伝説はここから生まれる。加藤和樹「Legend Is Born」発売記念スペシャル・インタビュー!

int-140604-02-c002

俳優・声優・歌手としてマルチな才能を発揮し続ける加藤和樹の記念すべき10枚目のシングルは、TVアニメ『マジンボーン』のOPテーマ「Legend Is Born」。久しぶりのTVアニメ主題歌となった本作にかける彼の想い、さらには「アニメソングを歌う」ことについての、彼の想いに迫る。

 

――記念すべき10枚目のシングルですが、アニメの主題歌というと?

加藤和樹(以下:加藤) 『家庭教師ヒットマンREBORN!』のOPテーマの『EASY GO』以来ですね。あれが2009年だったので。あのアニメでは自身でも桔梗役で声優としても出演をさせていただいていた作品だったんです。それ以来の主題歌なんですが、今回は歌詞の中にアニメのタイトルが入っているのも初めてなので、それも気持ちが入るし、うれしいですね。

――しかも今回の『マジンボーン』も夕方放送のアニメなので、子供たちが観ますよね。

加藤 そうなんですよ。僕自身もアニメを観て育っているので、夕方にアニメを観ていたり、主題歌を一緒に歌っていたイメージが強いんですよね。『ドラゴンボール』とか大好きな、影山ヒロノブさん世代なので、その気持ちで歌いましたね。

――『マジンボーン』はカードバトルがベースにあったりもしますが、今の子供たちの観ているアニメとご自身が観てきたアニメに違いってありますか?

加藤 根本的なものは変わっていないと思うんですよね。正義とか友情とか。それはやっぱり変わらないなっていうのはすごく感じます。僕には甥っ子がいるんですけど、まさに夕方アニメを観る世代なんですね。その甥っ子にも観てもらえるし、一緒に歌ってくれるといいなって思いますよね。アニメのゴールデンタイムですしね。

――そんなタイミングですごく広がりのあるダイナミックな1曲がアニメの幕開けを告げるわけですが、今回は作詞が藤林聖子さん。最近はご自身で作詞をすることも多いので、作詞家の方とのコラボは新鮮だったんじゃないでしょうか?

加藤 うん。そうですね。前回出したミニ・アルバム『TOY BOX』は、自分でも作詞をしましたし、一緒にやってきたアーティストの方にも書いていただいたりしたんですけど。今回は新しいチームでやらせていただいたことで、僕自身も新鮮でしたね。それに曲を作ってくれたダルビッシュPさんの曲もすごく合うなって思っていて。曲を最初にもらって聴いた段階から、これはいいものになるぞという確信があったし、イメージも湧きやすかったですし、歌っていて何よりも気持ちがよかったですからね。

――ロックだけど気持ちよさそうでしたよね。

加藤 そう。もう、イメージとしては「THEアニソン」っていう感覚がすごくあるんですよ。でもロックだし、疾走感もあって、耳に残りますよね。言葉に関しても、伝わりやすくてわかりやすいほうがいいなっていうのは思いますよね。今回も前に進んでいる感じがすごく伝わってくるし、ああ、さすがだなっていうのは感じますよね。

――ライブで聴きたい曲ですよね。

加藤 そうですよね。結構、盛り上がると思いますね。やっぱりアニメが放送されて、ファンのみなさんの反応もすごくよかったですし、ライブがイメージできる曲ではありますね。先日、PVの撮影もしたんですが、そこでもがっつりバンドスタイルでの撮影をしたので、ライブ感はすごくあります。

――ロックが好きで、ずっと歌ってきている和樹さんが思う、アニソンの魅力ってなんでしょうか?

加藤 ずっと残るものですよね。子供の頃に聴いたものなのに、今でも歌えるし、カラオケに行けばやっぱり歌いますし。当時見ていたアニメの主題歌でも心に残っている。そんなふうに今の子供たちの心に残る曲になるように、そうであったらいいなって思いますよね。大人になったときに「マジンボーン見てたよね」「これこれ。『Legend Is Borm』だよ」って歌ったり、思い出話をしてくれたらうれしいですね。

――そんな思い入れがあると、歌うときにもアニソンであることを意識しそうですね。

加藤 しました。とにかく、自分が影山ヒロノブさんになった気持ちで歌いました。……もちろん、なれないんですけど(笑)。それでもパワー感とかは意識しましたね。ストレートに伝えたいなってことはすごく感じていたので。小細工はなしに、とにかくまっすぐに、ストレートに歌うことを意識して歌いましたね。

――影山さん意識の和樹さんの歌声!

