Hey! Say! JUMP TVアニメ『ラブオールプレー』主題歌「春玄鳥(はるつばめ)」新風吹かせるミュージック・ビデオ解禁!

5月25日に発売となるHey! Say! JUMP初のトリプルA面シングル「area / 恋をするんだ / 春玄鳥(はるつばめ)」。

本作は、Hey! Say! JUMP初のトリプルA面シングルという意欲作だが、表題曲のうちの一曲、「春玄鳥(はるつばめ)」のミュージック・ビデオが解禁となった。

4月2日(土)夕方5:30からオンエアとなるTVアニメ『ラブオールプレー』主題歌でもある本作は、人気4人組ロックバンド「sumika」のボーカル片岡健太が作詞、同じくsumikaの小川貴之が作曲を担当していることでも話題となっている。

そんな「春玄鳥」のミュージック・ビデオは、楽曲タイトル通り、「ツバメと空」のアートを背にパフォーマンスする、Hey! Say! JUMPの元気が詰まった爽やかな映像である。

今回、「ツバメと空」のアートを手掛けたのは、「Tarzan」表紙をはじめ、ナイキビジュアルなど、エネルギッシュな作風が話題の画家、山下良平氏。山下良平ならではの躍動感溢れる美術セットと、Hey! Say! JUMPが歌う「春玄鳥」の爽やかなスピード感が絶妙にマッチした映像作品となっている。

現在活動休止中の八乙女光も、「春玄鳥」のレコーディングには参加しているが、八乙女光のメンバーカラーである黄色い風車を、メンバーみんなで囲うエモーショナルな一面も収録。また、パフォーマンスだけでなく、今回、Hey! Say! JUMPメンバーが初の美術セット制作にも参加。山下良平氏の指導を受けながら、メンバー自ら真っ白な巨大キャンパスに、ツバメの軌跡を描いていった。

最初は熱心にアートに打ち込んでいたHey! Say! JUMPだったが、カラフルな絵の具を前に、やはりいたずら心に火が点いたのか、徐々にメンバーの衣装に絵の具を塗り始め、最終的には真っ白な衣装自体も絵の具まみれの作品の一部となった。

sumikaが手がけたスピード感溢れる爽快ロック「春玄鳥」。春風を感じる爽やかな楽曲を、アートとパフォーマンスがコラボレーションした、斬新なミュージック・ビデオとあわせて聴いてもらいたい。

次ページ(MV、リリース情報など)はこちら

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人