【スペシャル対談】ついに放送開始!TVアニメ『海賊王女』監督・中澤一登と音楽担当・梶浦由記に作品の魅力を聞く

多数の海賊が大海原で船を走らせた18世紀ヨーロッパを思わせる世界に「侍」が刀や弓を振るう『海賊王女』は、Production I.Gによる新作オリジナルアニメーション。『B:The Beginning』に続き、中澤一登が原作を企画し、流麗な中澤流異世界を画面に展開させていく今作は、失われつつある冒険譚の良さを現代に最高の形で復活させている。そして、その世界構築に音楽面で大いに貢献しているのが、梶浦由記の音楽だ。二者が互いの才能に感化され、手腕を引き出し、結実した『海賊王女』という世界は、類まれな作品として昇華された。二人の言葉で血沸き肉躍るアニメーション作品『海賊王女』が持つ魅力の一部を解き明かしたい。続きを読む

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人