VALSHEの“新境地”を見せるダブルリリース――ニュー・シングル「TRIP×TRICK」&ミニ・アルバム『storyteller II ~the Age Limits~』発売記念 スペシャル・インタビュー

“名前を奪われた少年の物語”を、三位一体で表現したニュー・シングル

 

――では8thシングル「TRIP×TRICK」について。“名前を奪われた少年の物語”というコンセプチュアルな1枚ですが、この作品ができた経緯から教えてください。

VALSHE 今回の表題曲のデモ音源を聴いたときに、なぜか自分の中で物語が浮かんで、しかもちょうど「TRANSFORM」を作り終えたあとのお休み期間だったんです。せっかく久しぶりの休みだから、自分の趣味の範囲で物語を書いてみようと思ったのがきっかけでした。そうして書いてみた物語がけっこうなボリュームになり、それをスタッフさんたちに見ていただいたところ、皆さん興味を持ってくれて。そこから「せっかく物語ができたんだから、これを軸にして、歌詞やMVを作ってみても面白いんじゃないかな」という話になりました。

――その制作過程は、VALSHEさんのプロデュースチームならではかもしれませんね。

VALSHE ここ半年から1年の間は、イラストから実写に移行していくにあたって、常に“新しさ”を提示してきました。そうして変化をしていく中でも、最終的にVALSHEにとって根本的に“変わらない部分”を今一度提示したいなという気持ちを、その物語を書く過程で感じたというか。そのどちらを取っても、作ることに対しての楽しさや喜びは変わらないんだなとも感じて。そんな発端と動機がそのままコンセプトに繋がるような作品になっています。

――そうして生まれた物語が、初回限定盤特典の朗読ヴォイスCDに収録されています。この朗読劇のシナリオは、VALSHEさんが創られた内容そのままの形ですか?

VALSHE そうですね。こうした絵本のような物語を見るのも読むのもすごく好きなんですけど、実際に自分自身が原作を書くのは初めてのことでした。基本的にはすべて自分の頭の中で想像したものですが、そこには自分が体感したことやその時の気持ちが、たとえばキャラクターの発言や思考に少なからず反映されているのかなと思います。

――表題曲「TRIP×TRICK」は非常にVALSHEさんらしいサウンドになっていますが、歌ってみていかがでしたか?

VALSHE 今回はいつもと違うアプローチだな、というのが第一印象でした。これまでVALSHEのシングル表題曲は、マイナーアップのデジタルサウンドを王道にしてきました。それが今回はAメロですごく暗く始まってファンタジックな流れを作り、Bメロでは急にメジャーコードになったと思ったらまたサビでマイナーになって。1曲の中でドラマチックな展開が多くて、そこはサウンドプロデューサーなりの初めての挑戦、VALSHEで見せたい新たな世界観の挑戦なんだろうと感じました。

――その新しさの体感が、物語の創作へと発展していったんですね。

VALSHE なのでサウンド単体で聴いていただいても、新しさは十分にお見せできると思います。ただ音楽を先に聴くと、それだけではわからないワードがたくさん散りばめられていて。その後に朗読劇を聞いていただくと、歌詞に出てくるワードがしっかりと出てくると思うので、そういった楽しみ方もできるようになっています。

――リスナーそれぞれの楽しみ方があるのは素敵ですね。

VALSHE 物語にしか出てこないワードや台詞がたくさんあるので、関連性が自分の中で汲み取れたときにすごく楽しいんじゃないかな、ワクワクしてくれるんじゃないかなと思います。それにMVも加わり、今回は「音楽・朗読劇・MV」が三位一体となった作品になっています。どこから行っても良いし、1つずつ楽しんでも良いし、人それぞれの楽しみ方ができるかと。

――カップリング曲「my name is…」は、まさにこの物語の結末を予感させるタイトルですね。曲は優しいバラードになっていますが、歌ってみていかがでしたか?

VALSHE バラードは今までにも何曲かあったんですけど、丸山真由子さんに編曲をしていただいたのは、シングルパッケージの中では2回目です。前回もVALSHEの“あるようでなかった”音楽を引き出していただいたんですけど、「my name is…」に関しても、自分にとってこの曲ができた経緯が印象深いんです。

――その経緯とは?

VALSHE 「TRIP×TRICK」のデモを聴いた自分が物語を創り、そのストーリーを読んだサウンドプロデューサーが「my name is…」を作った。その流れが、VALSHEならではの作り方だなと。「この物語を受けてEDテーマを作った」というふうに曲を持って来てくれたのが感慨深くて、ひときわ思い入れの強い作品になりましたね。

 

ファンタジックな世界観を、現実の世界でどう引き出すか

 

――今回は購入者を対象にトークショー・イベントを開催する予定とのことですね。昨年に初ライブを開催されて、「TRANSFORM/marvelous road」リリース後は東名阪でイベントを行った中、今回トークショー形式にした理由は?

