TVアニメ『プラチナエンド』新キャスト発表!生流奏役に石川界人、メイザ役に井上喜久子、底谷一役に前野智昭、バルタ役に緑川光が決定!コメントも到着!

『DEATH NOTE』『バクマン。』を生み出した、大場つぐみ(原作)と小畑健(漫画)の強力タッグが手掛ける最新作『プラチナエンド』、TVアニメ版の生流奏(うりゅう かなで)、メイザ、底谷一(そこたに はじめ)、バルタのキャスト、キャラクター設定が一挙に解禁された。

「天使の翼」と「天使の矢」の能力を持つ神候補の高校生、”生流奏”を演じるのは、石川界人(『ハイキュー!!』シリーズ(影山飛雄)、『ヴァニタスの手記』(ノエ)など)。奏を神候補に選んだ、「欲望の天使」と呼ばれる特級天使“メイザ”を演じるのは、井上喜久子(『バクマン。』(亜豆美雪)、『はたらく細胞!!』(マクロファージ)など)。生まれた時から不遇な人生を歩んできた神候補、“底谷一”を演じるのは前野智昭(『ドラゴンクエスト ダイの大冒険』(クロコダイン)、『Dr.STONE』(金狼)など)。そして、一を神候補に選んだ「勘の天使」と呼ばれる一級天使”バルタ”を緑川光(『血界戦線』(ツェッド・オブライエン)、『ワンパンマン』(ガロウ)など)が演じる。

各キャストからのコメントも届いている。その他、詳細は公式HP・公式Twitter、公式Instagramをチェックしてほしい。

次ページ(キャストコメント・作品情報など)はこちら

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人