リスアニ!WEB – アニメ・アニメ音楽のポータルサイト

INTERVIEW

2023.08.02

『スパイ教室』8人のメンバーが目指す極上の「楽園」とは? nonoc、2期連続で歌うOPテーマと“作品の顔”としての喜びを語る

『スパイ教室』8人のメンバーが目指す極上の「楽園」とは? nonoc、2期連続で歌うOPテーマと“作品の顔”としての喜びを語る

色々な形の「楽園」があって、8人それぞれがそこを目指してるんだよっていう意味合いの曲だなと

──改めて、シングルの表題曲「楽園」はどのような思いで歌われたのでしょうか?

nonoc  前作の「灯火」とは違うステージになった、と感じました。「灯火」のときは、もし(作中におけるスパイの)選抜メンバーに自分が立たされていたとしたら……などと考えながら歌っていたんですけども。今回はただがむしゃらにではなく、1歩先の達観した目線で歌いました。

──「楽園」は深川琴美さんが歌詞を書かれています。「灯火」ではnonocさんご自身が歌詞も書かれていたので、作詞家さんから歌詞をいただくという形は改めて新鮮さもあったんじゃないかなと。

nonoc  深川さんとは初めてのお仕事だったので、「どんな歌詞が来るんだろう?」っていう期待がありました。いただいた歌詞を見て、予想を超えるというか、「灯火」とは全然違った目線で衝撃を受けました。例えば、“血反吐”などのドロっとした歌詞って私はそんなに歌ってこなかったんです。でもサビは晴れやか。鮮烈に描かれていることで、生々しい気持ちがより伝わってきます。音と音の詰め込み方もワクワクするなと。特にAメロのメロディの詞に耳が聞かさる……って、つい北海道の方言で説明してしまったのですが。

──耳が聞かさる、というのはどういう意味なんですか?

nonoc  分かりやすくいうと「そのフレーズを注目して聞いちゃう」って意味です。聞かさる、見らさる、言わさる、とか、自分の意思に反して、何かを反射的にしてしまったことを「〜さる」という言い方をするんです。めっちゃ使いやすいんですけど、なかなか北から上陸してこないですね(笑)。

──(笑)。この曲の作曲・編曲は「灯火」に続いてfu_mouさんと、グシミヤギ ヒデユキさんもストリングスアレンジで携わられています。

nonoc  あのアレンジが入ったことによって安心感を得られた気がします。歌詞は先ほどお話ししたような生々しい感じの表現もあるので、ダークサイドに落ちちゃいそうな危うさもあるんです。でもストリングスのキラっとしたアレンジが入ることで「前に前に走ってるんだ」っていう雰囲気が加わって。「灯」のメンバーは未来を担っていく人である、ということが伝わりやすくなったんじゃないかなと。

──“時間のはじまり 鋭利な針がさす 運命”のところでは、音が本当にザラザラッとするじゃないですか。アナログレコードの針を落としたときみたいな。

nonoc  ホワイトノイズみたいな感じですよね。あれは雨が降ってるのをイメージしたのかな?と思っています。「楽園」ってフレーズによって場面も天気も時代も変わるような聴こえ方をするんですけど、特にあの部分は歌詞も相まって、時が止まっているというか……フィルムの中の世界のような異質感はありますよね。

──ブロックごとに全然違う曲になるというか、本当に目まぐるしい展開の曲ですよね。

nonoc  ジェットコースターのような曲だなと(笑)。目まぐるしさについていけるように頑張って歌ってます。あのオープニングのアニメーションも、観るところが本当に多いですからね。パッ、パッ、とサブリミナルのように短く映る部分を解読していく面白さがあるところが『スパイ教室』ならではな感じがします。8人全員が主人公ということが伝わってくる映像なのも良いなと。

──「楽園」自体も、「灯」の8人のうち特定の誰かの心情っていうのはきっと意識していないですよね。

nonoc  意識していないと思います。本当に色々な形の「楽園」があって、8人それぞれがそこを目指してるんだよっていう意味合いの曲だなと私は捉えています。そのうえで、“極上の”という言葉も入っているのが「らしい」なって。

──アニメにとって重要なワードが入ってくるのはアニソンらしくて良いですよね。

nonoc  はい。「灯火」の歌詞を書かせてもらったときも、作中のチーム名の「灯」とかけていましたし、そういうワードを使えるのはアニソンシンガーの得するところだなと。

今後は誰かにとっての「光」になりたい

──カップリングの「HERO」は、「楽園」からガラリと雰囲気が変わります。すごく前向きな曲ですね。

nonoc  ここまで全編通して笑顔で歌える曲は初めてです。100%ストレートに前向きな曲。「HERO」は、MFブックス(異世界ファンタジー作品を中心に刊行している小説レーベル)さんの創刊10周年記念ソングなんです!

