飯テロ上等!の“おいしい”対バンライブ“ichigo presents 「ごちデス(ФωФ)!」vol.1”レポート

岸田教団&THE 明星ロケッツのボーカル・ichigoが主催する対バンイベント“ichigo presents 「ごちデス(ФωФ)!」vol.1”が、9月24日に東京・赤坂BLITZにて開催された。このイベントは、“ごちそうさまです!”をキーワードに、アーティストもファンも一緒になって“おいしい”時間を過ごすことを目的に実現したもの。出演者もみなichigoと食事をしたことのあるアーティストであり、平日にもかかわらず満員の赤坂BLITZを熱狂の渦で包み込んだ。
開演直前、主催のichigoから注意事項がアナウンスされるとともに、「隣の人と握手して、ハイタッチして!」との指示が出される。観客たちは言われた通りに、ノリノリで握手とハイタッチを交わし、客席はフレンドリーな空気へと早変わりしていった。

 

トップバッターは、“イクラが大好き”分島花音!

int-140927-001-c002

やがて開演時間になると同時にバンドメンバーが入場し、ブルージーなovertureに導かれて分島花音が登場。シングル「killy killy JOKER」のジャケット/MVと同じ衣装に身を包み、チェロを前に弦をスッとかざす。観客からの視線に宿る期待が最高潮に達したところで、披露したのは「サクラメイキュウ」(PSP用ゲーム『Fate/EXTRA CCC』主題歌)。夜の戦いの緊張感を描き出す歌とともに、最高のごちそうを届ける一夜の幕を開けた。
分島はMCで「こうした対バン形式のライブに出るのは初めて」と語り、「こんなにお客さんが来てくれるなんて!……ちなみに、私を見に来てくれた人は?」と恐る恐る問いかける。すると分島のライブグッズである“ユニコーンちゃんフラッグ”を振るファンの姿があり、安堵したような、そして心からうれしそうな笑顔を見せた。

int-140927-001-c003

その後も「signal」でしんみりとさせたり、初披露の新曲「world’s end,girl’s rondo」(TVアニメ『selector spread WIXOSS』OPテーマ)で盛り上げながら、いよいよ『selector infected WIXOSS』OPテーマの「killy killy JOKER」に。イントロで「まだまだいくよー!」と叫び、一気にテンションを上げた客席に向かって、チェロの弓をタクトのように振りながら「前!」「うしろ!」と煽っていく。ドラマチックな楽曲の展開に合わせて波打つ客席と、パワフルなバンドとチェロの演奏という、分島ならではのライブ・パフォーマンスが凝縮されたステージを見せつけた。

int-140927-001-c004

そして分島の呼びかけに答え、“ユニコーンちゃんフラッグ”を持ったichigoが登場。「ウソでもいいから盛り上がってください!」(分島)、「何そのネガティブ!」(ichigo)という本当に仲が良さそうな掛け合いも見せつつ、とびきりガーリーな「プリンセスチャールストン」(with ichigo ver.)をデュオで披露した。間奏では分島バンドのメンバーが交互にソロプレイを見せたり、さらにボーカル2人によるコール&レスポンスもあったりと、熱狂の途切れないステージで魅了した。
そして転換の間、ステージ奥の巨大スクリーンには、マイクの前に座ったichigoと分島のふたりが映し出される。そこで分島がステージの感想を語っていると、なんと彼女の好物であるイクラが運び込まれてきた。ichigoの「(分島がイクラを食べられるかどうかは)みなさんの温かい声援にかかっております!」「食べてもいいですか?」という呼びかけに、客席中から大歓声が返される。無事イクラを食べることができた分島は、次の出演者を予告するかのように「今日もいい日だっ!ばいちー」と言い放ち、このコーナーを締めくくった。

 

リクエストは“にくっ!”LiSA

int-140927-001-c005

やがて転換が終わり、ステージには今夜の2番手・LiSAが登場。「最高に楽しんで行きましょう」の掛け声とともに、アニメ『ソードアート・オンライン』OPテーマ「crossing field」を投下する。サビの歯切れよいフレーズに合わせて客席からのコールが入り、1曲目から早くも赤坂BLITZを大きく揺さぶった。続いて最新シングルから「L.Miranic」を披露し、妖艶な振りを交えつつ縦ノリで客席の熱量を上げていく。
MCでは公演名にちなんで「今日の晩御飯を決めるゲームをしたいと思います!」と呼びかけ、客席から「今晩食べて帰りたいもの」の案を募る。ラーメン、カレー、ステーキ、お好み焼き(却下)、肉まん(LiSAの大阪公演に行ったファンにはおなじみ551蓬莱!)、……などの案が出るも、結局挙手で多数決を取ることに。最終的にラーメンとカレーの2強となり、LiSAは客席を「上手側ゾーン=ラーメン」、「下手側ゾーン=カレー」の真っ二つに分けた。続く3曲目「エスケープゲーム」の間は「ラーメン(orカレー)!3,2,1!」というコールに合わせてジャンプ対決を客席に持ちかけ、歌い終えたあとは「ラーメンの勝ちかな?」と告げてLiSAッ子たちの夜食を決めた。

int-140927-001-c006

LiSA流の“おいしい”ライブステージはアクセルを緩めない。続いて披露した「I doubt it」は岸田が作曲した曲であるばかりか、なんと今回がライブ初披露。その感慨を表現するかのようにLiSAがステージを駆け回り、バンドメンバーもソウルフルな演奏を見せつける。本公演に足を運んだLiSAッ子たちが「来てよかった!」と全身で感じたであろう所に、LiSAの“デート”ではすっかり恒例の「アシアトコンパス」が投下され、サビのキュートな手振りで会場を横にも揺らしていく。そして「今日は3組いるけど、自分が好きな人を信じて、自分が最高に楽しいと思うやり方で楽しんでいってね!」というLiSAらしいひと言とともに新曲の「BRiGHT FLiGHT」、さらにキラーチューン「Rising Hope」を連投し、最後に「ゴチでーす」と囁くように言い残してステージを後にした。
続く転換タイムでは、やはり再び巨大スクリーンに映像が映し出され、そこにはichigoと汗だくのLiSAの姿があった。先のステージの感想もそこそこに、“肉”をリクエストしたLiSAには、叙々苑の焼肉弁当が差し出された。「食べてもいいですか!」と客席に問いかけるLiSAに「いいよー!」の大歓声。さっそく「(肉が)柔らかい……」と焼肉弁当を噛みしめるLiSAが映るなか、次の準備があるichigoが退席する。かわりにまだイクラを食べていた分島が登場し、互いの好物を交換し合うなど微笑ましい(そして、客席を空腹にする)やり取りを見せてくる。最後には2人がせーので「ゴチでーす!」とコーナーを締め括り、来るラストスパートへとステージをつないだ。

この記事を書いた人