『ARIA』TVアニメ放送開始15周年記念作品 蒼のカーテンコール 最終章『ARIA The BENEDIZIONE』2021 Winter公開決定!ビジュアル&超特報解禁!

現在公開中の新作アニメーション『ARIA The CREPUSCOLO』の公開御礼舞台挨拶が21日、都内にて行われ、広橋涼(アリス役)、佐藤利奈(アテナ役)、茅野愛衣(アーニャ役)、葉月絵理乃(灯里役)、斎藤千和(藍華役)、佐藤順一総監督、名取孝浩監督が登壇した。イベントでは、先日公開が発表された最終章『ARIA The BENEDIZIONE』の公開時期が2021年冬であることが発表され、ティザービジュアルも解禁された。ビジュアルには、「あなたへの想いが、私のはじまりでした」というコピーのもと、藍華と晃が向き合い、互いにバラとクローバーを差し出す印象的なデザインとなっている。

『ARIA The CREPUSCOLO』は、天野こずえが描いた未来形ヒーリングコミック『ARIA』の完全新作アニメーション。2005年に『ARIA The ANIMATION』としてアニメ化し、その後も2006年に『The NATURAL』、2007年に『The OVA ~ARIETTA~』、2008年に『The ORIGINATION』、2015年に完全新作アニメーション『ARIA The AVVENIRE』を制作。本作は、TVアニメ放送開始15周年の記念作品であり、『ARIA The BENEDIZIONE』(アリア ザ ベネディツィオーネ)は、蒼のカーテンコール最終章を飾る作品となる。

広橋がまぁ社長、葉月がアリア社長、斎藤がヒメ社長のぬいぐるみを手に持ち登壇した舞台挨拶。これまでの舞台挨拶では、MCが斎藤演じる藍華の決めセリフ「恥ずかしセリフ禁止ー!」を伝えたが、今回は斎藤がいるということもあり、各キャストの“恥ずかしいコメント”に次々とツッコミを入れていくユニークな内容に。広橋は「今日はツッコミの千和ちゃんがいるから(笑)」と話し、「(本作を観て)うっかり泣いてしまいました。そして今回はアテナさんと話すこともできるし、一緒に歌うこともできるというミラクルばかりで、これ以上はないと思うくらい幸せな気持ちです!」と言い斎藤にアイコンタクトを送る。するとすかさず斎藤は「恥ずかしセリフ禁止ー!」とツッコミを入れました。本作よりアテナを演じる佐藤は「(川上とも子さんと河井英里さんの)3人で歩んでいるものをみなさんに感じていただければいいなと思っています。また、イチARIAファンとしてはアテナさんの『ゆっくりでいいんだよ』というセリフが、私に言ってくれているような気がしています」とコメント。

茅野は、本作に『あまんちゅ!』キャラクターがネオ・ヴェネツィアに来た観光客として描かれていることに触れ、「『あまんちゅ!』メンバーが、カメオ出演していることが、天野先生ファンの私としてはとても嬉しくて。羽が生えて空にふわふわっと飛んで行ってしまうのかなと思うくらいの気持ちになりました!」「恥ずかしセリフ禁止ー!」「ありがとうございます!夢が叶いました(笑)」と斎藤のツッコミに喜びました。葉月は、台本を初めて読んだときを振り返り「新キャラが出る、トラゲットの3人が出ているなど、ワクワク感ばかりで、ARIAファンとしてはたまらないなと思いました。それこそ『あまんちゅ!』メンバーの名前が書かれていたので、『ARIA』でコラボができるんだという嬉しさもありました」と語った。名取監督は、「自分の中でのヴェネツィアの再現度が上がってきています」と語り、「(ヴェネツィアの雰囲気が)わかっているからこそ作りこんでしまう」と苦笑していた。

また、イベント途中で最終章を飾る『ARIA The BENEDIZIONE』のティザービジュアルが解禁。メインとなる姫屋の藍華役・斎藤は「ぬるくはやれないな(笑)」と意気込みを語り、「ちょっと泣いちゃうかもしれないな」と語ると、すかさず佐藤総監督「泣かしにいきますよ」とニヤリ。「うちには(皆川)純子さんという先輩がいるんですけど、ダントツ泣き虫なので(笑)今までのARIAは少し違う印象になるかもしれないですけど、すごく楽しみです」と期待を寄せた。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人