“色”とりどりのゆかちの魅力がいっぱい!井口裕香「rainbow heart ♡ rainbow dream ☆/Strike my soul」発売記念イベント・レポート!

 int-140217-001-c008

1月12日にニッショーホールにて、井口裕香の3rdシングル『rainbow heart ♡ rainbow dream ☆/Strike my soul』発売記念イベントが開催。ときに歌声で、ときにトークで場を盛り上げる彼女の魅力を隅々まで感じることのできるイベントだった。

まずはいきなり「Strike my soul」のライブからスタート。ファンも意表を突かれた様子ではあったが、それを見た井口は「立って立って!」とジェスチャーでアピール。すると観客もすぐに手元のペンライトを黄色く灯し、スタイリッシュなナンバーを楽しんでいた。

int-140217-001-c001

続くトークパートでは、まず歌始まりだった今回のイベントの冒頭を「めっちゃ緊張した!」と振り返る。このニッショーホールはRO-KYU-BU!のお披露目でも使われた会場ということもあり、その舞台にソロで立てた、という点にも感慨深そう。そして、デビューからこれまでの1年を「3rdまでのソロシングルと、RO-KYU-BU!、さらに『戦姫絶唱シンフォギアG』もあって、作品としてもいちアーティストとしても、歌い方を考えた一年だった」と振り返っていた。

int-140217-001-c002

そこから話は、今回のメイントピックである3rdシングルへと移る。まずは「rainbow heart ♡ rainbow dream ☆」。
まず「かわいい!」と感じ、「盛り上がれそうだし、井口らしさもあって、元気で耳に残る曲だな、と思った」と語る。ところが「井口らしい」と話していたこの曲、レコーディングの際は「初めはどう歌うか戸惑った」とのこと。「作り込みすぎるとキャラソンみたいになっちゃうので、自分発でのチャーミングさを作り込みすぎずにどう出すかを考えました」と、聴きどころを解説。
話題は続いて「Strike my soul」へ。かっこいい歌声が印象的なこの曲だが、井口自身も「こういう曲もいつか歌いたかったので、こんなに早く歌えてびっくり」と念願叶ってうれしそうな様子。作品のクールさを出すため、レコーディング・ブースの明かりを暗めにするなど、気持ちの面からのこだわりが強く伝わってくるエピソードを披露していた。

そして話題は「リスアニ!TV」レギュラーコーナーの話へ。「(リスアニ!TVは)普通に毎週見てました!」と語る彼女がレギュラーを務めるコーナー「井口裕香のゆかいなおさんぽ」は、現在毎週放送中なので、こちらもぜひ楽しみにしていただきたい。

int-140217-001-c003

ここからまた楽曲の話題に戻り、MVについてのエピソードへ。今回は海外の学祭っぽいイメージで製作され、井口お気に入りの衣装はダンスシーンで着用したパーカーだとか。ただこのダンスシーン、実は当日いきなり踊ることが決定したり(!)と、なかなかハラハラな裏話も飛び出す。

そしてここからは、このMVのオフショットをバックにトークを展開。彼女が(?)リフティングを披露したときに着用していたフットサルのユニフォーム姿は、まさになでしこジャパン。ユニフォームについては「声優って、普段職業的な服装を着ないので、すごく新鮮でした」とも振り返っていた。そして壁にかかっていた鹿のマスクに顔の位置を合わせて撮影された一枚が映し出されると、「カメラマンさんも悪ノリして、本気で数枚撮影していました」とのエピソードが披露され、場内は笑いに包まれた。

int-140217-001-c004

MV撮影をひと通り振り返ったところで、企画コーナー「rainbow くえすちょん ♡ rainbow あんさー ☆」へ。このコーナーは、抽選ボックスから七色のクジを引いて、その色にちなんだ質問に答えていく、というもの。まず最初に引いたのは黄色。「普段注意を心がけていることは?」という質問に「乾燥に気をつけて、お風呂上がりにオイルを塗っている」と回答。ただ、その結果見た初夢が「ひたすらヌルヌルした滑り台を生死をかけて突破する」というもので、なぜか金元寿子さんが大活躍していたとか。そしてここから神がかり的な連想ゲームがスタート。続いて引いた青のクジの「めっちゃブルーになったことは?」との質問に「さっきの夢かな?」と回答。その後「人見知りなときにそう思うので、今年は初めての人に臆しない!」と目標を語っていた。そして続いて引いた藍色の「理想の落ち着いた大人の女性とは?」の質問には「金元さん!」と答え、またも連想ゲーム成立。「今はまだ落ち着いてると『どうしたの? おなか痛い?』って言われるけど、自分自身も、演じる役も落ち着いたものが増えてきたらいいな」と、ここでも改めて新年ならではの目標を語る。そして最後に引いた紫での質問は「『これは癒やされる』と思っているものは?」。真冬らしく「おふとん!」を真っ先に挙げる井口。ただ、「最近3日ほどはソファーで寝落ちている」と、ここでもしっかり(?)オチをつけていた。

int-140217-001-c005

トークもうまくまとまったところで、ここからはライブパート。「私自身今年初めてのイベントなので、素敵なイベント初めにしたいなと思っています。ぜひ皆さんも一緒に楽しんでいきましょう!」とのMCから始まったのは、2ndシングル「Grow Slowly」。堂々と、しかし爽やかに歌い上げる。前回のイベントとは違い客席全体に手を振る余裕もみせ、彼女のこの1年間の成長が見て取れた。そして、最後の曲に向けてまたMCを挟む。「次の曲がこのイベント最後の曲になるので、掛け声の部分とか、みんなで一緒に歌って楽しい思い出を作りたいと思っていますので……みなさん大きい声を出す準備はできていますか?一緒に歌っていきましょう!『rainbow heart ♡ rainbow dream ☆』!」イントロから大盛り上がりのキラーチューン。井口裕香の歌声・キャラクターによくマッチしたこの曲に、オーディエンスの合いの手が入るとさらにこんなに魅力的に昇華するものか――と、しみじみ感じさせられた。

int-140217-001-c006int-140217-001-c007

最後に、ファンへ向けて井口からメッセージ。
「本当に今日はありがとうございました。こうやって楽しい思い出がまたひとつみんなと作れて、2014年のとても素敵なスタートが切れたと思っています。2014年は、もっともっと新しいことにチャレンジして、みんなの前で歌を楽しむ時間がたくさんできたらいいなと思っていますので、ぜひぜひまた応援しにきてくれるとうれしいです!」

この日歌われた最新シングルに象徴されるように、様々な“色”を身につけた井口裕香。その色とりどりの輝きは、これからどのように増していくのだろう?今後も彼女の活動から、目が離せない!

Text by 須永兼次(リスアニ!)
Photo by 西原史顕(リスアニ!)

関連リンク

この記事を書いた人