【インタビュー】楽曲と作品が二人三脚で歩いていくように――シンガー・宮川愛李が『シュート!Goal to the Future』OP主題歌「アオレイド」に秘めた蒼い熱量とは?

ストレートな歌唱と自身を投影させた歌詞世界で、2019年のデビュー以降着々とキャリアを積んできたシンガー・宮川愛李。兄であるシンガーソングライターの宮川大聖(みやかわくん)の妹としてステージに立ったことがきっかけでデビューへの足がかりを掴んだ彼女が、デビューから3年経った今年、ニューシングル「アオレイド」をリリースした。

サッカーマンガの金字塔『シュート!』の続編を描いた『シュート!Goal to the Future』のOP主題歌でもある本作には、彼女特有の青春の焦燥感を描いたアッパーでありながら蒼くフレッシュで、でも少しビターな世界が描かれている。リスアニ!初登場となる今回は、そんな彼女のキャリアを振り返りながら、「アオレイド」に秘めた蒼い熱量を探ってみた。
続きを読む

この記事を書いた人