新田恵海、待望のアーティスト・デビュー!早くもスペシャル・インタビューが到着!

私にとっても新しい一歩だと思っています

int-140704-01-c004

――ちなみに余談ですが、これからのアーティスト・デビューに際して、いろいろとやることが増えていくと思います。ひとりでのアーティスト写真とかMVとか……、まだ途中の段階かとは思いますが、今どんな気持ちでいますか?

新田 今まではキャラクター、例えば『ラブライブ!』の高坂穂乃果としてだったら、撮影でも穂乃果らしいポーズや穂乃果っぽい笑い方をすごく意識していました。だからこれもひとつの迷うところですね。私は割と元気で明るい方だとは思うんですけど、今まで見せられなかった顔を、いろんなところで見てもらえるんじゃないかなと思います。

――あと、ソロだと周りに誰もいないですよね。

新田 そうなんです……(頭を抱えながら)不安だよぉ~!(笑)。ひとりで立つのが初めてで、もちろん不安なんですけど、この曲をもらったときに思ったのは、作家のみなさんを始めとして、私のことを支えてくれる方がこんなにいるんだなと。それが勇気にもなりました。

――ソロ・デビューにあたって、先輩であり事務所の社長でもある佐藤ひろ美さんに、いろいろ話を聞いたりアドバイスをもらったりしているんですか?

新田 しますねえ。背中を叩かれお尻を叩かれで……(笑)。私はちょうどデビューしてから5年目で、ターニングポイントになる年にこんな素敵な話をいただいて。事務所のオーディションでは上松さんも審査員でいらっしゃったので、最初から見てくださっていた方々に、ここまで連れてきていただいたんだなという実感はあります。そして私にとっても新しい一歩というか、これがあらたな始まりだなと思っていますね。

――これからたくさんのことが待っていると思いますが、それに向けて、今の時点で思い描いているアーティスト像はありますか?

新田 いわゆる声優アーティストと自分は少し違うと思っていて。私にとっては演じること、声優をやることも100%ではあるんですけど、いち声優が歌をうたっているというよりも、新田恵海という人間が歌を歌っているという気持ちでいるんですね。私にとって歌うことはあたりまえのことで、歌とはずっと一緒にいたので。ひとりの人間として、足りないところだらけの私ですが、良いところも悪いところも含めて、私が歌を通してできることがやれたらいいなと思います。

――新田さんにとって、歌がいかに自分に寄り添っているものなのか、そうした生き様のようなものは、これからたくさん見られるんでしょうね。

新田 今までキャラクターのフィルターを通して、たとえば元気だったり明るいイメージを崩さないようにしていた部分はあるんですけど、たぶんこれからはそれを少しずつ壊していくんじゃないかなと思います。ありのままの私を見ていただけるんじゃないかなと。アーティストとしてかっこよく飾ったりするのは私らしくないので。もちろん元気も笑顔もお届けしたいし、もっとたくさん見せていきたいんですけど、リアルな私の弱気だったり、そうした部分も見せていく場になるのかなと思います。

――これから先も、どういった曲が出てくるのか、長い目で見ても非常に楽しみです。

新田 歌に対するこだわりや、歌いたいという気持ちは、誰よりも強い……って言ったら言い過ぎかもしれませんけど……いや誰よりも強いんです!(笑)。全身全霊をかけて表現していけたらなと思います。

Text by 澄川龍一(リスアニ!)
Photo by 西原史顕(リスアニ!)

[プロフィール]
ニッタエミ/12月10日生まれの声優/シンガー。音大声楽科卒業、現所属事務所であるSの新人アーティスト・オーディションでグランプリを獲得、その後ゲーム「D.C.Ⅲ~ダ・カーポⅢ~」(森園立夏役)、『ラブライブ!』(高坂穂乃果役)で注目を集める。さまざまな作品でキャラクター・ソングを歌ってきたが、2014年9月に待望のアーティスト・デビューを果たす。


■CDリリース情報
新田恵海「笑顔と笑顔で始まるよ!」
2014年9月10日発売
【生産限定盤(CD+DVD)】
int-140704-01-c006
価格:¥1,800+税
品番:EMTN-10002
<CD収録曲>
1.笑顔と笑顔で始まるよ!
2.想像を超えた世界
3.笑顔と笑顔で始まるよ! -Instrumental-
4.想像を超えた世界 -Instrumental-
<DVD収録内容>
『笑顔と笑顔で始まるよ!』Music Video

【通常盤(CD)】
int-140704-01-c007
定価:¥1,200+税
品番:EMTN-10001
<収録曲>
1.笑顔と笑顔で始まるよ!
2.想像を超えた世界
3.笑顔と笑顔で始まるよ! -Instrumental-
4.想像を超えた世界 -Instrumental-

関連リンク

この記事を書いた人