あだ名でのコールに感激の初々しさ溢れるステージ。“THE IDOLM@STER SideM SPECIAL ST@GE ~はじめまして!オレたち315!!~”レポート

news-1509092100-c001

幕張メッセで8月22日~23日に開催中の「C3×HOBBY キャラホビ2015」メインステージにて、『アイドルマスター SideM』のステージイベント“THE IDOLM@STER SideM SPECIAL ST@GE ~はじめまして!オレたち315!!~”が開催され、柏木翼役の八代拓、ピエール役の堀江瞬、渡辺みのり役の高塚智人、伊瀬谷四季役の野上 翔、秋山隼人役の千葉翔也、若里春名役の白井悠介が出演した。

news-1509092100-c014

『アイドルマスター SideM』はこれまで、ユニットCDの発売イベントなどは行なってきたが、キャラホビのような大型イベント内でステージを行なうのはこれが初めて。今回は7月22日にCD「THE IDOLM@STER SideM ST@RTING LINE -03 Beit」をリリースしたユニット・Beit(バイト)から堀江と高塚、同じく7月22日にCD「THE IDOLM@STER SideM ST@RTING LINE -04 High×Joker」を発売したリリースしたユニット・High×Joker(ハイジョーカー)から野上、千葉、白井が参加、進行役をラジオ『アイドルマスター SideM ラジオ 315プロNight!』パーソナリティの一人である柏木翼役・八代拓が務める形だ。ステージ前は朝から並んで整理券を手にした400名のプロデューサーと、指定エリアに入りきれない多くの立ち見プロデューサーですごい熱気だが、やはり女性P比率が非常に高い。

news-1509092100-c012news-1509092100-c013

イベントは全員揃っての『アイドルマスター SideM』CDシリーズに共通曲として収録されている「DRIVE A LIVE」からスタート。High×Jokerのボーカル・伊瀬谷四季役である野上と八代がダブルセンター的な立ち位置だが、八代は普段通りおだやかな雰囲気で「皆さん、盛り上がっていきますよ」と“柏木らしく”宣言。一方野上は「光の中走りだせ」のフレーズに合わせて笑顔でその場ダッシュを見せたり、全力で楽しんでいる姿で引っ張っていく感じが対照的だ。ややクールなイメージの「青」のBeit側のパートに八代が入ったことで、静の「Beit」+1と動の「High×Joker」の3対3に別れた感じでなかなかバランスがいい。間奏でハイタッチを見せたりと、初めての組み合わせだがチームワークよくステージを見せていた。

news-1509092100-c015

初めて『アイドルマスター SideM』のステージを目にする人もたくさんいるということで、『SideM』の基本的なことや、出演者が所属するユニットを紹介。「Beit」を元々アルバイトをしていたが、今は王子様のように輝いているユニットであること、「High×Joker」が元軽音楽部のメンバーであることを紹介していた。今回のステージではさらにユニットの魅力を伝えるために、各ユニットが考えてきたキャッチフレーズを披露した。

news-1509092100-c008news-1509092100-c009

「Beit」チームが用意したキャッチフレーズは「フリーターからアイドル! 輝く王子様ユニット“Beit”」。高塚は「フリーターから王子様になった、大躍進なんです!」とユニットの魅力をアピールしていた。「High×Joker」チームのキャッチフレーズは「年中青春」。野上は「僕のキャラクターは四季って名前なんですけど、他のメンバーは全員春夏秋冬が入っているんです」と、キャラクターの名前についてアピールしていた。

news-1509092100-c010news-1509092100-c011

最後に残った八代は、自身が所属する「DRAMATIC STARS」をアピールするはずだったのだが、まず「あなたに向けてテイクオフ! 笑顔のフライト、約束します!」と、パイロット出身である柏木翼(自分)のキャッチフレーズを披露。八代的には「それは自分のキャッチフレーズでしょ!」と周りにツッコませてから、第二弾として「ど真ん中ストレート160km/h!」という本命の「DRAMATIC STARS」のために考えたキャッチフレーズを披露する作戦だったようだ。しかし、八代が翼のキャッチフレーズを甘くさわやかに読み上げると、会場からは黄色い大歓声が。ツッコミが入る前に普通に歓声が上がったためにわりとgdgdになり、策士策に溺れた八代だった。

