坂本真綾 1st アルバム収録の初の作詞曲「Feel Myself」から今までに綴ってきた作品130編を一堂に収載!歌詞集『刺繍』11月17日発売決定!

昨年から今年にかけて、華々しくCDデビュー25周年イヤーを走り抜けてきた坂本真綾。

2007年『地図と手紙と恋のうた』に続く、坂本真綾の歌詞集第2弾『刺繍』が11月17日に発売することが決定した。

こちらは坂本真綾自身が綴った作品(共作を含む)130編を収載しており、作詞を始めた10代から、その年代ごとに生み出された作品の数々を自身の歌唱曲のみならず、提供作品も一同に集め、自身の書き下ろしのエッセイと共に、アーティスト・作詞家としての軌跡を辿る1冊に仕上がっている。

<あとがきより>
歌詞集のタイトル『刺繍』は、そもそもダジャレから思いついたものですが、それにしても作詞ってまさに刺繍のようなところがあるな、と納得した次第なのです。キャンバスにひと針ひと針入れていき、時間をかけて完成を目指す。思い描いた通りになることもあれば、作業の途中で新しい発想が生まれて予想外の仕上がりになることもある。光沢のある糸を使うのか、麻のようなザラっとした質感を求めるのか、毛糸であたたかみのある風合いにするのか。市販の糸の色でしっくりこなければ自分で染めるところからこだわる必要があるかもしれません。
坂本真綾

また、10月27日に発売が控えているライブ映像商品・坂本真綾25周年記念LIVE「約束はいらない」at 横浜アリーナのティザー映像~From Bonus Movie~が本日公開となった。

こちらは「坂本真綾史上最高のLIVE」と絶賛され、2021年3月20、21日に横浜アリーナで開催された25周年記念LIVE「約束はいらない」の模様を収めたBlu-ray&DVD。坂本真綾としては6年ぶりのライブ映像商品化で、3月21日(Day2)の模様を完全収録の他、原昌和(the band apart)をゲストに迎えた3月20日(Day1)のゲストパートも特典収録。デビュー曲「約束はいらない」から、大ヒットしたFGOナンバー、内村友美(la la larks)、堂島孝平、土岐麻子らをゲストに迎えた最新アルバム「Duets」からのナンバー、そして代表曲を集めた16分を超える「25th Anniversary Medley」など、新旧ファン納得の内容となっている。

Day1、Day2のバックステージに密着したドキュメンタリー映像も特典収録し初回生産分のみ、ライブ写真集、スリーブケース仕様、実際に「プラチナ」の演出で使用したもののレプリカとなる坂本真綾メッセージ入りフライングハートを封入した非常に豪華な内容となっている。

このライブは坂本真綾のCDデビュー25周年の集大成とも言える内容で、彼女の圧巻のライブパフォーマンスはファンならずとも必見。是非この機会に手に入れてほしい。

次ページ(リリース情報など)はこちら

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人