TVアニメ『サマータイムレンダ』、アニメ映像初解禁の特報PVを公開! 音楽制作協力・MONACAなど、スタッフ情報も発表

「少年ジャンプ+」で連載され、累計1億3,000万PVを誇った「サマータイムレンダ」(原作:田中靖規 / 集英社ジャンプコミックス刊)。2021年2月1日、原作漫画の最終話配信とともに、「アニメ化の決定」と「実写化企画が進行中であること」が発表され、Twitterでトレンド入りするなどWEBやSNSを中心に大きな話題に。そしてこの度、アニメ映像が初解禁となる特報PVが公開された。

映像は、主人公・網代慎平が故郷である和歌山市・日都ヶ島に帰ってくる、物語の序章にあたるシーンからスタート。島を離れた2年前と変わらないの風景の中、幼馴染・小舟潮だけがどこにもいない状況が描かれていき、映像の最後には島に伝わる“影の噂”を彷彿とさせる黒い存在が不吉に映り込んでいる。

本作のためにMONACAが制作を手がけた音楽に載せて、物語の始まりを感じることができるPVに仕上がっている。

また、PVの解禁に合わせて、アニメ制作を担当するスタッフの一部も発表された。実力派なスタッフ陣が集結し、『サマータイムレンダ』の世界観を作り上げていく。今後の情報解禁にも注目だ。

次ページ(スタッフ情報など)はこちら

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人