ラブライブ!シリーズ最新作「ラブライブ!スーパースター!!」から生まれたスクールアイドルグループ・Liella!の魅力に迫る!伊達さゆり(澁谷かのん役)、Liyuu(唐 可可役)、岬 なこ(嵐 千砂都役)、ペイトン尚未(平安名すみれ役)、青山なぎさ(葉月 恋役)全員インタビュー!

2021年、新たなスクールアイドルがついに本格始動! ラブライブ!シリーズ最新作「ラブライブ!スーパースター!!」から生まれたスクールアイドルグループ・Liella!が待望のデビューシングル「始まりは君の空」をリリースした。新世代らしくスタイリッシュなサウンドに5人のスクールアイドルのピュアな歌声が乗る本作について、そして彼女たちLiella!の魅力に迫るべく、伊達さゆり(澁谷かのん役)、Liyuu(唐 可可役)、岬 なこ(嵐 千砂都役)、ペイトン尚未(平安名すみれ役)、青山なぎさ(葉月 恋役)のメンバー5人全員に話を聞いた。

ここから始まる5人の物語

――Liella!のデビューシングル「始まりは君の空」がリリースされましたが、改めてLiella!としてデビューを飾った今の気持ちを教えていただけますか。

ペイトン尚未 応援してくださっている皆さんの声は、リリース前からSNSなどでたくさんいただいていたんですよね。そこからシングルが発売されたあとに店舗挨拶をさせていただいたんですけど、お店のポップに私たちのことを詳しく書いてくださっていたり、すごく愛のある紹介をしてくださっていて。改めて本当に感謝しなきゃいけないなっていう思いでいっぱいです。

青山なぎさ デビューシングルが発売されてから、応援してくださっている皆さんからSNSを通じて「買いました!」とか「この曲が良かったです」とか感想をたくさんいただいて。こんなに反響があるとは思っていなかったので、とっても嬉しかったですね。あと、店舗挨拶のときにお店に入った瞬間から私たちのデビューシングルがどこでも流れていて、周りを見ても「全部Liella!だ!」って。こんなにたくさん準備をしてくださったのが嬉しくて、恩返しができるように頑張りたいなと思います。

Liyuu リリース日に店舗挨拶に行ったら、どこのお店でも私たちのことを紹介してくださっていて、すごいなあって思いました。そして、応援してくださる皆さんからもいっぱいコメントが来て、「……リリースイベント頑張らなきゃ!」って感じです。

伊達さゆり 発売までの間に徐々に実感が湧いてきたんですけど、発売となると皆さんからたくさんのコメントをいただいて、ちょっと夢のような感情が戻ってきてしまって、実感が湧いていたところがそっちに戻っちゃって(笑)。今はそこからさらに頑張らないとなって想いが強くなったのと、リリースイベントも皆さんの期待以上のものをお届けしなくてはという責任を感じています。でもやっぱり思うのは、感謝を大事にしたいなということですね。

岬 なこ すごくシンプルなんですけど、自分たちの歌が、自分の歌声が色んなところで流れていることに感動してしまって。そこで夢なのか現実なのか、1回頬をつねったりしてみて(笑)。「私の声が聴こえる!」とか、CDやグッズでも私が担当する(嵐)千砂都ちゃんがいて……心から感謝の気持ちでいっぱいです。

――皆さんとラブライブ!シリーズの出会いや本シリーズに対しての印象を伺えますか?