加藤 1回お仕事で影山さんにお会いする機会があって、本当に子供の頃から大好きなんですってお伝えしましたからね。その時はJAM(Project)でいらしていたんですが、ライブにも1回行ってみたいですしね。あのパワー感は好きなことをやっているからなんだなってことも感じましたし。目指すべき姿のひとつではあるなって思います。僕らにとっては憧れの存在。そういう存在がいてくださるからこそ僕らも目指す場所を見せてもらえる。ただカッコいいだけじゃないのがすごいですよね。海外からも認められる。それこそアニメの魅力ですよね。

――実際にその歌声がオープニングの絵と合ったのを見たときにはどんな感想がありましたか?

加藤 一番初めに歌わせていただいた『家庭教師ヒットマンREBORN!』の時もそうだったんだけど、ちょっと恥ずかしいような感じはありましたね。「うわぁ、本当に絵と一緒になってる!」っていう感じになるんですよ。

――でも歌っていて、なんとなく予想がついたりしないですか?アタックの強い箇所ではバトルしてそうだな、とか。

加藤 サビでだいたいバトルになるなってこととかはあるんですけど(笑)。それでもにやにやしちゃいますね。いまだに慣れないというか。やっぱり一人のお客さんとして観るので、最初は流して観たあとに、もう1回、巻戻して観ちゃったりもしました。

――PVとは違う?

加藤 違いますね。ワクワク感が違います。リアルタイムでテレビの画面から流れてくるのってワクワクしますよ。あれはすごく不思議な感じですね。毎週、物語の始まりに流れて来ますからね。

――そしてカップリングにはタイトル曲と同じダルビッシュPさんの手がけた「ひとりじゃない」を収録。歌詞は和樹さんご自身が書かれていますが、「Legend Is Borm」は意識されましたか?

加藤 そうですね。アニソンのカップリングという曲もあるし、個人的にはアニメの世界観も引きずりつつ、伝えたいメッセージを自分なりに書きましたね。あのアニメは、主人公がいきなりボーンファイターとして覚醒して、仲間という意識もないんですけど、いろんな道をこれからともにしていくなかで、やっぱりひとりでは戦えないし、仲間がいるからこそ辛いことも乗り越えられたりとかってことはあると思うんですね。それはアニメの世界だけじゃなく、僕らのいる日常もそうで。誰かがいるから自分がいる、自分がいるから誰かがいる。そのことを忘れてほしくないなって思うし、僕のこれまでの歌もそうだけど、僕自身はやっぱり人との繋がりを大切にしたいって思ってきているし、自分が未知を見失ったときに助けてくれたのってファンのみんなだったり、周りにいる友達とかスタッフ。自分はひとりじゃないってことを忘れてほしくないなってことを思いながら書かせていただきました。

――でも今回の曲を歌うことで、アーティストとしてまた表現の幅を広げた感がありますよね。

加藤 音楽には変わりないなって思いますよね。ロックでもアニソンでもボカロでも。もちろんボカロに対して最初は「俺たちは必要なくなるんじゃないか」って思ったこともあるけど、それはそれとして聴けば曲はめちゃくちゃカッコいい。だからこそこれを人間が歌ったらどうなるんだ?って単純な興味が湧いたことで歌ってみたんですけど、それでもやっぱり初音ミクやカイトだからこそ出せる魅力もあるって感じられた。いろいろなスタイルがあっていいじゃんって思うんです。それもあってアニソンのお話をいただいてトライしました。

――そしてこのシングルをひっさげて久々のツアーです!

加藤 この曲をフルバンドでやったら気持ちよさそうだなぁって思いますよ。楽しみなんです。Zepp DiverCity TOKYOも初めてなので楽しみですし。ミュージカル『レディ・ベス』が6月は休みの期間なので、そのときにツアーを廻ってロックな僕自身を届けて、また7月から9月まで『レディ・ベス』は公演があるので、そちらも楽しんでもらいたいです。

Text by えびさわなち


【加藤和樹「Legend Is Born(ver.R)」Short size】

 

■CDリリース情報
加藤和樹「Legend Is Born」 
2014年6月4日発売

【Single+DVD】
int-140604-02-c003

価格:¥1,800+税
品番:KDSD-00707,708

【通常盤A】
int-140604-02-c004

価格:¥1,000+税
品番:KDSD-00709

【通常盤B】
int-140604-02-c005

(C)BANDAI・東映アニメーション・テレビ東京

価格:¥1,000+税
品番:KDSD-00710

発売元:ティームエンタテインメント
販売元:ソニー・ミュージックディストリビューション
<収録曲>
【CD】
M1.Legend Is Born  作詞:藤林聖子、作編曲:ダルビッシュP
M2.ひとりじゃない 作詞:加藤和樹、作編曲:ダルビッシュP
M3.Legend Is Born(カラオケ)
M4.ひとりじゃない(カラオケ)
【Single+DVD仕様 付属DVD】
Legend Is Born (ver.R)Music Video
★初回限定封入特典
データカードダス マジンボーン対応カード「ドラゴン・翔悟」
※Single+DVD、通常盤A、通常盤B 共通

関連リンク

この記事を書いた人