堀江 瞬(ピエール役)
news-1509092100-c005

高塚智人(渡辺みのり役)
news-1509092100-c003

またメンバーたちは、堀江が「ホリエル」、高塚は元々アイマスが好きなプロデューサーであることから「たかP」、白井はメンバーの中では歳上なことから「しらにぃ」、千葉は男の子っぽいからという理由で「ちばしょー」、野上は「のがみんと呼んでください!」とそれぞれのあだ名を紹介。力の限りメンバーのあだ名を呼ぶ客席に「思ったよりもっと嬉しい!」と感激の5人だった。ステージではキャラホビらしく「一番くじ SideM アンコール!!」の内容紹介なども行なわれ、盛り上がりを見せていた。

白井悠介(若里春名役)
news-1509092100-c006

千葉翔也(秋山隼人役)
news-1509092100-c007

最後は「Beit」の堀江と高塚が、右手の中指と薬指をクロスさせ、親指だけを畳み、手の甲側を掲げることで「横向きの(サイド)M」を作る定番のSideMポーズを客席に指導。このポーズは「DRIVE A LIVE」で「SideM!!」のフレーズの時に全員で掲げるものだ。ステージラストに 披露はもう一度全員揃っての「DRIVE A LIVE」。ラスサビの前に6人で円を作って全力でグルグル回る動きを見ていると、思いっきりはしゃいでいるだけでこれだけのダイナミックさを感じるのはやはり男性キャストの『SideM』ならではだろうか。八代の「皆さん、SideMの魅力は伝わりましたか?」の言葉に客席が大歓声で応えると、八代は「大好き、です」とはにかみながらぽつり。これを見た野上が「俺も! 俺も! 大好き!」と子供のように客席にアピールしたりと、やはり今日はこの2人がステージのエンジンだったように感じた。最後は八代が「最高のプロデュースをよろしくお願いしますね、プロデューサー!」の言葉で、ステージを締めくくった。

野上 翔(伊瀬谷四季役)
news-1509092100-c002

八代 拓(柏木 翼役)
news-1509092100-c004

12月6日には舞浜アンフィシアターでのファーストライブ「THE IDOLM@STER SideM 1st STAGE〜ST@RTING!」が決定している。『アイドルマスター SideM』の「今始まるストーリー」を追いかけ始める好機は今……かもしれない。

Text By 中里キリ


●イベント情報
THE IDOLM@STER SideM 1st STAGE〜ST@RTING!
12月6日(日)【千葉】舞浜アンフィシアター
昼[Sun Side] 開場 13:30/開演 14:30
夜[Moon Side] 開場 18:00/開演 19:00
出演
Jupiter [寺島拓篤(天ヶ瀬冬馬役)、松岡禎丞(御手洗翔太役)、神原大地(伊集院北斗役)]
DRAMATIC STARS [仲村宗悟(天道輝役)、内田雄馬(桜庭薫役)、八代拓(柏木翼役)]
Beit [梅原裕一郎(鷹城恭二役)、堀江瞬(ピエール役)、高塚智人(渡辺みのり役)]
High × Joker [野上翔(伊瀬谷四季役)、千葉翔也(秋山隼人役)、白井悠介(若里春名役)、永塚拓馬(冬美旬役)、渡辺紘(榊夏来)]
W [山谷祥生(蒼井享介役)、菊池勇成(蒼井悠介役)]
S.E.M [伊東健人(硲道夫役)、榎木淳弥(舞田類役)、中島ヨシキ(山下次郎役)]
チケット 6,800円(税込)

©BANDAI NAMCO Games Inc.

関連リンク

この記事を書いた人