『Ø-ZERO-』からの再始動!BREAKERZニュー・アルバムリリース記念スペシャル・インタビュー!!

int-1507152200-c001

シングル「WE GO」で再始動を果たしたBREAKERZ。その「WE GO」を含むニュー・アルバム『Ø-ZERO-』が7月29日にリリースされる。原点である「自分たちがカッコイイと思うロック・サウンド」を徹底的に追求したという本作について、メンバーに話を聞いた。

新しいBREAKERZを感じてもらいたい(DAIGO)

――先日は再始動シングル「WE GO」の発売に合わせて代々木公園でフリーライブ敢行。こちらのライブはいかがでしたか?

DAIGO 最高の再始動の1日になりましたね。フリーライブから始められたっていうのは、それこそその後の気合に関しても、あるのとないのとでは大違いだなってことも感じましたね。再始動にふさわしい、最高の1日になりましたね。平日の夕方だったんですけど、いつも応援してくれるみんなはもちろん、こういう機会だから行ってみようってことで来てくれた人たちもいて。そういう意味でも沢山の人たちと、全員でBREAKERZの再始動を祝したライブになったのが、本当に良かったなって思いますね。

――此処から、という感覚?

DAIGO まさにそうですね。此処から改めてまたBREAKERZが始まる、という感覚ですね。

――おふたりはいかがでしたか?

AKIHIDE 暖かかったですね。みなさんからの反応も。バンドも、ずっと一緒に活動してきて支えてくれているスタッフさんも、とにかくみんな暖かだったなってことを感じましたね。

SHINPEI カウントダウンライブは、もちろんBREAKERZのライブとしても、年始早々の大きな出来事としてもあったんですけど、そこでは「シングルを出す」「再始動する」という意思表示をした場所で。フリーライブの日は実際に「WE GO」というシングルを出して、それをお聞かせする、というライブだったので、やっぱり意識や決意はさらに固まって。「よーい」から「ドン!」へ行った、ということもあって、よりメモリアルなライブになったな、と思いますね。

――「WE GO」が発売されたことへの反応はいかがでしたか?

SHINPEI 僕達自身も「これぞBREAKERZ」と思える楽曲だ、という自負があったんですが、聴いてくれたみなさんも「BREAKERZらしさが出ているけれど、とても新しい」と感じてくれている、という感想が沢山来て、嬉しかったですね。

AKIHIDE 「WE GO」はカウントダウンライブでお披露目だったんですけど、あの時とは違って今回は曲も完成して届けられたことや、なによりも再始動に対する僕らの意志みたいなものもお客さんたちに届いたんだと感じるくらいの一体感があったんですね。それこそが凄く大きな反応でした。

――そんな「WE GO」も収録されているニューアルバム『Ø-ZERO-』ですが、制作の時にはどんなことを意識しながら臨んでいったんでしょうか?

DAIGO まずBREAKERZのニューアルバムとして、「WE GO」付近から作った曲のみで全曲固めました。昔からストックしていた曲はもちろんあるんですが、そこは使わず、とにかく新しいBREAKERZを感じてもらいたいので、昔のシングルも収録せず、とにかく「WE GO」からの曲を収録しようってことで。あとはみんなで話していた統一見解として、BREAKERZはよりCoolなものを追求しようってことですね。今までは色んなことをやってきた部分もあったし。BREAKERZ号という船があるとすれば、ちょっとカラフルなカラーリングの船だったんですけど、ソロ活動をすることによってBREAKERZはもっとクールで男らしいものでもいいんじゃないかなっていう気持ちになって。BREAKERZ的には黒く、男らしい、Coolなイメージにしたいって話をみんなでして、そこからはそのカラーを意識した上での曲作りになりましたね。

――アルバムの楽曲が尖った印象なのは、そういう意味もあったんですね。

DAIGO そうですね。エッジの効いた曲にしたいし、僕たちも年齢的には大人なバンドにもなってきているし。ファンのみんなや、これからファンになってくれるみんなのことも引っぱっていけるような逞しさも身につけたいという気持ちもあったんで。再始動はいい区切りになって、想いをひとつにして制作できました。

