出てきたんですけどね。ただライブのときは「何も残さないようにしよう」って思っていたんです。今、出せるものを全部出そう!という気持ちで。なので、終わった後は“燃え尽き症候群”みたいな感じでした。終わってしまった寂しさもあったんですけど、すぐにアルバムの制作に入りましたし、おかげでライブでもらったイメージみたいなものも曲にすごく組み込まれていて。だからこそみんなからもらったものが大きかったし、すべてを注ぎ込んだライブだったからこそ、次が見えてくるんだなって。やっぱりライブがすごく好きで、そんなライブを原動力に黒崎真音は音楽を作っているんだなってことを改めて感じました。

――そうなると「5年先の黒崎真音」という意味でも変化が見える、兆しの1枚になるのかな?

黒崎 5周年ライブ前の“戦いモード”に入っていると、いまいち落ち着いた曲を作ろうという気持ちにならなかったんですけど、いざあのワンマンをやってみたら、みんながとてもキラキラしていてきれいな目で私を見てくれているのを感じたことで、「種」のような曲が生まれたんだと思います。みんながきれいすぎて、「戦うぞ!戦うぞ!」と肩に力を入れてきた私自身を、みんなが宥めてくれた、というか。支えてくれているんだってことを改めて感じたんですね。そんなみんなに届ける1枚が「戦い」なのかな?って気がしたんです。それよりは、ありがとうっていう気持ちや、キラキラした目を向けてくれるみんなが聴いてくれたときに、歌から感謝や心地よさを受け取ってくれるような曲も作りたいと思って。今までよりそういう気持ちが強くなったのは、あのワンマンに、みんなが「おめでとう」って思いを向けて来てくれたのと、そんなみんなに5年間のありがとうを伝えたいと思ったからですね。

――そんな『Mystical Flowers』のリード曲は1曲目の「LIMIT BREAK」。アルバムはいきなり限界突破で始まります。

黒崎 ワンマンのMCでもお話しをしたんですが、歌手を目指すことに対して、家族から反対をされていたんですね。夢に対して前向きになれない時期が相当長くて。今となってはその時間は自分に必要な時間だったと思うし感謝しているんですが、やってみなきゃわからないし、「挑戦した道の先に何かが待っているんだ」ってことを信じているんですね。そんなMCに込めた想いが胸の中でまだ熱いときに、そのままその気持ちを形にしました。自分の枠を自分で決めつけないんだっていう想いでこのアルバムをスタートさせたかったんです。あと、今までの黒崎真音のやってきた音楽にマルをつけたいのもあって。メタルやラウドロックが好きなこともあって、そういったテイストは今までも組み込んできましたし、その延長線上にあるのがこの曲なんです。以前同じく限界突破をテーマに作った「VANISHING POINT」の進化系として、今の心境に近づけることで書けた歌詞ですね。その勢いをアルバムの始まりにしたかったんです。

――今までの自分にもマルをつける。

黒崎 そうですね。花丸をつけました。

――それと印象的なのが今回のジャケット。大輪の花が鮮やかに写るなかに黒崎さんがいる、という非常にシンプルな作りが印象に残ります。

黒崎 いろいろなアクセサリーも取っ払って。鎧をつけている自分ではなく、という先ほどの話にも繋がっている気がします。

――その『Mystical Flowers』をひっさげてのツアーもありますね。

黒崎 そうなんです。東名阪のライブハウス・ツアーになります。アルバムそのものがライブのセットリストのような構成にしてあるので、アルバムを聴けばきっとライブが観たくなるはず!今回のアルバムではバラードもすごく印象に残る曲ばかりだとは思うのですが、やっぱり「LIMIT BREAK」はライブ直後に、ライブを意識して作りましたし、それ以外の「The Nightmare Rock’n’Roll Show」や「Candy☆Evolution」、「BRIGHT FUTURE」なども黒崎真音にとって大切な要素であるライブを強く意識した上で制作していった曲なので、全てをじっくり聴いていただいて、思いっきり楽しむ気持ちでライブに来ていただきたいですね。

――すごく楽しみになりますよね。5周年のワンマンともまた違ったライブが見られるということですし。

黒崎 当然、5周年記念以上のライブを見せます!『Mystical Flowers』の曲はもちろんですが、ほかのアルバム収録曲やシングル曲も織り交ぜて、今の黒崎真音としてお聴かせできると思うので、私も楽しみですし、みなさんにも期待していていただきたいですね。

Interview&Text By えびさわなち

※インタビュー後編はこちら


●リリース情報
黒崎真音 4th ALBUM
『Mystical Flowers』
11月25日発売

【初回限定盤 (CD+特典Blu-ray)】
news-1510302130-3
品番:GNCA-1473
価格:¥3,611+税

【通常盤 (CD only)】
news-1510302130-5
品番:GNCA-1474
価格:¥3,000+税

<CD>
01.LIMIT BREAK
 作詞:黒崎真音  作曲・編曲:R・O・N

02.刹那の果実(TVアニメ『グリザイアの楽園』OPテーマ)
 作詞:桑島由一  作曲・編曲:藤間仁(Elements Garden)

