サンライズミュージック・リスアニ!・Spotify合同企画「Spotifyガンダムシリーズプレイリスト・テイクオーバー」 第6回 森口博子

1979年に放送がスタートしたTVアニメ『機動戦士ガンダム』から40年以上にわたりファンを楽しませているガンダムシリーズ。そのガンダムシリーズの楽曲が、サンライズミュージックより順次サブスク解禁され、現在ほぼ全シリーズの主題歌・挿入歌・劇伴・キャラクターソングが各音楽サービスで配信されている。

動く実物大ガンダム『GUNDAM FACTORY YOKOHAMA』や、現在大ヒット公開中の新作映画『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』などが盛り上がりを見せる中で、ガンダムソングもより多くの方に楽しんでいただこうということで、サンライズミュージックが、Spotify、リスアニ!WEBとタッグを組み、『ガンダム』好き著名人やガンダムにゆかりのある方におすすめプレイリストを作成してもらう連載企画。

第6回は、これまでも数多くのガンダムソングを手がけ、2枚のガンダムソングカバーアルバムをリリースしている森口博子さんが選んだプレイリストを紹介する。

<プレイリストタイトル>
心に染み入るガンダムソング

①「ETERNAL WIND〜ほほえみは光る風の中〜」森口博子『GUNDAM SONG COVERS』より(『機動戦士ガンダムF91』)

イントロを聴いた瞬間、ラストシーンの静寂が浮かびます。曲がフェードインしてくるタイミングも絶妙。名シーン中の名曲。西脇 唯さんの歌詞と、3部構成になっている曲の作りがドラマチック!セルフカバーです。

②「BEYOND THE TIME(メビウスの宇宙を越えて)」TM NETWORK(『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』)

突然の転調はシャアやアムロの戦いの緊張感やカルマを表現しているようで、ドキっとします!小室哲哉さんが創り出すクールなTM NETWORK、やっぱりイイ!アルバムでカバーさせていただき実感!

③「フリージア/with 塩谷哲」森口博子『GUNDAM SONG COVERS』より(『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』)

アルバムでカバーさせていただき、名曲に出会えた感動に震えました。儚さ、繊細さ、切なさ、美しさに胸が締め付けられました。透明感あふれる塩谷 哲さんのピアノ1本での同時レコーディング。素晴らしすぎて、何度聴いても泣けてきます。

④「あんなに一緒だったのに/with押尾コータロー」森口博子『GUNDAM SONG COVERS 2』より(『機動戦士ガンダムSEED』)

歌い出しからインパクトがある梶浦由記さんのメロディは、熱いものの中に哀愁を感じます。アルバムでは押尾コータローさんのかっこいいスパニッシュなギター1本にてカバー。ゾクゾクでした!

⑤「いくつもの愛をかさねて」岩崎元是(『機動戦士Vガンダム』)

BS11のレギュラー番組「Anison Days」でカバーさせていただきました。切なさと力強さとジーンジーンと胸が熱くなっていました。

⑥「いつか空に届いて/with武部聡志」森口博子『GUNDAM SONG COVERS 2』より(『機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争』)

風を感じるメロディが爽やかで温かい。アルバムでは武部聡志さんとの同時レコーディング。とにかく心地良かったです。武部さんの景色が浮かぶピアノはキャリアと愛を感じさすがでした!

⑦「Evergreen」MIO(『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』)

MIOさん(現在MIQさん)のふくよかな歌声に包み込まれてグッときます。ラストの迫力あるスキャットで昇天。泣き節のギターもたまりません。

⑧「月の繭」奥井亜紀(『∀ガンダム』)

菅野よう子さんの神秘的なメロディとアレンジに、やられました!もう、異次元。Aメロから絵が浮かぶ富野監督の歌詞と究極の美しさです。アルバムでも、カバーさせていただいたお気に入りのナンバー。

⑨「めぐりあい」井上大輔(『機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙編』)

大好きな井上大輔さんの名曲。Aメロずっとピアノの単音だけが続き、そのあとのサビへの高揚感はもうエクスタシーです。アルバムでカバーさせていただいたときはアカペラ多重録音に挑戦!