AKIHIDE 楽曲作りはそんなテーマがあったので、BREAKERZのロックらしさ、ツインギターの魅力を出せるようにはしたかったので。ギターを中心にしたアレンジメントをしていきましたね。シンセなんかもこれまでは使ってもいたんですけど、ギターだけで成立するようなアレンジを意識しましたね。そのために逆にギターの音を重ねたり、フレーズを複雑にしたり。ソリッドなアレンジをする、そぎ落としていく作業でしたね。

SHINPEI BREAKERZが、この3人でやっているっていう意味を最大限に生かせる意味を持たせたいなっていうのはありまして。そうなるとサウンドはツインギターが鳴っていることでカッコよく響くロックサウンドであり、なおかつメロディがキャッチーで、DAIGOさんが最もボーカリストとして輝いていられる楽曲。そういう楽曲を求めて、集めて、厳選されたのが今回収録した10曲です。

――再始動という意味合いの大きな今作。でもその再始動を「Ø-ZERO-」にしたのはどうしてだったんですか?

DAIGO 色んなものを今までやってきて。そういうものを踏襲した上での「Ø-ZERO-」があると思うんです。だからリセットではなく、常にどんな状況でもゼロからの挑戦だなって思っているので、そういう意味でも「Ø-ZERO-」にしました。人生は常に挑戦じゃないかなと思っていて。自分自身に満足するのではなく、常に壊して新しいものを作っていく。バンド名の由来もそうなんですけど、そういうものなんじゃないかなと思っていて。だからこそ今回はゼロからのリスタートと思っていますね。

――その中で今回収録した「今」のBREAKERZ。改めて歌詞をご覧になって、ご自身のどんな心境が反映されていると感じられますか?

DAIGO 『Ø-ZERO-』という曲が出来たときに、曲調も歌詞もBREAKERZらしい1曲になっているし、ある意味、自分の人生のテーマみたいなものが反映されているなって思うんです。いつだって永遠の挑戦者ってことだったり、新しい道に足跡を刻むってことだったり。BREAKERZって特殊な存在でもあると思うんです。そもそも俺もバラエティにもガンガン出ていますし、今夏はマラソンも走りますし。なかなかそういうボーカルのいるロックバンドもいないとも思うし。常に誰もやったことのない、自分たちにしか出来ないことをやっていくのもロックバンドの定義の一つとしてあるとも思うんです。自分たちにしか歩けない道を歩いているなとも思うので、そういう意味でもBREAKERZらしい精神性がどの歌詞にも出ていると思いますね。

――どの分野にもリスナーがいるバンドって珍しいですよね。ロックファンのみならずバラエティから入ってきたファン、アニメソングでBREAKERZを聴くようになったリスナーもいて。

DAIGO それがまた一つの、自分たちにしか歩めない足跡なのかなとも思います。先日、GRANRODEOさんのフェスに出演させて頂いたんですが、GRANRODEOさんとの共演も、宮野真守くんも出演していたりもして、普段僕らが出会ってこなかったお客さんの前でやらせてもらえたんです。コナンの曲をやって、沢山のお客さんから歓声をもらったりもしましたし、逆に言えば、ジャンルレスに様々なお客さんと出会える、知ってもらえることも出来るのは幸せなことだなとも思うんです。きっかけは沢山ある方が嬉しいですし、色んな場所から自分たちの音楽を発信できることはいいことだなってことも感じています。

――コナンでBREAKERZを聴いてきた子供たちも、いつか大人になっていく中で、きっとBREAKERZの曲が体の中に入っているでしょうしね。

DAIGO 僕らがコナンを見始めた頃だと、それがB’zさんだったり小松未歩さんだったりするけど、見始めた年代でBREAKERZの曲だった子たちはきっと僕らの曲が思い出の曲だったりもするでしょうし。そういう意味でも音楽を作り続けることって大事だなって感じますね。

――そんなアルバムを引っ提げてのツアーがありますね。

DAIGO 今回はライブハウスなので、熱くなることは間違いないですね。

――マラソンがそんなツアーの間にありますから。体力作りは完璧でしょうし。

DAIGO う…ん。そうですね。ちょうど脂も乗った感じで…。でもね、マラソンで使う体力と、ライブで使う体力は種類が違うようにも思いますね。マラソンは持久力を要しますけど、ライブは瞬発力だとも思いますし。ただ基礎体力は付くと思うので、これまでと違ったパフォーマンスになるかもしれないですね。今回のマラソンの話もあってアルバム収録曲の『RUN AND RUN』が出来たんです。人生はマラソンみたいなものだけれど、一人ではなく周りの人たちの支えや助けがあって走れるんだっていう想いを楽曲に出来ましたし。

