休む暇なし!アッパー曲ばかりのセットリストで熱く燃えた、TRUSTRICK PREMIUM LIVE SUMMER“Garnet”ライブレポート!

int-1507031900-c10

6月19日にTSUTAYA O-EASTにてTRUSTRICK PREMIUM LIVE SUMMER “Garnet”が開催された。その様子をお伝えする。

ライブ初披露曲で魅せた小悪魔ダンス

場内が暗くなると共にデジタルなサウンドが流れ、観客は手拍子で応える。バンドが登場し、Billyが、そして神田沙也加が登場するとひときわ大きな歓声が湧いた。

1曲目はグルーヴィなダンスナンバー「highness」。最新EP『未来形 Answer』のカップリングである本曲はこの日がファンに向けての初披露。なんと神田は歌うだけでなく、カッティングギターの効いたリズミカルなギターロックに乗せて小悪魔なカッコかわいいダンスを決め、今までのTRUSTRICKには無かった挑戦に会場が湧いた。

「盛り上がって行きましょう!」というMCと共に、間髪いれず次曲ギターロック「wonder」、そして軽快な「Jealousy Jelly」と演奏し、跳ねるようなリズムの曲を神田は飛び跳ねたり腕を振り上げて掛け声をあおったりと盛り上げ、会場の熱気は高まって行く。

満場の拍手のあとは「みんなこんばんわ!TRUSTRICK PREMIUM LIVE SUMMER “Garnet”へようこそ!」とMC。「ワンマンは久しぶりで、どうにかしてこの熱量を伝えなきゃと緊張していたんですが、暖かいパワーをありがとうございます」とファンに向けて感謝の気持ちを伝える。「最後までガンッガンに行くけど、OK?」という問いかけにファンが歓声で応えると演奏開始、ゴシックでビートの効いたイントロに再び歓声が挙がる。「TRICK or HOLIC」だ。原色のライトで照らされ、ステージの雰囲気は一変。次曲ではビートを引き継ぎながらも爽やかな雰囲気の「永遠」、そしてピアノイントロが特徴的な「Kaleidoscope」をマイクスタンドで歌いあげ、、裏拍に入るカッティングギターが空間の広がりを見せるビートロック「Escape」と様々なTRUSTRICKの音楽の幅を見せる。そしてもうひとつ、今回ここまでバラード曲は一曲も無く、近いビートの楽曲でまとめられているような印象を受ける。立て続けの曲披露なのもあって、ずっと体を揺らして踊り続けられる構成だ。

news-1507031900-c007

続くMCでは「highness」の初披露について、神田は「すっごく緊張した!気づいたかもしれないけど、今回セットリストかなり攻めてます!「highness」の振り付けも含めて攻め攻めで、我々もバックステージもかなり気合が入ってます。期待してください!」と意気込みを語る。一方相方のBillyは「この6月でアルバムデビュー1周年ということで……」と真面目な挨拶を披露し、神田の「硬いよ!」という突っ込みを受けながらも、「デビュー1周年ということでとにかく気合いが入っています!」と今回のライブに意欲を燃やす。

「バラードが来てません、このまま来ません。やってあげる?やめとく?」と気まぐれな態度に観客の「聴きたいー!」という声が応え、「緩急が大事ですからね。まったりした曲、一緒に楽しんでフワフワしてください」と次曲「キャミソール」のタイトルコールをする。シャッフルビートの洒落た楽曲を観客はじっと聴き入り、曲が終わると大きな拍手が巻き起こった。

手拍子からスタートした「Calico」、ポップなロックながら切ない恋の歌をマイクスタンドを掴んで歌いあげ、続く「kissing」ではシンセによるイントロから再びマイクスタンドを片づけ、左右に移動したり、前に出て客席にマイクを向けてコール&レスポンスをしたりとステージ中を動きまわる。観客も大きな手拍子とコールで盛り上がり、最後は神田の投げキッスで締めた。

MCで「「kissing」はいつも盛り上がるときにやる曲だったから、まったりした中でやるのは新鮮でしょ?」といたずらっぽく聞く神田。一方Billyは今日のライブに向けての準備について語り、「いつもはギリギリまでずっと練習をしてるんだけど、昨日はTRUSTRICKを聴いていた」と話す。「アルバム2枚、シングル2枚にEPと、一年間本当に濃密な時間を過ごさせていただいて。一年間ありがとう、これからもよろしくお願いします!」と感謝の気持ちを伝えた。

news-1507031900-c005

この記事を書いた人