03.The Nightmare Rock’n’Roll Show
 作詞:黒崎真音、akane  作曲・編曲:y0c1e

04.Red Alert Carpet
 作詞:黒崎真音、y0c1e  作曲・編曲:y0c1e
05. Scanning resolution(スマートフォン向けゲーム「メイデンクラフト」主題歌)
 作詞・作曲:渡辺翔 編曲:中山真斗

06.Candy☆Evolution
 作詞:黒崎真音 作曲・編曲:R・O・N
07.ハーモナイズ・クローバー(TVアニメ『がっこうぐらし!』EDテーマ)
 作詞:黒崎真音 作曲:黒須克彦 編曲:黒須克彦、長田直之
08.楽園の翼(TVアニメ『グリザイアの果実』OPテーマ)
 作詞:桑島由一 作曲・編曲:藤間仁(Elements Garden)
09.“lily”
 作詞:黒崎真音 作曲・編曲:デワヨシアキ
10.種

 作詞・作曲:黒崎真音 編曲:永山ひろなお
11.千ノ焔(PSP ®専用ソフト「十鬼の絆 花結綴り」主題歌)
 作詞:黒崎真音 作曲・編曲:fu_mou

12.BRIGHT FUTURE
 作詞:黒崎真音 作曲・編曲:齋藤真也
13.X-encounter (y0c1e REMIX)
 作詞:黒崎真音 作曲・編曲:高瀬一矢 REMIX:y0c1e
14.アフターグロウ(TVアニメ『がっこうぐらし!』EDテーマ)

 作詞:黒崎真音 作曲・編曲:fu_mou

15.singing forever
 作詞:黒崎真音、akane 作曲・編曲:fu_mou、guitar arrange by a2c(MintJam)、strings arrange by TAM

<Blu-ray>
MAON KUROSAKI LIVE TOUR 2014~2015“WINGS OF EDEN –GARNET!!- ” 全曲収録 
ANIMAX MUSIX 2015 OSAKA【Magic∞world, X-encounter】

M01:黎鳴-reimei-
M02:Lisiantus
M03:Distrigger
M04:UNDER/SHAFT
M05:SCARS
M06:Glanz~沈黙の雪~
M07:I’m still breathing…
M08:color me dark
M09:光-I promise you-
M10:hear..
M11:X-encounter
M12:-Autonomy-
M13:fixxx and lie
M14:VANISHING POINT
M15:Scanning resolution
M16:starry x ray
M17:メモリーズ・ラスト
M18:楽園の翼
M19:Garnet~この夕陽の下で~
M20:REINCARNATION
[EC]
M21:Magic∞world
M22:FRIDAY MIDNIGHT PARTY!!
M23:story~キミへの手紙~
[EC2]
M24:Wishful☆Garnet
● ANIMAX MUSIX 2015 OSAKA
 Magic∞world,
 X-encounter

※初回限定盤特典
・特製スリーブ&デジパック仕様
・32ページフォトブック

※初回生産分特典(初回限定盤・通常盤共通)
黒崎真音 LIVE TOUR 2016 “Mystical Flowers” 先行販売応募券
(※ 12月8日(火)23:59 受付締切)

●イベント情報
11月25日(水)アニメイト池袋本店【乾杯&ミニライブ&握手会】
11月27日(金)アニメイト横浜店【ミニライブ&チェキ撮影会】
11月28日(土)アニメイト名古屋店・第三太閤ビル【1回目:握手会/2回目:サイン会】
11月29日(日)タワーレコード名古屋近鉄パッセ店【チェキ撮影会】・とらのあな名古屋店【サイン会】
11月30日(月)アニメイト新宿店@【チェキ撮影会】
12月01日(火)とらのあな秋葉原店C【サイン会】
12月05日(土)アニメイト広島店【ミニライブ+握手会】・アニメイト岡山店【チェキ撮影会】
12月06日(日)アニメイト三宮店【握手会】・アニメイト天王寺店【サイン会】
12月12日(土)アニメイト町田店【チェキ撮影会】
12月19日(日)アニメイト金沢店【握手会】・アニメイト大宮店【サイン会】

※ 参加方法ほか、イベントの詳細はこちら

●ライブ情報
黒崎真音 LIVE TOUR 2016 ”Mystical Flowers” 
2016年01月11日(月/祝)@赤坂BLITZ
2016年01月30日(土)@梅田 AKASO
2016年01月31日(日)@名古屋 SPADE BOX
開場:16:00 /開演:17:00(全公演)

関連リンク

この記事を書いた人