⑩「水の星へ愛をこめて/with寺井尚子」森口博子『GUNDAM SONG COVERS』より(『機動戦士Ζガンダム』)

売野雅勇さんの哲学的で美しい歌詞、ニールセダカさんの壮大なメロディ、普遍的な名曲です。寺井尚子さんのヴァイオリンとの同時レコーディング。情熱的な演奏、最高に痺れました。2019年、オリコンウィークリー3位にランクイン、日本レコード大賞・企画賞を受賞した『GUNDAM SONG COVERS』より、デビュー曲のセルフカバー。

<森口博子コメント>

・今回のリスト全体についてのコメントをお願いします。

名曲ぞろいで選ぶのが大変でした。
テーマの理由は、以前『GUNDAM SONG COVERS』のアルバムをリリースさせていただいたときに、壮大なメロディやアレンジの美しさに改めて感動したので、たくさんの方に聴いていただきたいなと。選曲はそのカバーアルバムを中心に、もちろん、それ以外の楽曲もあります。一人夜空を見上げながら、時には通勤通学の帰りなどなど。是非、名曲の美しさにうっとり浸ってほしいと思います。

2019年にリリースした『GUNDAM SONG COVERS』は、オリコンウィークリー3位にランクインして、おかげさまで日本レコード大賞・企画賞を受賞いたしました。その続編の『GUNDAM SONG COVERS 2』もオリコン/Billboard JAPAN週間アルバムランキング2位にランクインと、ぶれないファンの皆さん、スタッフの皆さんの愛あってこそです。本当にありがとうございました。

プレイリストで外せないのは、やはりファンのみんなとの出逢いが詰まっている私のデビュー曲『機動戦士Ζガンダム』のOPテーマ、「水の星へ愛をこめて」。ガンダム40周年を記念して、NHKの全ガンダム大投票でこの楽曲を1位に選んでいただき本当に魂が震えるほど、感動しました。そして3位に選んでいただきました『機動戦士ガンダムF91』の主題歌「ETERNAL WIND 〜ほほえみは光る風の中〜」。アニソンの素晴らしさを「NHK紅白歌合戦」のステージで、たくさんの方々にお届けできた思い出の楽曲です。今年デビュー36周年を迎え、現在リリース中のアニバーサリーアルバムには、「水の星へ愛をこめて 〜35人の森口博子によるアカペラヴァージョン〜」が収録されていますが、このプレイリストでは、『GUNDAM SONG COVERS』の中のセルフカバーをお届けいたします。それでは細胞の隅々までが浄化される名曲の数々お聴きください。

・『ガンダム』シリーズへの思い出や想いをお聞かせください。

デビュー曲『機動戦士Zガンダム』のOPテーマ「水の星へ愛をこめて」。
このタイトルを人生で何度、口にしたことでしょうか。17歳でこんなにも哲学的で美しい、普遍的な楽曲に出会えてとても恵まれています。歌手になるという、4歳からの夢を叶えてくれたガンダムは、私にとって運命の作品です。あの頃、歌詞が理解できていなかった私もこの年齢になってやっと分かり始めました。ガンダムの魅力である重厚で壮大な世界。10代、20代、30代、40代、50代と各年代ごとで、いろいろなシリーズの主題歌を担当させていただき、幸せな使命を感じています。願わくば、60代でも新たな作品のテーマソングを歌わせていただきたいという夢があります。いや、70代でも?!
いつも、新鮮な気持ちで楽曲を大切にしてくださっているファンの皆さん、スタッフの皆さんと共に、この先も歩んで行けますように。感謝と愛をこめて。

