新たな一面、新たな魅力を見せていくための冒険の一歩。「THE IDOLM@STER 9th ANNIVERSARY WE ARE M@STERPIECE!!」大阪公演二日目レポート

int-140805-001-c011

釘宮は、プロデューサーたちに心配を忘れさせるほどの笑顔でステージに登場。昨日は歌えなかったカバーコーナーでは貴音の「フラワーガール」を披露!貴音曲のなかでももっともかわいい、ピンク色のイメージの曲。言われてみればこれほどぴったりくる選曲はなく、“かわいさ”に表現を全振りした伊織と釘宮が無敵なのは言うまでもない。「エエーン!」「イェイ!」を直接見れば、「どう転んでも伊織が好き!」と叫ぶしかないのだった。

int-140805-001-c012

ソロ曲は、伊織が少し成長した、少女と大人の間で放つ煌めきを詰め込んだ「DIAMOND」、気まぐれにPを振り回す女神の魅力の「Sentimental Venus」、そしてラストは伊織の芯にある優しさを淡く描く「フタリの記憶」という完全版構成。普段なら詞の切ない世界と結末に胸が締め付けられる楽曲だが、前日の釘宮を見て心配していたプロデューサーには「元気が戻ってきて良かった フタリでがんばってきたよね」のフレーズは特別に染みたに違いない。表現者としての釘宮の魅力と実力が余すことなく観えたステージだった。

int-140805-001-c013

今まであまり観せていない千早の一面を前日の「choco fondue」で見せつけた今井だが、翌日の一曲目の静かで叙情的なイントロはあまり聞き覚えがない。だがあるポイントで一転して生バンドが疾走しはじめるとすぐにわかった。今井の二日目限定曲は「Fate of the World」!!劇場版『THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ!』の挿入歌であり、劇場以外ではほとんど聴く機会がない曲を持ってきた。中二テイストすら漂う直球ロックナンバーで、ステージ上で全力疾走を見せる今井。今度は「今井麻美の別の一面」を見せてきた感じだ。そして、「Fate of the World」といえば、劇場版の劇中劇である『眠り姫』で使われた楽曲。ここから同作のテーマ曲である「眠り姫」につなぐことで、前日と同じ楽曲なのに違う効果を出してきたのにはニヤリとさせられた。

int-140805-001-c014int-140805-001-c015

6年ぶりに披露された滝田の「ID:[OL]」。きっと特別な思いが込められた浅倉の「Kosmos,Cosmos」。『ミリオンライブ!』楽曲。『ぷちます!』楽曲、そして劇場版『THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ!』の楽曲。おそらく、すべての楽曲を完璧に覚えているプロデューサーはむしろ少数派のはずだ。それは拡大しながら9年間を過ごせばごく自然なことだが、アニメ化以降特に“予習がなくても楽しめる開かれたライブ”を志向してきたアイマスチームにとってはこのセットリストは冒険だったはずだ。

int-140805-001-c016

それが実現できたのは、核になるキャラクターを知ってさえいれば、きっと初めての曲でもそのキャラクターの「新しい一面」として楽しんでもらえる、そして6人は初めて見る楽曲であっても魅力を伝えられるだけの確固たる実力と表現力を備えているという信頼の証だろう。これをきっかけに、『ミリオンライブ!』の「LTP」シリーズや『ぷちます!』の楽曲の数々に興味を持ってくれるプロデューサーがいれば、なお素晴らしい。

int-140805-001-c017

そしてそのあたりを考えていると、初日に小さな違和感を感じた“アンコールの締めの楽曲が何故今「READY!!」なのか?”という疑問に、自分なりにしっくりくる答が出た。新しい一面、今までにない楽曲も楽しんでほしいが、「最初」と「最後」は誰もが知っていて、誰でも楽しめる楽曲を。そう考えれば「THE IDOLM@STER」と「READY!!」という組み合わせはむしろ必然だろう。

int-140805-001-c018

7周年の横アリや今年2月のSSAライブはオールスターの魅力を大会場で凝縮する方向での演出の到達点だったが、今回は絞り込んだ人数で、個の魅力を十全に見せるためのシンプルな、しかし考えつくされたステージと表現だった。ステージを支える演出チームや生バンドも含めて「M@STERPIECE!!」と呼ぶにふさわしいと思う。沼倉が最後のマイクで力強く叫んだ「これが765プロです!」の言葉が、このライブのすべてを表していた。

Text by 中里キリ


THE IDOLM@STER 9th ANNIVERSARY WE ARE M@STERPIECE!!
2014.08.03@インテックス大阪
セットリスト

M01 THE IDOLM@STER(全員)
M02 ラムネ色 青春(沼倉、今井、釘宮)
M03 スタ→トスタ→(下田)
M04 おとなのはじまり(下田)
M05 微笑んだから、気づいたんだ。(下田)
M06 Kosmos,Cosmos(浅倉)
M07 ハミングロード(浅倉)
M08 ALRIGHT*(浅倉)
M09 ID:[OL](滝田)
M10 空(滝田)
M11 光(滝田)
M12 マリオネットの心(沼倉)
M13 キラメキラリ(下田)
M14 乙女よ大志を抱け!!(浅倉)
M15 フラワーガール(釘宮)
M16 YES♪(沼倉)
M17 いっぱいいっぱい(滝田)
M18 隣に…(今井)
M19 自分REST@RT(全員)
M20 待ち受けプリンス(浅倉、下田、滝田)
M21 Brand New Day!(沼倉)
M22 しあわせのレシピ(沼倉)
M23 Rebellion(沼倉)
M24 DIAMOND(釘宮)
M25 Sentimental Venus(釘宮)
M26 フタリの記憶(釘宮)
M27 Fate of the World(今井)
M28 眠り姫(今井)
M29 Snow White(今井)
M30 M@STERPIECE(全員)
EN1 ONLY MY NOTE(全員)
EN2 READY!!(全員)

関連リンク

この記事を書いた人