青山 ラブライブ!シリーズはメンバーもキャストも一緒に成長していくというのが魅力だと思っていたので、いざ自分がキャスティングされるとなったときは、私も(葉月)恋ちゃんと一緒に成長していきたいなと思いました。でも初めてのことばかりなので、何からやっていいのかわからないことだらけで。先輩方も最初は得意なこと不得意なことをそれぞれ補い合いながら頑張っていたのだと思うので、この5人でやれば大丈夫だなって安心感がありました。

ペイトン 私がラブライブ!シリーズを初めて知ったのは小学6年生のときでした。当時「第66回NHK紅白歌合戦」でμ’sさんが出られていたのを観たのが最初で、そこで衝撃を受けて。アイドルというものがずっと大好きだったんですけど、私のやりたいことを全部やっているすごく素敵な世界だなって思って、そこからどんどん引き込まれていったんですよね。それでμ’sさんのパフォーマンスを何回も観返して真似して歌っていたんですけど、高校生になったら私もスクールアイドル部に入る!と思って……残念ながら私の高校にはスクールアイドル部はなかったんですけど(笑)。実際にこうやってスクールアイドルとして活動できるとなると本当に夢みたいだなって思いつつも、しっかり自覚をもってやらないとなと思います。

Liyuu 最初に「ラブライブ!」と出会ったのは中1の頃で、まだ(Liyuuの故郷・上海では)アニメはやっていなくて、μ’sさんの4thシングル(「もぎゅっと“love”で接近中!」)が出たときですね。私はアニメも大好きで、歌も大好きで、アイドル系のものも結構好きなので、色んなことをまとめて「ラブライブ!」になっているのがすごい!と思って、一気にハマっちゃいました。ガチファンです(笑)。あのときはまだ“目指す”という気持ちはなく、ファンとして好きなだけでした。

伊達 私は小学5年生ぐらいから「ラブライブ!」が好きでした。学生時代も文化祭の後夜祭で友達がダンスを踊ったりしているのを観て「自分も出たいな」ってずっと思っていたんですよ。でもその舞台に「出たい!」って言う勇気がなかったんです。そういう、「やりたかった」という気持ちで勇気を出してオーディションを受けた私からすると、夢が詰まっている作品なんです。「ラブライブ!」のおかげで友達がたくさんできたのもあって、本当に青春が詰まった作品だなって思います。

 私は中学生の頃にゲームがきっかけで「ラブライブ!」を知ったんですけど、実際にキャストの方が歌って踊って、バックにいるアニメーションのメンバーと一体となってパフォーマンスをするというのを初めて観てひと目惚れしまして。当時は今後の進路を決める時期でもあって、そのとき私自身はこれといった夢がなかったんですけど、自分が声優になってラブライブ!シリーズに出て同じステージに立ちたいなっていう大きな夢を与えてくれた大きな存在です。

――そんな皆さんが「ラブライブ!スーパースター!!」に出演が決まり、Liella!として初顔合わせをしたわけですが……。

伊達 初顔合わせは会議室でした。

ペイトン ここです!(笑)。

――今取材しているこの部屋ですか!(笑)。

伊達 はい! みんなとはそこで初めましてでしたね。

Liyuu 私はまだ上海にいたので、リモート参加でした。

――そんな初顔合わせの頃と比べると、現在はグッと距離も縮まったのでは?

青山 レッスンの合間でよくしゃべるようになりましたね。

Liyuu しゃべらなくても、勘でわかるようになったみたいなところもありますね。

ペイトン レッスンの帰り道や移動中に話したりして交流を深めたり。

伊達 最近はずっと一緒にいるもんね。

ペイトン LINEとかでもどうでもいい話をしたり。この前も私もなこちゃんに「ラブだよ」って送りました(笑)。

 それはよくある(笑)。たしかに最初と比べると全然第一印象が違う子がいたりとか……(青山を見ながら)。

伊達 すごく見てる!(笑)。

 年は同じではあるんですけど、すごく美人で、お姉さんオーラというのが滲み出ているような、頼りになるお姉さんがいるなあって思っていたんですけど……(笑)。

青山 「思ってた」って(笑)。

 頼り甲斐があって、本当にしっかりはしているんですけども……(笑)。

伊達 「ですけども」?(笑)。

 面白い要素がすごくユーモア性がずば抜けている。美人という第一印象があるからこそ、崩れたときのギャップがあって。

青山 ……そんなことないです……(笑)。

次のページ:五者五様の個性豊かなアイドルたち

この記事を書いた人