「Spotify公式ガンダムプレイリスト」はこちら

リスアニ!編集部によるプレイリスト解説

1985年に『機動戦士Ζガンダム』の後期OPテーマ「水の星へ愛をこめて」でデビューを果たし、昨年は歌手活動の35周年というアニバーサリーイヤーを迎えていた森口博子。デビューシングル以降も『機動戦士ガンダムF91』やゲーム「SDガンダムGGENERATION SPIRITS」、映画『機動戦士ガンダム THE ORIGIN IV 運命の前夜』主題歌などガンダムの世界観を彩る楽曲をリリースするのみならず、歴戦のガンダム主題歌をカバーしたカバーアルバム『GUNDAM SONG COVERS』を2年連続で制作し、その音楽ライフの中でガンダムと並走し続けるアーティストであることは、もはや説明するまでもなく周知のことだろう。そんな彼女が作ったプレイリストは「心に染み入るガンダムソング」。機動戦士ガンダム誕生40周年のライブ(「GUNDAM 40th FES”LIVE-BEYOND”」)でも自身の曲だけではなくカバーを森口ならではの解釈で聴かせて感動を呼んだことも記憶に新しいが、このプレイリストはセルフカバーで聴かせた「ETERNAL WIND~ほほえみは光る風の中~」で幕を開ける全10曲。「フリージア」や「あんなに一緒だったのに」など、彼女ならではの解釈で新たな息吹を与えられ、改めて感動を呼び起こした『GUNDAM SONG COVERS』『GUNDAM SONG COVERS 2』から選曲されたナンバーはもちろん、アニメを彩った原曲もラインナップされ、なんとも絶妙にミックスされた感があるこのリスト。しかしどれも彼女自身がカバーをしてきた楽曲ということもあり、実際に歌うために向き合ったからこそ感じてきたそれぞれの楽曲の魅力もそのコメントから伝わる。『機動戦士Vガンダム』の挿入歌であり、シンプルながらまっすぐに伝わるエモーショナルな楽曲「いくつもの愛をかさねて」や『∀ガンダム』の神秘の一曲、奥井亜紀の「月の繭」、そして井上大輔が歌う「めぐりあい」など、原曲の強さをカバーではなく改めて入れて、『機動戦士ガンダム』の音楽に宿る“強さ”を届けるのは森口によるガンダムへのリスペクトにほかならないと感じる。

TEXT BY えびさわなち

Spotify について

Spotifyは2008年のサービス開始以来、音楽の聴き方を進化させてきました。 Spotifyでは7,000万曲以上の音楽や260万番組以上のポッドキャストを無料でも発見・管理・共有いただけますが、有料のプレミアムプランである「Spotify Premium」にアップグレードいただくと、広告が入らず、より良い音質で、ダウンロードすればオフラインでもお楽しみいただけます。
Spotifyは世界で最も人気のあるオーディオ ストリーミングサービスであり、世界178の国と地域で1億5,800万人以上のSpotify Premium会員を含む 3億5,600万人以上のユーザーが利用しています。

INFORMATION

森口博子最新アルバム
『蒼い生命』
発売中

【初回限定盤(CD+Blu-ray)】

品番:KICS-94014
価格:¥3,850 (税込)

【通常盤(CD ONLY)】

品番:KICS-4014
価格:¥2,750(税込)

<CD>
1 蒼い生命
2 鳥籠の少年(SANKYO「CRフィーバー機動戦士Ζガンダム」搭載曲)
3 I wish ~君がいるこの街で~(TBS「噂の!東京マガジン」エンディングテーマ / 映画「笑顔の向こうに」挿入歌)
4 陽だまりのある場所
5 ポジション
6 星より先に見つけてあげる(TVアニメ「ワンパンマン」ED主題歌)
7 生命の声(SANKYO「CRフィーバー機動戦士Ζガンダム」搭載曲)
8 水の星へ愛をこめて ~35人の森口博子によるアカペラヴァージョン~(TVアニメ「機動戦士Ζガンダム」オープニングテーマ)

<Blu-ray>
1 蒼い生命 [Music Video]
2 鳥籠の少年 [Music Video]
3 星より先に見つけてあげる [Music Video]
4 I wish ~君がいるこの街で~ [Music Video]

ライブ情報
「森口博子35周年アニバーサリーコンサート~蒼い生命~」

10月3日(日) 開場16:45 開演17:30
会場:東京国際フォーラム ホールC
料金:¥7,800(消費税込み)全席指定
お問合せ:キャピタルヴィレッジ TEL.03-3478-9999(平日12:00~17:00)

リスアニ!Vol.40.1/40.2
「ガンダムシリーズ」音楽大全

発売中

2019年に40周年を迎えた「ガンダムシリーズ」全アニメ作品の音楽面での魅力を、アニメ音楽誌「リスアニ!」別冊の“音楽大全シリーズ”として完全網羅、徹底解析。「宇宙世紀」を舞台にした作品を扱ったVol.40.1「-Universal Century-」と、それ以外の世界を舞台にした作品を扱ったVol.40.2「-Other Centuries-」として2冊同時発売!

詳細はこちら

©創通・サンライズ

関連リンク

Spotify 公式サイト
https://www.spotify.com/jp/

Spotifyニュースルーム 「For the Record」
https://spotifynewsroom.jp/

『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』公式サイト
http://gundam-hathaway.net/

この記事を書いた人