VALSHE 2ndライブ(“VALSHE LIVE THE TRIP 2014 ~Lost my IDENTITY~”)を前にして、「自分が実写になってまだまだやりたいことがある。じゃあ次にしたいことは何だろう?」と考えたときに、ライブよりも身近に触れ合える空間があったらいいなとは前々から話していたんです。自分自身が発信する言葉、伝えたい言葉はもちろんあるんですけど、皆さんからの生の声をもっと聴きたい。ライブだとMC中に反応をもらえたりするけど、時間制限があったり、自分が言わなきゃいけないことがあったりで、全部を汲み取ることができなくて。そんな中で“対話をしていく”ことを、自分とファンの皆さんとの間で大切にしていきたくて。だから単純に触れ合える機会が欲しいと思ったのがきっかけです。だからトークだけではない、そこに来た人だけが楽しめる何かを、いろいろとできればいいなと思っています。

――東京と大阪の2都市での開催ですが、そうしたイベントなら地域ごとの雰囲気の違いがよりいっそう感じられそうですね。

VALSHE そういう意味では、昨年に行った初ライブは東京の1公演で、土地柄を体感することはできなかったですからね(笑)。それから「TRANSFORM」のリリースイベントで東名阪を回って、場所ごとの違いのようなものを実際に体感して感じました。

――さらにそのあとには1年ぶりのライブが決まっていて。タイトルが“Lost my IDENTITY”。この公演への意気込みをお願いします。

VALSHE 前回のライブ(OVER THE HORIZON FIRST CONTACT “LIVE THE JOKER 2013”)は、アルバム『PLAY THE JOKER』を引っさげてのファンクラブ限定のライブでした。そこではアルバムの世界観を、起承転結を設けてそのまま再現するライブにこだわったんですが、次の2ndライブでは、ストーリーを作ることはあまり考えていなくて。フルライブのなかでVALSHEが見せたい世界観を、精一杯パフォーマンスで伝えられるような。「日常を忘れて非現実の世界に引っ張って行きたい、引きずり込んでやろう!」という気持ちで鋭意制作中です。ファンタジックな世界観を、現実の世界でどうやって出していけるかが、自分でも楽しみで。これまでVALSHEのイベントに来たことがない方にも、ぜひ体感しに来てほしいです。

Text by 山中貴幸


■リリース情報
★VALSHE ニュー・シングル「TRIP×TRICK」
発売中
【初回限定盤】
int-140925-001-c002
価格:¥2,200+税
品番:JBCZ-6009
・2CD+DVD+デジタルコンテンツ+mini AL同時購入企画応募シリアルナンバー
・スリーブ仕様
・ジャケットタイプA
・特典CD:朗読ヴォイスCD 
DVD収録内容:「TRIP×TRICK」MV、MVメイキング映像
デジタルコンテンツ:VALSHE書き下ろしノベル+白皙による挿絵。視聴用ID封入。

 

【通常盤】
int-140925-001-c003
価格:¥1,200+税
品番:JBCZ-6010
・CDのみ
・ジャケットタイプB
※mini AL同時購入企画応募シリアルナンバー封入(初回生産分にのみ封入)。
<CD収録内容>※初回限定盤にはインスト収録なし。
01. TRIP×TRICK(作詞:VALSHE 作曲:minato 編曲:G’n-)
02. my name is…(作詞・作曲:minato)
●以下、通常盤にのみ収録
03. TRIP×TRICK -Instrumental-
04. my name is… -Instrumental-

★VALSHE ミニ・アルバム『storyteller II 〜the Age Limits〜』
発売中
int-140925-001-c004
価格:2,500円+税
品番:JBCZ-9012
<CD収録内容>
01.HIDE & LEAK(作詞:VALSHE 作曲:minato 編曲:G’n-)
02.WISHLIST(作詞:VALSHE 作曲:DOITOKI 編曲:丸山真由子)
03.羽取物語(作詞:minato 作曲:望月由絵&松澤 涼 編曲:G’n-)
04.Roma(作詞:VALSHE 作曲:minato 編曲:後藤康二)
05.CAINCOMPLEX(作詞:VALSHE 作曲:桑原佑介 編曲:中山真斗)
06.セミステージ(作詞:minato 作曲:VALSHE 編曲:G’n-)
07.Separation(作詞:VALSHE 作曲:菊池佑介 編曲:FAITH-T)
【初回限定仕様】
・三方背スリーブ仕様
・同日発売シングル「TRIP×TRICK」(品番JBCZ-6009、JBCZ-6010)同時購入応募企画、応募シリアルナンバー封入(初回生産分のみ)。

 

■ライブ情報
“VALSHE LIVE THE TRIP 2014 〜Lost my IDENTITY〜”開催決定!
11月8日(土)千葉・舞浜アンフィシアター
1.開場 14:00/開演 15:00
2.開場 17:00/開演 18:00
チケット:全席指定 6,500円(税込) 
お問い合わせ:ディスクガレージ 050-5533-0888
※4歳以上チケット必要。3歳以下入場不可。

●プレイガイドチケット先行販売情報
・ローソンチケット プレリクエスト
お申し込みはこちら!
(※受付期間:9月19日(金)13:00~9月30日(火)23:59)
・イープラス プレオーダー
お申し込みはこちら!
(※受付期間:9月22日(月)12:00~9月28日(日)18:00)

関連リンク

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人