EXiNAニューシングル収録曲「ERiCA feat. majiko」でコラボレーションが実現!EXiNA×majiko スペシャル対談!

EXiNAのニューシングル「DiViNE」に収録される「ERiCA feat. majiko」は、majikoが作詞・作曲・編曲を担当。攻撃的なサウンドと壮大なストリングスが絡み合うアレンジ、ドラマティックなメロディライン、そして、「君が教えてくれた希望は 何よりも眩しくて美しい」という歌詞が共鳴するロックナンバーだ。
「この言葉をEXiNAさんの強い声で歌ってほしい、と思って曲を作りました」(majiko)、「majikoさんの世界観に自分の声が合わさるのが楽しみでした」(EXiNA)という2人に「ERiCA feat. majiko」について語り合ってもらった。

――EXiNAさん、majikoさんの出会いは、EXiNAさんのラジオ番組がきっかけだったとか。

EXiNA はい。私のラジオ番組にmajikoさんがゲストに来てくれて。名前が同じなんですよ、じつは。2人とも本名が“しえな”で……これ、言ってもいいんですよね?

majiko 大丈夫です。“しえな”という名前の人に出会ったのは、人生で3人目くらいですね。

EXiNA なかなかいないですよね(笑)。その時点ですごくシンパシーを感じてました。

――お互いの印象はどうでした?

majiko そのときはEXiNAではなく、“西沢幸奏”として活動していたんですよね。お会いしたときは柔らかくて優しい印象だったんですけど、ライブ映像やMVを観ると、すごく勢いがあって、めちゃくちゃかっこよくて。「すげえ! 普段の印象と全然違う!」と思ったし、憑依系のアーティストが大好きなので、一気に惹かれましたね。

EXiNA ありがとうございます。ステージにいると、ふだんは出てこない言葉が自然と出てくるんですよね。「もっと来いよ!」とか「まだまだイケんだろう!」とか(笑)。

――EXiNAさんのmajikoさんの音楽に対するイメージは?

EXiNA まず、声が本当に素敵なんですよ。透き通っていて、表情豊かで、高音の声のしなりの印象的で。ストーリー性のある歌詞、音楽的な世界観、それを彩っている歌声の混ざり方も絶妙なんですよね。

majiko ありがとうございます。光栄すぎます。

――そして今回、「ERiCA feat. majiko」でコラボレーションが実現。

EXiNA そうなんです! こういうご時世だし、お会いすることはなかなか叶わなかったんですけど、今回、思い切ってオファーさせてもらったら快諾してくださって。「これからどうやってEXiNAというコンテンツで楽しんでいこうかな」と考えたときに、ほかのアーティストと一緒に音楽を作る経験をしてみたいなと思って。そのときにまず浮かんできたのがmajikoさんだったんです。majikoさんの曲の世界に私の歌のエッセンスが融合するとどうなるんだろう?という興味があって。

majiko お話をいただいたとき、めちゃくちゃ嬉しかったです。作詞、作曲、編曲というオファーだったんですが、私、ほかのアーティストの方に曲を書き下ろすのは2回目だったんですよ。ホントに嬉しくて、「よかったー」と思いながらホクホクして寝たのを覚えてます(笑)。

――誰かに楽曲提供したい、という気持ちもあったんですか?

majiko ありましたね。自分の曲よりも、提供する曲を書くほうが楽しいので。

EXiNA え、そうなんですか?

majiko はい(笑)。(楽曲を提供するアーティストのことを)第三者の立場だからこそ見えるイメージってあると思うんですよ。私は情報収集も好きなので、いろいろ調べて、「なるほど、こういうことを考えているんだな」と理解したうえで曲を作るのも楽しくて。自分の曲の場合、それが難しいんですよね。

EXiNA わかります。私も、自分のことを第三者の目線で見えるのが苦手で。西沢幸奏からEXiNAになった理由の一つも、「もっと自分を客観的に捉えたい」という思いがあったからなんです。今は「西沢幸奏として、EXiNAを育てていきたい」という気持ちもあって……上手く伝わるか、わからないですけど。

majiko わかります!自分のことってわからないんですよ、ホントに。「自分って何だ?」って考えはじめると、哲学は入っちゃうというか、難しいんですけど。

次ページはこちら

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人