TVアニメ『よふかしのうた』登場キャラ勢ぞろいのキービジュアル公開!ニコ、カブラ、ミドリ、ハツカのキャスト解禁!喜多村英梨、伊藤 静、大空直美、和氣あず未が美女“吸血鬼”4人に決定!

2022年7月よりフジテレビ“ノイタミナ”ほかにて放送のTVアニメ『よふかしのうた』。このたび、登場キャラクターが勢ぞろいしたキービジュアルが公開された。

妖しく輝く夜の街を背に、欄干に座ったり、寄りかかったり、体をあずけたりなど思いおもいのポーズを取る、ナズナ、コウ、アキラ、セリ、ニコ、カブラ、ミドリ、ハツカが描き出されている。また、キービジュアルと併せて、ニコ役を喜多村英梨、カブラ役を伊藤 静、ミドリ役を大空直美、ハツカ役を和氣あず未が演じることが発表された。4人からのコメントが到着したほか、板村智幸監督、チーフディレクターの宮西哲也、キャラクターデザインの佐川 遥からもコメントが到着した。さらに、本作のビジュアルを投稿していくべく、公式インスタグラム(yofukashi_pr)も新たに開設された。

TVアニメ『よふかしのうた』は、累計発行部数200万部(電子含む)を突破、小学館「週刊少年サンデー」連載中のコトヤマ先生による大人気コミックスが原作。主人公・夜守コウを佐藤 元、吸血鬼の七草ナズナを雨宮 天、朝井アキラを花守ゆみり、桔梗セリを戸松 遥が演じます。また、主題歌は本作のタイトルの元となった「よふかしのうた」を歌う、Creepy Nutsが担当することが決定している。

公開されたキービジュアルは、欄干に思いおもいの姿勢でキャラクターたちが一列に並んだデザイン。ナズナは欄干に座り、コウは寄りかかり、セリは上半身をあずけるなど、それぞれのポーズや表情から、キャラクターの関係性や立ち位置が伺える。また、彼らの背に浮かび上がる妖しく光る夜の街が、これまで公開されてきた『よふかしのうた』のビジュアルに通じるものとなっている。

加えて、平田ニコ役を喜多村英梨、本田カブラ役を伊藤 静、小繁縷(こはこべ)ミドリ役を大空直美、蘿蔔(すずしろ)ハツカ役を和氣あず未が演じることを発表。それぞれ演じる役への意気込みなどのコメントも届いた。さらに、板村智幸監督、チーフディレクターの宮西哲也、キャラクターデザインの佐川 遥らメインスタッフ陣からのコメントも到着。板村監督は「よふかしをワクワクできるように、夜を魅力的に描く事を心がけています。親に隠れてこっそり夜の街にくり出したドキドキ感が伝わると嬉しいです」と言葉を寄せ、物語の舞台となる“夜”に要注目のようだ。今後の『よふかしのうた』の続報にも乞うご期待。

次ページ(コメント、作品情報など)はこちら

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人