――では最後にメッセージを。

DAIGO 僕たちの6枚目のオリジナルアルバムで、4年ぶりくらいになるんですが、本当に自信作です。ここに来てバンドの底力を非常に感じていますし、BREAKERZのCoolな世界観を中心に色んな雰囲気の楽曲で表現しているので、BREAKERZに触れたことのない人でも楽しんでもらえるアルバムになっています。やっぱりね、聴く回数が「Ø-ZERO-」だと困っちゃうんでね。ぜひ貴方が「ONE」を刻む意味で聴いてもらって、BREAKERZに触れてもらいたいと思います。

Interview & Text By えびさわなち


●リリース情報
BREAKERZ 6thアルバム
『Ø-ZERO-』
7月29日発売
【初回限定盤A(CD+DVD)】
int-1507152200-c002
品番:ZACL-9085
価格:¥4,259+税

【初回限定盤B(CD+DVD)】
int-1507152200-c003
品番:ZACL-9086
価格:¥4,259+税

【通常盤(CD Only)】
int-1507152200-c004
品番:ZACL-9087
価格:¥2,593+税
※初回生産分のみトレーディングカード封入(全4種ランダムで1枚)

<CD>
1.Ø-ZERO-
 作詞・作曲:DAIGO 編曲:BREAKERZ&宅見将典
2.WE GO(Ø-ZERO- Version)
 作詞・作曲:DAIGO 編曲:BREAKERZ&宅見将典
3.Daydreamer
 作詞:DAIGO 作曲:AKIHIDE 編曲:BREAKERZ
4.RUN AND RUN
 作詞・作曲:DAIGO 編曲:BREAKERZ
5.fate
 作詞:DAIGO 作曲:AKIHIDE 編曲:BREAKERZ
6.My Sweet Rose
 作詞:DAIGO 作曲:AKIHIDE 編曲:BREAKERZ
7.Dark Night
 作詞・作曲:AKIHIDE 編曲:BREAKERZ
8.Cry and Alive
 作詞・作曲:DAIGO 編曲:BREAKERZ
9.OUTRAGE
 作詞・作曲:SHINPEI 編曲:BREAKERZ
10.WE ARE
 作詞:DAIGO 作曲:SHINPEI 編曲:BREAKERZ

<初回限定盤A/DVD>
「BREAKERZ COUNTDOWN LIVE 2014-2015 PART-2014」
・激情
・NO SEX NO LIFE
・Everlasting Luv
・Miss Mystery
・DEAR LIAR
・CLIMBER×CLIMBER
・月夜の悪戯の魔法
・世界は踊る
・アオノミライ
・BUNNY LOVE
・スマイル 100%
・BAMBINO ~バンビーノ~
・B.R.Z~明日への架橋~
OFF SHOT

<初回限定盤B/DVD>
「BREAKERZ COUNTDOWN LIVE 2014-2015 PART-2015」
・カウントダウン〜SUMMER PARTY
・REAL LOVE 2010
・絶対! I LOVE YOU
・DESTROY CRASHER
・WE GO
・灼熱
・Angelic Smile
・光
・Destruction
OFF SHOT

●ライブ情報
BREAKERZ LIVE TOUR 2015
8月1日(土)【京都】京都FANJ
8月2日(日)【大阪】umeda AKASO
8月7日(金)【名古屋】ElectricLadyLand
8月8日(土)【名古屋】ElectricLadyLand
8月15日(土)【東京】TSUTAYA O-EAST
8月29日(土)【福岡】DRUM LOGOS
8月30日(日)【広島】ナミキジャンクション
9月4日(金)【札幌】札幌ペニーレーン24
9月13日(日)【神奈川】新横浜 NEW SIDE BEACH!!
9月19日(土)【群馬】高崎clubFLEEZ
9月21日(祝・月)【宮城】仙台Rensa
9月26日(土)【東京】TOKYO DOME CITY HALL ※追加公演
チケット 7月4日一般発売開始
※追加公演のみ8月15日発売開始
オールスタンディング ¥5,800(税込)
※入場時にドリンク代別途必要
※入場整理番号付き
※未入学児童入場不可

関連リンク

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人