歌声もトークも持ち味全開!アルバム『SECOND』発売記念イベント“Geroの泉 ~REBIRTH~”レポート

int-140709-001-c002

7月2日Geroが自身の2ndアルバム『SECOND』のリリースを記念して、池袋サンシャインシティ噴水広場にて“Geroの泉 ~REBIRTH~”を開催。Geroの持ち味であるハイトーン・ボイスやトークを存分に楽しむことのできる、大盛り上がりのイベントとなった。

int-140709-001-c003

この日は噴水広場のステージの周りはもちろんのこと、上の階までぐるりとファンが囲む。吹き抜けのこの広場で、ファンはあらゆる方向からGeroの登場を今や遅しと待ちわびていた。のちにGero自身もトーク中に触れていたが、平日にもかかわらずこれだけのファンが集まったのは、このイベントへの期待値の高さと満を持してのリリースとなる『SECOND』に対する想いが具現化した結果だろう。
まずは『A&G ARTIST ZONE 2h』でタッグを組む声優・西山宏太朗が登場し、早くも歓声が上がる。続いて待望のGeroの登場。と同時に、ステージ後方の噴水が天高く噴き上がる!会場の期待と興奮を、ステージの側から目に見える形にするという珍しい光景だ。

int-140709-001-c004

まずは『ポケモントレッタ』から新曲「ザ!ポケモントレッタ!with ポケモンメガリング」を披露。『ポケモン』というキャッチーなタイトルにおいて王道主題歌をうたい上げる伸びやかで爽やかなGeroの歌声に触れれば、通りすがりの人でも思わず足を止めてしまうに違いない。もちろん観客へのアプローチも忘れない。最初は手拍子で盛り上がっていた観客を随所で煽り、ラストには「Oh! Oh!」の掛け声が響くまでに。こうしてGeroは4分ほどで、噴水広場のみならず周辺通路までも自らのホームへと作り替えていた。

int-140709-001-c005

曲が終わり、続いてフリートークへ。「噴水広場を“Geroの泉”って呼んでいいのか?って前回(※1月開催時)も言いましたが……“REBIRTH”って(笑)」とひと笑い取りつつ、今回はイベントコーナーとして、前述の『2h』より「Geroゼミ」の出張版を開催。今回は1分間でどちらが互いの好きなところを言えるか、という対決。観客の拍手で勝敗を決し、敗者は勝者が考えた恥ずかしい告白セリフを言わなければならないというもの。

int-140709-001-c006

このコーナーの判定時に事件が起こる。なんと、Geroへまったく拍手が起こらない!思わず目を見開くGero。「全員サクラか!?」と西山に詰め寄るが、もちろんこれはGeroのアピールが悪かったからではない。みんな、Geroの告白セリフを聞きたいのだ。

int-140709-001-c007

披露された告白のテーマは「かくれんぼ」で、彼女に見つかった彼氏が、その瞬間プロポーズをするというかなり難易度の高いもの。さすがにGeroも演じきったあとに「これなんやねん!」と突っ込んでいた。

int-140709-001-c008

気を取り直して、再びライブパートへ。今度はこの日発売のアルバム『SECOND』より、「吾輩はオス猫である」を披露。ノリノリな楽曲に伸びやかに響き渡るGeroの歌声は、オーディエンスを魅了。フリーイベントにもかかわらずとてつもない一体感が場を包む。その一方、曲ラストのセリフではファンのハートを撃ち抜いていた。

この記事を書いた人