新しいライブ様式でも魅せたファンとのコール&レスポンス。織田かおり、ソロライブ ”We Are Here”ライブレポート到着! 

織田かおりのソロライブ ”We Are Here” が2021年5月8日、赤羽ReNY alphaで開催された。

コロナ禍でライブが出来なくなって以来、初の観客あり配信LIVEとなる本公演、限定数の貴重な席を手に入れた観客の表情はマスクで見えないが、来場者特典のTシャツに着替え、同じく特典のペンライトとうちわを持ち、ディスタンス席に座って開始まで静かに熱量を溜めていた。

オープニング、暗闇の中で期待感を煽るSEと共に、上手からバンドメンバーがIN、続けて織田かおりがステージINすると、今回のライブタイトル”We Are Here” を象徴するような「PLACE」からライブが始まる。着席で声を出せない状況下で、距離感を確かめるようにペンライトを振る観客を鼓舞するように、きらめく薄いパープルグレーのシフォンのミニ丈衣装に黒いショートブーツ姿の織田が、拳を振り上げて「心の中で(一緒に歌って)!」と叫ぶ。

続けて「RUN-LIMIT」の疾走感あるグルーヴで更に観客を鼓舞する織田かおりとバンドメンバー。
その後のMCでは万全の体調管理をして会場に遊びに来てくれた方への御礼と、同様にこの日を楽しみに配信を観てくれている方への御礼を述べ、今日も一人ひとりの笑顔がしっかりとステージから見えているよと言い、人気曲「precious places, precious faces」への導入を作った。

冒頭から慣れた様子でクラップで参加する観客は、少し解れてきたところで、久しぶりに披露された楽曲「煌めきの扉」の世界に埋没し、青い光の中を泳ぐように嫋やかに歌う織田に向かって、思い思いにペンライトの色を変え応援を送っていた。

続く「日の当たる場所へ」では、ひだまりを感じさせる暖かみのある光の中、こちらも今にぴったりなメッセージの世界観を歌いあげる歌姫の、音の一粒一粒を味わうように、動きを止めて静かに聞き入る観客の姿が見られた。

そして人気曲「Brilliant World」が始まると、一気に客席に熱量が戻り、一心不乱にペンライトを振る観客とその様子を見ながら楽しそうに笑う織田の姿が、やっといつもの場所に帰ってきたことを感じさせ、「No sing, No life」ではそれが更に加速。新しい形でのライブに慣れてきた観客がいつもの調子を取り戻し、ペンライトを振って応援する手に力が漲っていくのが分かった。

MCでは初めてのペンライト応援にご満悦だと言う織田、うちわも暑くなったら煽げるからいいねということで、バンドメンバーを煽いであげるシーンもあり、会場を和ませた。

「ちょうど前日が2ndアルバム『Colors』の発売日(2014年5月7日発売)だったので、1stアルバムと2ndアルバムの懐かしい曲をやっています」と言い、そのまま1stアルバムの人気曲「始まりの記憶」のイントロが流れると、現地にも配信画面前の観客にも平等に、一人ひとりの心に届けるように丁寧に歌いかける織田と、それに応えるように頷きながら聞き入る観客の構図が美しく心を打った。

そのまま代表曲「ゼロトケイ」のイントロが始まると、透明感ある歌声が紡ぎ出す、織田かおりの叙情味溢れる世界に、動きを止めてすっかり埋没する客席。続く「Cleome」では一転、妖艶なパープルライトの中、大人の女性の表情でジャジーに歌い上げる織田が観客を魅了し、こちらも人気曲「ふたり綾とり」が始まると、織田の手振りに合わせてペンライトと手振りで応える客席が、もっと加速して熱を帯びていくのが分かった。

「本当に超楽しい、ありがとうね」と笑顔で御礼を言い、「やっと音楽しているっていう気がする」という織田に客席から拍手が飛ぶ。

ライブレポートの続きはこちら

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人