──なるほど! それもあって、笑顔の曲なんですね。

nonoc  ラノベの世界には色んな世界と色んな転生があって。色んなヒーローになれるんだよ、自分が描いた自分になれる可能性を誰でも秘めているよ、っていうメッセージが込められている曲だと感じています。

──本作を手がけた川田まみさんと中沢伴行さんは、「Believe in you」( 『Re:ゼロから始める異世界生活 』2nd season 後期EDテーマ)などでもnonocさんに楽曲提供をされています。nonocさんにとって、お二人はどんな存在と感じられていますか?

nonoc  信頼している方々です。川田さんには最近会えていないんですけど、何かと気にかけてくださって。川田さんが歌手として活動されていた当時、私は学生だったので川田さんのステージを観たことがなかったんですよ。観たかったなぁと。当時観られていたら、川田さん、中沢さんの伝えたい曲の雰囲気をもっともっと理解できたんじゃないかなと思うんですけど……特に今回はすごく難しくて。

──それは、この曲の前向きというスタンス自体がですか? それとも技術的なところ?

nonoc  どちらもですね。先ほど出たお話にも繋がるかもしれませんが、前向きなエネルギーみたいなものって、自分のなかでなかなか見つけることができなくて。多分どこかにはあるんですけど、取り出すまでに時間がかかっちゃうんです。あと、この曲の「シンプル・イズ・ベスト」なバンドサウンドも挑戦でしたね。ディレクションをいただくときに「わかるかな? このバンド感……」といったことを言われたんです。私はバンドでライブしたことがほとんどなくて、バンドを組んだ経験もないんです。だから「わかんない。悔しい!」と思いながらなんとか歌ったのですが、めちゃくちゃいい勉強になりました。

──この表現方法を得たことが、次に活かせそうですよね。それこそバンドサウンドな歌ももっと聴いてみたいですし、バンドスタイルでのライブも見てみたいです。

nonoc  全部の楽器の音を感じてノれたら、世代も時代も関係なくみんながワクワクするような曲になると思います。それをみんなと一緒に自分のものにできるように、経験を重ねていきたいですね。

──ところで、nonocさんはいつも「色」にこだわっているとお話しされていますが、今回のシングルを色で例えると何色になると思いますか?

nonoc  う〜ん、難しいんですけども……寒色系ではないですね。だから暖色なのは間違いないんだけど、1色というよりは……「空」っぽいです! 夕方とも言えるし、明け方とも言える。ピンクとかオレンジとか、グレーとかも色々混ざった空。

──空って何色にでもなりえますからね。さらに、今後の活動ではどんな色を見せていきたいと思いますか?

nonoc  どんな色にでもなれるという意味で、今までだと「白」って言ってたかもしれないですけど……同じ白でも、「光」になりたいですね。きゃーーー、恥ずかしい……!

──(笑)。いいじゃないですか! 絶対、まぶしい光になりますよ。

nonoc  ありがとうございます。頑張ります。磨きます!


●リリース情報
nonoc
「楽園」
2023年8月2日発売

■mora
通常/配信リンクはこちら
ハイレゾ/配信リンクはちら

品番:ZMCZ-16751
価格:1,320円(税込)

<収録曲>
1. 楽園(TVアニメ『スパイ教室』2nd season OPテーマ)
2. HERO(MFブックス創刊10周年記念テーマソング)
3. 楽園(instrumental)
4. HERO(instrumental)

●作品情報
TVアニメ『スパイ教室』 2nd season
TOKYO MX、BS日テレ、AT-X他にて放送中

©竹町・トマリ/KADOKAWA/「スパイ教室」製作委員会

関連リンク

nonoc オフィシャルサイト
https://nonoc.net

nonoc オフィシャルTwitter
https://twitter.com/nonoc_doll

TVアニメ『スパイ教室』オフィシャルサイト
https://spyroom-anime.com/

TVアニメ『スパイ教室』オフィシャルTwitter
https://twitter.com/spyroom_anime

SHARE

RANKING
ランキング

もっと見る

PAGE TOP