幾原邦彦監督オリジナルアニメ『輪るピングドラム』2022年公開 編集劇場版のティザービジュアル解禁!TVシリーズの”Blu-ray RE:BOX”12月22日発売決定!

2021.10.23

今年3月31日に10周年プロジェクト始動を発表した幾原邦彦監督によるオリジナルアニメ『輪るピングドラム』。アニメファンのみならず、多くのクリエイターからも支持を得る本作は、2022年に編集劇場版を前後編2部作で公開することが決定している。そしてこの度、編集劇場版のティザービジュアルが解禁された。

劇場版『RE:cycle of the PENGUINDRUM』。は、TVシリーズを再構築し、完全新作パートを加えた編集劇場版として、来年2022年に《前後編2部作》で公開される。今回解禁されたティザービジュアルは、10年を経て生まれ変わる作品のはじまりとともに、新たな謎も予感させる仕上がりだ。

また、12月22日には、「輪るピングドラム Blu-ray RE:BOX 【期間限定版】 」の発売が決定。こちらは、2015年に発売されたTVシリーズのBlu-ray BOXから一部仕様を変え、お求めやすい価格になったBlu-ray BOXで、本編全24話と映像特典が全6枚のDISCに収録され、ブックレットは2011年の放送当時に発売されたBlu-ray Vol.1〜8より抜粋、再編集を行い封入されるものとなる。

さらに、10周年プロジェクトの一環として、専門スクール・バンタンとの産学協同プロジェクトの実施も決定。『輪るピングドラム』をテーマに、生徒によるオリジナルゲーム制作のコンペが開催される。

次ページ(作品情報など)はこちら

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人