劇場版『DEEMO』の主題歌を担当する高島一菜、アーティスト・Hinanoとして2月23日EPデビュー決定!!

2022年2月25日公開となる劇場版『DEEMO サクラノオト〜あなたの奏でた音が、今も響く〜』の主題歌を担当する高島一菜が、アーティスト名「Hinano」として、2022年2月23日に1stEP「nocturne」のリリースを持ってメジャーデビューすることが発表された。

また同日、『DEEMO』の映画の予告編もYouTubeで公開となり、梶浦由記が本作のために描き下ろした主題歌「nocturne」も遂に初公開となった。ここで遂にHinanoのオーディションを勝ち抜いた伸びやかな歌唱力を聴くことができる。

Hinanoがデビュー曲で主題歌を担当するのは、全世界累計2,800万ダウンロードを突破する超人気音楽リズムゲーム『DEEMO』の劇場版アニメーション化作品。新宿バルト9ほかにて全国公開が決定しており、竹達彩奈、鬼頭明里、佐倉綾音ら人気声優陣の他、声優キャストとして丹生明里(日向坂46)、濱田岳、渡辺直美、イッセー尾形、松下洸平、そして山寺宏一といった錚々たるキャストが名を連ねており、公開が待ち焦がれている作品。

桜の花びらがひらひらと舞い落ちるシーンから始まる予告編には、ゲーム『DEEMO』内で一番最初にプレイする楽曲「Dream」、ピアノ演奏を得意とするYouTuberが数多く投稿する超絶技巧の難易度の楽曲「ANiMA」なども使用され、DEEMOの荘厳な世界観を再現した映像美の中にも、音楽映画としての魅力を垣間見れる動画となっている。

なお、Hinanoのデビュー1st EPには映画の主題歌「nocturne」の他、オリジナル楽曲の「はじまり」が収録。さらに、Hinanoがグランプリを獲得して以降、自身のYouTubeにて披露してきた「YUBIKIRI-GENMAN」や「あいたい」など、ゲーム『DEEMO』の人気楽曲のカバー6曲を含む全8曲が収録される。

映画の公開を前に、オーディションを勝ち抜き更に成長したHinanoの歌声をいち早くチェックしてほしい。

次ページ(リリース情報など)はこちら

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人