meg rock、新曲にセルフカバー、メロキュア曲にと大充実の2013年年末ライブ・レポート!

 int-140118-001-c008

2013年12月29日、meg rock[jet setter, jet lag tours ♥ frosty night out ♥ extra] “second-step-in-snowy-meadow party” が、TSUTAYA O-Crestにて開催された。自身のソロ名義の楽曲やメロキュア楽曲をはじめ新曲やセルフカバーまで披露された大充実のライブの模様をお届けしよう。

int-140118-001-c001

スタンディングのフロアは満員大入り。客入れBGMでは『ラブボ』収録曲など懐かしいmeg rock曲で、メグロッカー (ファン) をもてなす。
ダースベイダーのテーマとともにメンバーが入場し、「ready ? here we go.. 1・2, 1・2!」の掛け声とともにメロキュアの「birthday girl」からライブはスタート。いきなりの掛け合いに大盛り上がりのフロア。岡崎律子パートはそのままボーカルを活かし、あくまでもメロキュア曲としてのパフォーマンスをみせる。続く「レジへGO!」では「1!2!3!4!GO!ロック!」のパートでさらにテンションUP。アッパーなナンバーが続く。勢いそのままに鉄板曲「clover」へと続き、ときにキュートなボイスで、ときにパワフルに迫るボーカルでメグロッカー達を魅了する。

int-140118-001-c004

MCではちょうど1年ぶりのワンマン・ライブであることに触れ、メロキュアのリーダーである、岡崎律子の誕生日である12月29日に、今年もやりたいと思っていた、と語る。
未音源化楽曲「twinkle, sparkle」では、ステージ上の太鼓をリズミカルに叩いたり、両サイドのお立ち台からフロアを見下ろしたりと、様々なパフォーマンスにフロアは再び盛り上がりをみせていた。そしてこちらも鉄板ナンバーである「incl.」を経て、ミドルバラード「perfect world」で一旦落ち着く。会場中がその音をゆっくり味わうようなムードが流れていた。

int-140118-001-c002

続くMCでは、「おむすびタイム」と称してステージ上でおむすびを食べ出すという(彼女のライブでは恒例の)自由な時間が流れつつ、この日のベースを担当していたミト(クラムボン)が場を繋ぐ。「1曲目のメロキュアでもうギャラをもらった感」と感激しつつも、この日のライブについて「たぶんこの先、一生忘れないことになると思います。いちばんあなたたちに近い俺が言ってんだから間違いない!」と期待感を煽っていた。MC明けは「ベビーローテンション」「mighty roller coaster」「この左手は君のもの」と、再びアッパーなナンバーを連続で繰り出す。前半のヤマ場であったこのブロックだが、ステージ上のmeg rockも非常に楽しそうな表情を見せながら、飛び跳ねながら歌う。そして独特な甘みのある歌声を届けていた。

int-140118-001-c003

2度目のおむすびタイムを挟んだあとは、セルフカバーメドレーが繰り広げられる。その数なんと7曲。つい先日リリースになった、藍井エイルへの提供曲「シリウス」をはじめ、ミトが“ミト眞一郎”としてサプライズ・デュエットした『恋物語』OPテーマ「木枯らしセンティメント」、同じく『恋物語』のEDテーマ「snowdrop」などを次々と披露。花澤香菜への提供曲「melody」ではフロアを“チーム・キラキラ”と“チーム・ドキドキ”に分け、コール・アンド・レスポンスで場の一体感を高めていた。

int-140118-001-c005int-140118-001-c015

続いては、メロキュアコーナー。名曲「Agapē」を精一杯歌い上げる。歌詞も相まってより深く胸に残る楽曲となり、心が浄化されるようなひとときを味わうことができた。そして続く「愛しいかけら」ではイントロで一瞬でフロアが沸き立つ。やはり名曲は色あせない。メロキュアの楽曲は、しっかり歌い続けられていた。そのまま「play loud」「porcupine」でさらに会場のボルテージは上がり、ラスト曲「笑顔の理由」でピークを迎える。それはステージ上のmeg rockも同様で、両サイドへと動き回って会場全体へその歌声と思いを届けていた。最後はお立ち台の上から、ジャンプエンド。

int-140118-001-c006

一旦は退出したメンバーたちだったが、鳴り止まないアンコールの拍手に応えて、まずはmeg rockが登場。この日のライブグッズにもなった、こだわりのモッズコート(ファスナーなどが赤色)を着用しての登場となった。そしてひとりずつバンドメンバーを呼び込み、紹介していく。

int-140118-001-c007int-140118-001-c009

そして再度、岡崎律子の誕生日であることに触れ、彼女の「セレナーデ」をカバー。名曲に、meg rockならではの温かみを付与していた。ラストのコーラスは、客席も一体となっての合唱に。続いて再びアップテンポな「apple crisp」では生き生きと歌う姿が印象的。

int-140118-001-c010int-140118-001-c011

MCで、話題は昨年のライブで宣言した2013年の目標へ。「新曲をリリースしたい」という目標を掲げながらも、なかなかスケジュールが取れず制作がスタートできなかった彼女。しかし、このライブ前日になんとか先行配信をスタートできたのが、久々の新曲「star」だ。この曲の制作を通して「自分の曲を書くことが、自分にとってどれほど大切なことか、改めて実感した」と語る彼女は、「2014年は、この曲を収録したパッケージのリリースをしたい」という目標を掲げていた。そして心地よい緊張感のなか、その「star」の初披露へ。疾走感はあふれながらも切なさの散りばめられた楽曲を、見事にメグロッカー達に届けていた。そのまま本当のラスト曲「slight fever」へ。曲名のコールだけで大盛り上がりをみせるフロアはさらにヒートアップ、そして、そのムードのままジャンプエンド。ハッピーな空気が会場を包んでいた。

int-140118-001-c012

「2013年本当にどうもありがとうございました! 2014年も、よ“ロック”しくお願いします!」と一礼。「良いお年をー!」と、”ハートマークと投げキッス”で締めた。

int-140118-001-c013

2014年、彼女の活躍のフィールドがますます広がることを期待しつつ、目標とするパッケージでのリリースが叶うことを、いちリスナーとして心から期待したい。これほどまでにハッピーなライブを観せてくれた彼女ならば、きっとその目標を達成してくれることだろう。 

 Text by 須永兼次

meg rock [jet setter, jet lag tours ♥ frosty night out ♥ extra]
“second-step-in-snowy-meadow party” 
2013/12/29@TSUTAYA O-Crest

【live setlist】
01. birthday girl
02. レジへGO!
03. clover
04. twinkle, sparkle
05. incl.
06. perfect world
07. ベビーローテンション
08. mighty roller coaster
09. この左手は君のもの
10.【セルフカヴァーメドレー】

 white christmas
 シリウス
 apple universe
 木枯らしセンティメント
 chocolate insomnia
 snowdrop
 melody

11. Agapē
12. 愛しいかけら
13. play loud
14. porcupine
15. 笑顔の理由 

<encore>
01. セレナーデ
02. apple crisp
03. star
04. slight fever

関連リンク

この記事を書いた人