【「AnimeJapan 2014」イベントレポート】シャアとセイが夢の共演!“機動戦士ガンダムシリーズ スペシャルステージ”レポート!

 int-140402-001-c001

「AnimeJapan 2014」1日目の3月22日(土)、GREENステージの第6プログラムとして、“機動戦士ガンダムシリーズ スペシャルステージ”が開催された。小松未可子國立 幸内山昂輝池田秀一の4名が出演し、『ガンダムビルドファイターズ』や『機動戦士ガンダムUC』の魅力に触れられる、ここだけのトークショーを展開した。

 

int-140402-001-c002 int-140402-001-c003

ステージ前半の『ガンダムビルドファイターズ』コーナーでは、小松、國立、そして池田の3人から、放送中のTVアニメがクライマックスを迎えている同作への思いが語られた。さらに、クワトロの「これが若さか……」など過去の『ガンダム』シリーズの名言がオマージュされた同作の場面紹介なども行われ、面白さ半分、名場面を演じた本人を前にしての緊張感が半分のトークを展開。

int-140402-001-c004 int-140402-001-c005

そしてコーナーの最後では、林 ゆうき作曲の劇伴「GUNDAM BUILD FIGHTERS」が流れるなか、ステージに「シャア専用ザク」の初代プラモデルと、「ザクアメイジング」のプラモデルが運び込まれ、新旧の共演をプラモデルで物語るというなんとも熱い演出が!そして小松、國立から池田にサプライズプレゼントとして「シャア専用ベアッガイⅢ」が贈呈され、さらに池田からのサプライズ返しとして「シャア専用ビルドストライクガンダム」が贈られた。特にシャア専用ビルドストライクのかっこよさには客席も大喜びで、世代を超えたプレゼント交換に盛大な拍手が巻き起こった。

 

int-140402-001-c006 int-140402-001-c007

ステージ後半の『機動戦士ガンダムUC』コーナーでは、引き続き舞台に残った池田の「バナージくん、入りたまえ」の声に呼ばれるかたちで内山昂輝が入場。2014年5月17日上映スタートのエピソード7「虹の彼方に」で完結予定の『機動戦士ガンダムUC』の話題を中心に、過去のエピソードの振り返りダイジェストが上映された。第1エピソードのラスト、バナージが父親のカーディアスと死別するシーンでは、「このときは10代でした」(内山)、「お酒が飲めなかったね」(池田)というやり取りが交わされるひとコマもあり、4年の歳月をかけていよいよ完結しようとしている本作への感慨が感じられた。

int-140402-001-c008 int-140402-001-c009

そして初お披露目の「1/144ネオ・ジオング」のプラモデル試作品が運び込まれ、会場はどよめきに包まれる。「虹の彼方に」に登場予定の機体で、全高116.0m、本体重量153.8tという設定の超巨大MAは1/144サイズのプラモデルでもインパクト抜群!これには会場の熱心なガンダムファンからも唸る声が上がっていた。

  

int-140402-001-c010 int-140402-001-c011

そして最後にはキャスト各々が演じるキャラクターになりきって告知を行い、池田が「見せてもらおうか、ガンダム35周年の実力とやらを」と締めくくって終演。35年が経ってもやっぱりシャアは最高にかっこいい!と感じずにはいられないステージとなった。

Text by 山中貴幸

機動戦士ガンダムシリーズ スペシャルステージ
@2014年3月22日(土)「AnimeJapan 2014」GREENステージ

(C)創通・サンライズ・テレビ東京
(C)創通・サンライズ

関連リンク

この記事を書いた人